ドイツ国防軍 (ヒットラーからのリダイレクト)
国防軍無罪論とはドイツにおける、いわゆる「国防軍神話」の一角を成しており「ドイツ国防軍は国家元首であるヒトラーの命令に従っただけで、戦争犯罪に関する責任はない」とするものである。 これはモスクワの戦いまで陸軍最高司令官を務めていたヴァルター・フォン・ブラウヒッチュ元帥が他の四名の将軍と連名で、降伏後にニュルンベルク裁判に提出した国防軍の役割を示した覚書にその源がある。
32キロバイト (4,137 語) - 2022年1月29日 (土) 01:45


維新・立憲民主党とのヒットラーバトル決着か。不快な論争はしてほしくない。国民のための論争を期待したい。

1 ヒョウ(茸) [BE] :2022/01/30(日) 09:43:48.74


ソースは2


「ヒトラー投稿」 立民・泉代表が橋下氏に見解披露
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bd9e151b4d735f24fa36a45e94a2534b7a4b542


【【不快】AA!!論争wwww決着かwwwwOO加減wwww!!】の続きを読む