記事・画像は引用しております

12月1日に20歳を迎えられる、天皇皇后両陛下の長女・愛子内親王殿下は、12月5日に行われる成年行事で、ティアラを新調せず、借用することが話題になっている。これまで慣例として女性皇族が成年した際にはティアラが新調されてきたが、新型コロナウイルスにより国民生活に影響が出ていることを考慮し、今回は新調せず、叔母に当たる黒田清子さんから借りることのようですね。国民のことを考えていて下さることに深く感謝申し上げます。成年に当たり、心からお慶び申し上げます。

【【祝】成年にあたり お喜び申し上げます 愛子内親王殿下】の続きを読む