#TPP


ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア(英語:Joseph Robinette Biden Jr.、発音:[ˈbaɪdən]、BY-dən; 発音: [dʒoʊ ˈbaɪdən] ( 音声ファイル) 、1942年11月20日 – )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。同国第46代大統領(在任:2021年1月20日
391キロバイト (57,265 語) - 2022年5月10日 (火) 07:54
バイデン大統領は、新たな新経済圏構想の設立を表明するという。来日に向けてのようだが、中国への対抗を念頭に。TPPに代わるものらしいが。どうせ誰かに言わされているんだろう、操り人形だから。


1 ぐれ ★ :2022/05/11(水) 09:45:46.75

※2022/05/11 05:00

 米国のバイデン政権が、23日に開かれる日米首脳会談に合わせ、新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の設立を表明することがわかった。米国が主導し、日本や豪州、インド、韓国や東南アジア諸国の参加を見込む。データ流通のルール作りやサプライチェーン(供給網)で連携し、地域包括的経済連携(RCEP)に加わる中国への対抗を念頭に経済圏の構築を目指す。

IPEFは、バイデン大統領が昨年10月の東アジア首脳会議で構想を打ち出した。トランプ前政権が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)の代わりとして、米国がアジア地域の経済連携を主導する狙いがある。

続きは↓
読売新聞オンライン: 米国、TPPに代わる「新経済圏」設立を表明へ…バイデン大統領の来日時に.
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220510-OYT1T50248/


【【来日に】AA!!新経済圏wwTPPに代わるww設立を表明かww!!】の続きを読む


韓国 TPP加盟のための手続き本格開始へ

(出典:テレビ朝日系(ANN))


韓国は13日、対外経済関係の閣僚会議で、環太平洋連携協定・TPPへの加盟申請を開始すると明らかにした。まあ、申請するのは自由で勝手だが、通るとは思えないほど、日韓には問題が多過ぎて解決のめどが立たないので、当然反対する。他の加盟国もすんなり賛成とはならないだろう。つまり、国と国との約束を守ることができないことは致命傷なのだ。後で混乱が起きるのが目に見えている。そんな混乱は避けたいはず。

1 荒波φ ★ :2021/12/13(月) 10:57:48.80

【ソウル共同】

韓国の洪楠基・経済副首相兼企画財政相は13日、対外経済関係の閣僚会議で、環太平洋連携協定(TPP)への加盟申請の手続きを開始すると明らかにした。

今後国会での報告などを経て加盟申請する方針とみられる。


12/13 10:35
https://nordot.app/842934067058540544?c=39546741839462401


【【申請】 AA‼出すのはwwwwwOO自由wwwww!!】の続きを読む


韓国政府がこれまでTPP加入に重きを置いて準備をして来た点から、この日加入が決定される可能性がある、と。噓だろう。国際法も順守できない韓国が加盟できるとは信じがたい。大変なことになることに気がつかない訳ではないだろう。加盟11カ国が全て賛成だとは思えない。国と国との約束を守ることは最低条件なのだが、危うい事だ。もし加入するのが事実ならば、11か国は分裂する気がする。

1 タイタン(京都府) [RU] :2021/12/12(日) 13:24:51.76


韓国、世界貿易の15%占めるTPP加盟あすにも決定か…経済効果と影響は

https://s.japanese.joins.com/Jarticle/285600

韓国政府が13日対外経済閣僚会議を開き、環太平洋経済連携協定(TPP)加入の可否を議論する。
韓国政府がこれまで加入に重きを置いて準備作業をしてきた点からこの日加入が決定される可能性がある。
(略)


入れる前提なのか…


【【TPP加盟】AA!!あすにもwwwww決定 か?wwwww!!!!】の続きを読む


「環太平洋パートナーシップ協定」韓国がTPP申請を検討している。加盟国の満場一致制なので反対があれば加盟出来ないルールになっている。私見ですが、加盟は無理でしょう。まず、国際法を遵守出来ない・国と国の約束が守れない・国家間条約を守らない・協定順守ができない・農産物品種を盗む・仏像盗む・福島県産農産物魚介類など風評被害妨害など。これで日本がどうぞと言う?

1 新種のホケモン ★ :2021/10/28(木) 12:47:05.23

韓国紙が、日本が主導するCPTPP(環太平洋パートナーシップ協定)について、日本と諸懸案があるがこれを推進すべきであると主張している。一方で日本は韓国の加盟を反対するのではないかという危惧も出ている。

ソウル経済新聞は28日、ヒョン・ジョンテ靜石仁荷學園理事長の寄稿文『それでもやらなければならないCPTPP加盟』を掲載し、貿易立国である韓国にとってCPTPP加盟は必須であると見方を示した。

ヒョン理事長は、「故・盧武鉉前大統領が在任時、韓米自由貿易協定(FTA)を締結して人々を驚かせた」とし、支持者の強力な反対や批判にも屈せず、「国内政治的に最も敏感な米国とのFTAを実現することで、以後、欧州連合(EU)や中国など主要貿易国との協定締結の道を開き、韓国が世界7位の貿易大国に成長する足場を作った」と評価した。

文在寅政権がCPTPP加盟を検討していることについては、「来年初めに議長国の地位が日本からシンガポールに変わるので、今、申請した」とし、本来であれば「協定主導国である日本が議長を務める初期に申請しなければならない」と述べ、推測であると断りつつ「国内の抵抗を恐れて政府が躊躇し、中国が加入申請したのを機会にしたのではないかと思う」と説明した。とはいえ、それによってCPTPPにとっては「中国・台湾と韓国の加入問題が絡み合い、問題が複雑になった」と分析した。

ヒョン理事長は「とはいえ、CPTPP加入は申請しなければならず、必ず成し遂げる必要がある」とし、「韓国は長い経済関係を持つ日本とまだFTAを締結していない」ことなどを理由に挙げた。その上で、CPTPP加盟国の多くと韓国はすでにFTAを結んでいるが、CPTPP加盟によって貿易上のより多くの「恩恵を受けることができる」と説いている。何より、「潜在的なCPTPPメンバーである「米国加入時は世界経済の30%を超える大きな市場になる。韓国が決して抜けてはならない理由だ」と強調した。

その上で、政府が直ちにCPTPP加盟手続きを推進し、「日本とのこんがらがった関係もCPTPPをきっかけにすぐに立て直さなければならない」と指摘。ヒョン理事長は「日本は韓米日安保同盟の一員であり、世界第3の経済大国である隣国だ」とし、「強制徴用、日本の輸出規制などの問題も共に解き、未来志向的に進まなければならない」と説いている。

一方で、韓国の通信社ニュース1は26日、『韓国CPTPP加盟、日本は条件なしに協力するだろうか…専門家は《反対可能性》』というタイトル記事を掲載し、日本の反対を危惧しつつ、結局はそうできないだろうという見方を示している。

ニュース1は同記事CPTPP加盟の重要性説きつつ、「ただし、我々が加入を申し込んだとしても、結局は日本の意重が最も重要だ」との見方を伝えた。

同紙は、「(CPTPP)が満場一致制であるだけに、悪化一路を辿っている韓日関係を勘案するとき、日本が政治的判断をより優先視するのではないかという懸念の声が起きるのだ」と指摘した。

一方で、「日本がいくら韓日関係を考慮しても、韓国の加入を政務的判断では拒否できないだろう」とし、

ニュース1によると、チョ・ジング慶南大極東問題研究所教授は「韓国がこれまでCPTPPが追求する精神と条件に合致することをしているのに、日本が拒否すればCPTPPにおける自国の役割を縮小させる《自滅手》になる可能性がある」とし、「こうした状況を日本も分かっているはず」と述べている。

コリア・エコノミクス 2021年10月28日
https://korea-economics.jp/posts/21102802/


【【姑息】どうするかOO!!TPPはOOOO!!加盟申請WW!!】の続きを読む


TPP加入を表明している中国と韓国だが、11か国・参加国が認めなければならないが無理でしょう。国対国の約束を守らない・国際法も守らない・人権問題などがあるを国が参加できるとは思えないからです。いま、英国と台湾が加入を目指しているが、是非参加を認めてあげましょう。参加国に迷惑をかける国はダメです。正しい判断をしましょう

1 りそな一家(神奈川県) [US] :2021/10/20(水) 07:43:39.54


韓国政府、日本主導のTPPへの加入を10月末までに決定=韓国ネットは冷ややか
https://www.recordchina.co.jp/b883810-s25-c100-d0201.html

韓国政府が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)加入について検討を進めている。10月18日、韓国・朝鮮日報が報じた。

記事によると、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は14日、米国・ワシントンDCで行われた金融・世界経済に関する首脳会合(G20サミット)の記者団懇談会において、韓国がTPPへの加入を検討中であることを明らかにした。TPPは2017年に米国が離脱後、日本を中心に豪州・メキシコなどの11カ国が18年末に発足させた自由貿易協定。現在TPPの加盟国は世界の国内総生産(GDP)の13%、貿易の15%を占めている。

洪副首相は、「TPPへ加入するためには国内制度の改善が必要だが、過去2年間に省庁間での検討を経て可能な限り改善を進めてきた」とし、「企画財政部長官としては加入すべきという立場だが、産業通商資源部、農林畜産食品部、外交部、国家安全保障会議(NSC)との調整が必要」と語ったという。

記事は「中国が最近TPPへ登録を申請したこととが、韓国政府の加入検討を促進させたとの見方もある」と報道。洪副首相も「中国と台湾が電撃的に登録申請を行ったのは、完全に予想外の重要な変数」と発言したとのこと。記事は「TPPは米国主導で誕生し、現在は日本主導で行われているため、中国は自国を孤立させる目的ではないかと警戒していたが、9月16日に突然登録申請を行い、続いて台湾も申請した」と説明している。

洪副首相はまた、「福島の水産物に対する規制と関連し、韓国の参加を敬遠していた日本が22年1月末に議長国を降りる。これも一つの変数」と発言。「もうあまり時間がない。『加入するのか、しないか』『するならば、いつか』について、10月末か11月初めには決めるべき。今は決定の最終段階に来ている」と述べたという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは、「議長国が変わったとしても、加入国のうち1国にでも反対されれば登録できない。そんなに甘くはないはず」「要は中国の後を追ったということか」「制度の改善なんてしてないと思うけど」「中国と台湾は申請済みなのに、まだ検討中だったの?」など、冷ややかなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/丸山)


【【判断】 無理OOむり!!OOO!!まず守れ!!】の続きを読む

このページのトップヘ