#IAEA


原子力発電所 (原発からのリダイレクト)
原発新設が30基分も計画されたが、2011年6月までに1基も建設工事が始まっておらず、2010年時点で撤退が目立ち始めるようになった。原発新設の動きは地球温暖化対策を重点に置くバラク・オバマ政権にも引き継がれた。その結果、事故以来初めての原発としてメリーランド州カルバートクリフス原発
28キロバイト (3,945 語) - 2022年4月8日 (金) 22:54
ジョンソン首相は、安定したエネルギー供給の重要性を強調。最大8基の原発を新設する方針をあきらかにしたが、日本は電力不足でひっ迫しているにもかかわらず、検討、検討で何も進まない体たらくな岸田政権。早く国民のために退陣しろと言いたい。



1 ぐれ ★ :2022/04/11(月) 09:30:21.55

※2022/04/11 06:28毎日新聞

 ロシアのウクライナ侵攻を受けた世界的なエネルギー不安の中、英国で原子力発電所を新設する動きが加速している。エネルギーのロシア依存脱却を図る狙いがあるが、安全面などからは懸念の声も上がっている。

 「プーチン(露大統領)のような人物の脅しに影響されてはならない」。ジョンソン英首相は7日、訪問先の英南西部ヒンクリーポイント原発でそう語り、安定したエネルギー供給の重要性を強調した。

 英政府は6日に発表した新エネルギー戦略の中で、2030年までに最大8基の原発を新設する方針を明らかにした。現在は電力需要の15%前後を占める原発の比率を50年までに25%程度に引き上げる計画だ。風力や太陽光などの再生可能エネルギーも拡大し、30年には原発を含む「低炭素」電源で需要の95%を賄うという。IAEA(国際原子力機関)によると、英国では現在11基の原発が稼働中だが、いずれも老朽化が進んでおり、新戦略では小型モジュール炉(SMR)など次世代原子炉の開発を進める方針も示された。

 背景には、ロシア依存からの一層の脱却を目指す英政府の思惑がある。既にジョンソン政権はロシア産原油の輸入を22年末までに止める方針を表明し、今後は天然ガスの輸入禁止も検討している。北海油田を擁する英国は他の欧州諸国に比べロシア依存度は高くないが、世界的なエネルギー不安の中、最近は英国でもガスや電気料金が値上がりしており、政府はエネルギー自給力の強化に乗り出した格好だ。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/world/mainichi-20220411k0000m030016000c


【【更に新設】AA!!原発8基wwww脅しにww影響 ないwwww!!!!】の続きを読む


福島第1原発処理水の海洋放出計画に待ったをかけ、自国で処理して飲んでみろと、けん制している中国。IAEAに安全性の検証作業継続中なので結果はまだだが、暴言を吐かれても、こんなお隣のお国に媚びる政策をとりべったり状態の、岸田首相・林外務大臣・茂木幹事長と、おもねる面々には呆れてしまう。どちらに向いているのか、嘆かわしいことだ。

1 トリトン(茸) [FR] :2021/12/24(金) 11:55:44.75


中国、処理水海洋放出の撤回要求

 【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は22日の記者会見で、東京電力が21日に福島第1原発処理水の海洋放出計画を原子力規制委員会に申請したことに「重大な懸念」を表明した。その上で「日本は周辺国を含む国際社会の懸念に真剣に耳を傾け、海洋放出という誤った決定を取り消すべきだ」と、計画撤回を改めて要求した。

韓国、日本の処理水放出批判 IAEAで、「隣国に相談せず」

 趙氏は、国際原子力機関(IAEA)による安全性の検証作業が継続中であることも強調。「もし安全・無害というなら、なぜ国内の湖に放出したり、国内で循環利用したりしないのか」と、日本側をけん制した。(2021/12/22-18:26)

https://www.jiji.com/amp/article?k=2021122200934&g=int


【【中国の外交】AA!!飲めるものならwwwww飲んでみろーwwwww!!】の続きを読む


画像は引用しております

IAEAの年次総会が20日から始まり、グロッシ事務局長は北朝鮮の核活動について、全速で進めていると懸念を示した。北朝鮮の寧辺にある原子炉施設が稼働した兆候がある。格の廃棄に応じた3年前の米朝合意から後退している北朝鮮の現状について、各国から懸念の声が相次ぎました。そうです、あの国は約束なんか簡単に破る信用できない国なのです。日本も対応を見誤ると大変です。

【【懸念】無視しているwwww!!I北の核開発がああああ⁉】の続きを読む


東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出をめぐり、国際原子力機関「IAEA」による安全性評価が行われることが決まった。国はIAEAという第3者機関による客観的な確認作業を通じて、処理水処分についても透明性を確保し、国内外からの風評被害発生を押さえ込み、廃炉に向けた工程を着実に進めたい考えだ。安全と透明性は特に大事です。

【【IAEA】 安全評価、福島原発】の続きを読む

このページのトップヘ