#70代女性


保健所(ほけんしょ、ほけんじょとも言う)とは、地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つであり、地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核市、その他指定された市(保健所政令市)、特別区(東京23区)が設置する。 近年では市町村保健センター、福祉事務所などと統合され「保健福祉事務所」「福祉保健所
66キロバイト (2,382 語) - 2022年1月19日 (水) 06:58


神戸市で自宅療養中の感染者の女性で、家族の要請で来た救急車を保健所の判断で見送り、翌朝亡くなっていたということです。こういう判断は難しいものなのでしょうか。こういうことって度々あるのですが家族にしたら辛いですね。

1 スペル魔 ★ :2022/01/25(火) 10:01:11.39

神戸市は、新型コロナウイルスに感染して自宅で療養していた70代の女性が、23日、死亡したと発表しました。

神戸市によりますと、市内の70代の女性は22日、38度の熱があり、市内の医療機関を受診したところ、新型コロナウイルスの感染が明らかになり、自宅で療養していました。

その日の夕方、保健所の担当者は電話で女性の家族に聞き取りをしたところ「調子がよくない」という答えだったので、救急搬送を要請するよう話したということです。

その後、救急隊員が確認したところ、女性は体温が38.6度あり、血液中の酸素濃度は99%だったということです。

救急隊と保健所は軽症と判断したうえで、女性を搬送しなかったということですが、23日朝になって家族から「息をしていない」と通報があり、救急隊が駆けつけたところ、死亡していたということです。

女性に基礎疾患はなかったということです。

神戸市によりますと、新型コロナに感染し、自宅療養や自宅待機中に亡くなった人は、今回が6人目です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220125/k10013448381000.html


【【急変した】AA!!女性自宅療養中ww調子がww保健所は軽症とww!!】の続きを読む


画像は引用しております

千葉県佐原病院は去年6月に急死した70代の女性入院患者について、麻酔用鎮痛薬・過剰投与の可能性が高いと発表した。女性は右脚の痛みを訴えて入院し、椎間板ヘルニアなどと診断されていました。その後、脚の痛みがひどくなり、主治医は麻酔用鎮痛薬「フェンタニル」の投与を始めましたが、3日目の朝に呼吸が止まり死亡しました。ガイドラインに沿っていたものの、呼吸回数など測定はしておらず気づくのに遅れたようですね。残念ですね。こういう亡くなり方は。

【【麻酔用鎮痛薬】OOOO!70代女性AAAA!急死wwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ