#2022年



サニブラウン アブデルハキーム(Abdul Hakim Sani Brown、1999年3月6日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離走。100m、200mでは日本歴代2位、60mでは日本タイ記録の保持者。また、2022年オレゴン世界選手権大会で日本人初の決勝進出。
23キロバイト (2,097 語) - 2022年7月24日 (日) 16:33
記事・画像は引用しております

サニブラウン400メートルの予選欠場という。100メートルの反動が大きく、決勝も出場未定という。なんとか出場してほしいところだが、本人次第というところかな。

【【世界陸上リレー】AA!!欠場wwサニブラウン400m予選ww!!】の続きを読む


新作夏アニメ初速ランキングの作品が発表された。コメント数部門で第1位は、「別世界おじさん」。視聴数部門で第1位は「ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season」のようです。いかがですか。期待していたものですか。


1 それでも動く名無し :2022/07/16(土) 11:22:57ID:LdwiknE2p
リコリコ一強やね

【【2部門】AA!!夏アニメwwww評価ww発表wwww!!!!】の続きを読む



坂本 花織(さかもと かおり、英語: Kaori Sakamoto, 2000年4月9日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(女子シングル種目)。兵庫県神戸市出身。血液型はB型。シスメックス所属。神戸学院大学(経営学部)在学中。マネジメントはIMG TOKYO。
55キロバイト (4,122 語) - 2022年3月27日 (日) 05:30
記事・画像は引用しております

フランスで行われているフィギュアスケート世界選手権で、ショートプログラム1位の坂本花織選手が初の世界選手権女王に輝いた。日本の女王では浅田真央さん以来の快挙ですね。日本人として嬉しいですね。

【【初の女王】AA!!世界のww坂本花織選手ww浅田さん以来ww!!】の続きを読む



ロシアのメドベージェワ「突然の日本語投稿」に見える複雑心境
…たことが、ファンを喜ばせるとともに驚かせてもいる。 彼女は2019年世界フィギュアスケート選手権に出場した際の写真と一緒に、冒頭のメッセージを投稿した…
(出典:FRIDAY)


世界フィギュアスケート選手権(せかいフィギュアスケートせんしゅけん、英: ISU World Figure Skating Championships)は、国際スケート連盟 (ISU) が主管轄で行うフィギュアスケート単独の大会としては最大の大会である。男子、女子、ペア、アイスダンスの4種目が行われる。
19キロバイト (1,170 語) - 2022年3月26日 (土) 14:53
記事・画像は引用しております

ロシアのフィギュアスケート選手のメドベージェワさん、突然の日本語投稿に見える複雑な胸の内。この投稿は、日本語のメッセージで不安を驚かせている。どんな心境なのでしょうか。

【【驚かせる】AA!!世界のスケーターwwww心のうちはww!!】の続きを読む


スポーツマフラー。騒音規制は販売中の車種にまで規制される可能性。スポーツマフラー「社外品」の規制強化。今後のスポーツマフラーは2022年からの「フエーズ3・純正」で大きな影響を受けるはずという。車好きにはたまらないスポーツマフラーだが、規制強化の波が必ず押し寄せてくる!


1 七波羅探題 ★ :2021/12/28(火) 14:52:53.13

Auto Messe Web 2021年12月28日
https://www.automesseweb.jp/2021/12/28/859327

■騒音規制は販売中の車種にまで適用される可能性もある
 排気効率がアップして見た目もカッコよくなり、さらにスポーティな音まで手に入る社外マフラー。車種を問わずカスタムの第一歩に含まれるメニューだが、じつは大きな岐路に差しかかっているのをご存知だろうか。

 それは騒音規制のさらなる強化だ。現在のところ日本は国際基準で定められた、通称『フェーズ2』という規制値を新車に義務づけており、その基準を満たさないと国内での販売が認められない。それが2022年からは『フェーズ3』とより厳格化されるという。

■これまでの騒音規制を振り返る
 まずは最初に導入された『フェーズ1』からの流れを振り返りたい。乗用車か貨物車などによって違いはあるものの、2016年の『フェーズ1』では72~75db。それが2020年の『フェーズ2』では70~74dbとなり、来年からの『フェーズ3』では68~72dbになってしまう。

 加えて『フェーズ3』ではそれまで対象外だった、タイヤのノイズも騒音値に含まれることになり、厳しさは『フェーズ1』から『フェーズ2』へ変化したとき以上。この影響をモロに受けるのが、アフターパーツとしてのスポーツマフラーだ。さまざまなメディアで報じられており知っている人も多いと思うが、次の『フェーズ3』は純正マフラーでも基準値を満たせない場合があり、ガソリン車のスポーツカーは軒並みアウトという話もある。

 この規制は新しく登場するモデルだけに限らず、販売中の車種にまで適用される可能性もあるという。日本が世界に誇る高性能スポーツカーであるGT-Rに生産終了のウワサが流れているのも、ひとえに『フェーズ3』のあまりにも厳しい騒音規制が原因というしかない。

 フルノーマルの状態ですらクリアできないんだから、社外のスポーツマフラーにとってはまさに死活問題。現時点での規制を額面どおりに受け取るならば、ルックスを追求するドレスアップパーツとしてしか、もはや生き残る道はないように感じてしまう。最後に社外マフラーに適用される最新の保安基準をあらためて説明したい。

■2022年の規制からさらに厳しくなる
 排気管が短く音量を軽減するのが難しいリヤエンジン車であれば95db、それ以外の車両は91dbかつ新車時の近接排気騒音からプラス5db以内だ。そして平成22年4月1日からあとに生産されたクルマであれば、従来の近接排気騒音だけじゃなく加速走行騒音の規制も加わってくる。

 俗に『交換用マフラーの事前認証制度』と呼ばれており、メーカーは事前に定められた方法で加速騒音を測定し、JQAやJATAといった団体による認証プレートの取得が必要だ。チューニング好きにはお馴染みの『JASMA』が認定する、車検対応品や保安基準適合品と表記されたマフラーなら、当然ながら違反にはならないし品質も確かと考えていい。

 いずれにせよ今後のスポーツマフラーは、2022年からの『フェーズ3』で大きな影響を受けるはず。社外マフラーへの交換がすべてNGなんて事態にならないことを切に願うばかりだ。

佐藤圭


【【クルマ】AA!!絶滅wwwww規制wwww強化wwww】の続きを読む

このページのトップヘ