日本の学校給食(にほんのがっこうきゅうしょく)とは、日本において学校(小学校、中学校など)で一定の特定多数人のために専門の施設を用いて組織的・継続的に提供される給食。日本において単に「給食」といえば、この学校給食のことを指す場合が多い 日本においては、小学校や中学校などで給食が提供されている。給食
78キロバイト (12,813 語) - 2022年6月9日 (木) 20:14
小学生学校給食から「唐揚げ」を奪わないでと、涙の訴え。円安で食品価格が高騰し献立から消えていくという。私見ですが、小麦粉・油など取り過ぎると健康に影響があると聞いた事があり、健康上よかったのでは。それに代わるものがあるだろう。贅沢は言わない。時期に食糧難がやって来る。買い占めている国がある。


1 それでも動く名無し :2022/06/24(金) 11:06:25
「円安で日本の学校は(給食で)唐揚げの提供を取り止めることに」とするハッシュタグ付き投稿が注目されている。

人民日報海外版のニュースサイトが19日、日本メディアの報道を引用する形で、
「円安の影響で食品価格が高騰する中、日本各地の学校は給食の献立を工夫することで乗り切ろうと知恵を絞っている」とし、
その一例として、食用油の仕入れ価格が1年前と比べて6~7割も上昇しているため、福島県南相馬市は、献立を油を多く使う唐揚げから照り焼きに変えたことを伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b896245-s25-c30-d0192.html

【【残念】AA!!涙の訴えww給食ww唐揚げをwwww!!!!】の続きを読む