#領海侵入


国防(こくぼう)とは、外敵の侵略から国家を防衛することである。 国防とは、国外に存在する敵が行う自国への侵略への対抗手段として、主に軍事的手段を行使するための国家活動である。具体的には、侵略軍を排除するための防衛活動、また同盟国と連携した防衛活動を指す。主権国家には自衛権が認められているために、国防…
11キロバイト (1,820 語) - 2022年11月3日 (木) 14:42
記事・画像は引用しております

日本の安全保障は最重要。中国の侵略・台湾有事は日本の有事と肝に銘じ防衛力強化は必要不可欠なのだ。国民がお花畑では侵略されるのみ。確かに政府の言う国民に国防への決意を求めたことは当然で間違いではない。だが、本音は後ろに見え隠れする増税ではないのか。増税はしなくても、防衛費増額には回せる予算は無駄を省けば十分にあるではないか。



1 木枯し ★ :2023/01/23(月) 01:22:37.60ID:MQMuaNqG9
政府、国民に「決意」要求 安保戦略、中国にらむ防衛力強化
2023年1月21日 18時26分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/226648

 政府は、防衛力の抜本的強化を柱とする新たな国家安全保障戦略を実施に移すため、世論説得に乗り出す。安保戦略では、中国の対外姿勢を「これまでにない最大の戦略的な挑戦」と表現し、国防への「決意」を国民に求めた。野党は、挙国一致の下で戦争に突き進んだ歴史から「反省を忘れてはならない」(立憲民主党の泉健太代表)と懸念を強める。23日召集の通常国会で論戦の焦点の一つになりそうだ。
 昨年12月に閣議決定された安保戦略は、反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有を盛り込み「国家としての力の発揮は国民の決意から始まる」と明記した。

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1674398865/

【【危機は迫る】AA‼目覚めよAAA国防への意識の決意AA!!!!】の続きを読む


防衛省は19日、鹿児島・屋久島南方を航行していた中国海軍の測量艦1隻が、日本の領海に侵入したと発表した。日本政府は外交ルートを通じて中国側に懸念を伝えた。懸念だと!まったく体たらくというか頓珍漢というか、お粗末さに情けなくなるね。領海侵犯されているというのに。じゃあ、日本も測量船を中国の領海に入れてみたら、中国が懸念で済ますだろうか。防衛大臣じゃない、政府の対応のまずさ、岸田内閣の無責任さだ。

1 ぐれ ★ :2021/11/20(土) 07:50:25.88

※2021年11月19日21時30分

 防衛省は19日、鹿児島・屋久島南方を航行していた中国海軍の測量艦1隻が、日本の領海に侵入したと発表した。

続きは↓
時事通信ニュース: 中国軍艦が領海侵入 屋久島南方を航行―防衛省.
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111901242&g=soc
※前スレ
中国軍艦が領海侵入 屋久島南方を航行―防衛省 ★2 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637331929/

★1 2021/11/19(金) 21:37:21.35


【【領海侵入】 OO侵入wwwwwOO軍WWWWwwwww!!!!】の続きを読む


画像は引用しております

防衛省は5日、事実上の空母化に向けた改修を進める海上自衛隊「いずも」に、最新ステルス戦闘機「F35B」が発着艦できるか検証するための試験を行ったと発表した。朗報ですね。着々と空母化されていく頼もしい「いずも」の姿に感激します。これが日本の領海を守る強い味方。

【【護衛艦】 いずもがAAAA!!発着OO検証するWWWW⁉】の続きを読む


画像は引用しております

19日、中国海警局の船4隻が尖閣諸島・南小島沖の領海に相次いで侵入した。海上保安庁の巡視船が領海から退去を求め、いずれも領海を出た。中国の図々しさは日を増すごとにエスカレートしている。政府は毅然とした態度で臨まなければならない。今回は抗議した後、領海を出たが、総裁選の影響なのか、早々と出たのか。

【【抗議】 政府抗議wwww‼中国領海侵入退去させたAAAA!‼】の続きを読む


10日、中国海警局の船2隻が、沖縄県石垣市の尖閣諸島南小島沖の領海に相次いで侵入した。2隻は日本漁船に接近するようにして領海に侵入した。海上保安庁の巡視船が漁船の安全を確保しながら、2隻に領海から退去するよう求めている。これを日本政府・外務省・国土交通省はどう見る?何をしているのだ。盗られていいのか。不様な日本政府・自公政権の終わりだな。

【【速報】 領海侵犯、中国海警局船を逮捕しろ】の続きを読む

このページのトップヘ