#非課税世帯



住民税非課税世帯とは、世帯構成員の全員が住民税の均等割も所得割も非課税である世帯として定義される。社会保障政策上、貧困線の定義として運用されるが、住民税は個人であるため、その世帯数を把握する統計データは存在していない。 法人住民税については、道府県民税#法人の都道府県民税および市町村民税#法人の市町村民税を参照。
14キロバイト (1,934 語) - 2022年7月20日 (水) 10:01
記事・画像は引用しております

政府はエネルギーや食料品の高騰が続く中、生活困窮者を支援するため、住民税額非課税の世帯を対象に1世帯当たり5万円を給付する方向だという。別に非課税世帯に限らず、多くの世帯が物価高で四苦八苦しているのだが、政府が支持率低下しているからバラマキをするのか。

【【バラマキ】AA!!人気取りww住民税非課税世帯ww支援金ww!!】の続きを読む


政府は今年度から非課税世帯にも10万円給付へ。物価高騰やコロナ禍で生活困窮者世帯の支援をするというが、ああ、選挙目当てかと思ったが、昨年に、その様な話があった気がする。いづれにしても今ごろ出してくるのだから夏の参院選目当て。セコイ自公政権。出すならもっと早く出せ。困窮者はず~っと困っている。岸田退陣・自公政権の解消。自民・公明・売国議員は追放する。消費税やめろ。選挙目当ての売国議員たち。


1 孤高の旅人 ★ :2022/04/20(水) 09:31:36.12

今年度からの非課税世帯にも10万円給付へ…政府、緊急経済対策で
4/20(水) 5:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/4fe4675c1f9179f99b28a842f432f798fa9ba9e9

 政府は、今月中にまとめる緊急経済対策で、2022年度から新たに住民税が非課税となった世帯に現金10万円を支給する方針を固めた。コロナ禍の長期化や物価高騰で深刻な影響を受ける生活困窮者世帯の支援を強化する。自民、公明両党の協議を経て、来週にも決定する。

 政府は昨年12月に成立した21年度補正予算で、21年度時点の非課税世帯に10万円を給付する措置を決定し、今春から支給が本格的に始まっている。今回の支援策は、22年度から新たに非課税となった世帯に限り、21年度時点の世帯は対象外となる。

 ロシアのウクライナ侵攻や円安などでガソリンなどの価格が上がっており、困窮者世帯への支援継続が必要と判断した。

 市町村が課税情報を使って非課税世帯に制度を郵送で通知し、振込先の口座番号などを返送してもらう。「プッシュ型」の給付で、制度を知らないまま支援を受けられない人が出るのを防ぐ。21年度補正予算や予備費で確保している1・5兆円を財源として充てる。

 また、政府は、低所得の子育て世帯の支援を行う方針を固めた。住民税非課税世帯などが対象で、子ども1人あたり5万円を支給する方針だ。低所得の子育て世帯には、20、21年度にも給付金を支給した。22年度の予備費約2000億円を支出する方向だ。

 政府はこのほか、自治体が地域の事情に合わせて、独自に困窮者向けに支援金を上乗せして給付する案も検討している。

関連スレ
【政府】低所得の子育て世帯に5万円再給付検討、物価高緊急対策で★4 [孤高の旅人★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650407251/


【【見え見え!】AA!!非課税世帯にww10万円給付ww参院選前ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ