#防衛費


国防(こくぼう)とは、外敵の侵略から国家を防衛することである。 国防とは、国外に存在する敵が行う自国への侵略への対抗手段として、主に軍事的手段を行使するための国家活動である。具体的には、侵略軍を排除するための防衛活動、また同盟国と連携した防衛活動を指す。主権国家には自衛権が認められているために、国防…
11キロバイト (1,814 語) - 2022年9月3日 (土) 05:41
記事・画像は引用しております
再編集

国防は日本の要。日本の防衛を考え備えるのが主権国家として当然。防衛費・反撃能力・安全保障は、国民の生命財産・国土を侵略から守ることで、国が滅亡で国民の存在はない。敵は国内にあり!!!!

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。


1 公共放送名無しさん :2022/10/16(日) 07:04:50.84ID:8TAlsSAW
[総合] 2022年10月16日 午前9:00 ~ 午前10:00 (60分)

安全保障政策を与野党が徹底討論!▽日本の安全保障環境をどう捉える▽年内に改定方針の安全保障3文書、「反撃能力」の保有は▽防衛費増額をどう考える▽今後の議論は
番組ページへ

【出演】小野寺五典,玄葉光一郎,青柳仁士,佐藤茂樹,山添拓,前原誠司,櫛渕万里,【司会】伊藤雅之,星麻琴

【【国防】AA!!最重要AA防衛費AA反撃能力AA安全保障AA!!】の続きを読む


有事」は法律用語ではなく軍事用語であり、防衛省では便宜的に有事に関する法制を有事法制といっている。防衛省が用いる有事の概念は、必ずしも画一的な概念として捉えられているものではないが、一般的に「自衛隊が防衛出動する事態」を指していると言われている。 有事法制をめぐる有事
8キロバイト (1,027 語) - 2022年7月23日 (土) 06:01
記事・画像は引用しております
再編集

自民党の佐藤正久参議院議員は「防衛費自給率が悲惨な状況だ」という。ふるさと納税があるのなら防衛納税の発想があってもいいと。そもそも、お粗末な岸田自公政権の防衛に関わる無能な考えが元凶というもの。国、亡くして国民の存在をどう考えるのか。まったく国民のことを蔑ろにしている国民の命をだ!

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。

1 Stargazer ★ :2022/11/14(月) 10:43:17.47ID:ZgNVJcWt9
自民党の佐藤正久参院国対委員長代行(元外務副大臣)は13日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、「ふるさと納税があるなら防衛納税の発想もあっていい」と述べ、防衛費増額の財源にふるさと納税の仕組みを活用する案を改めて披露した。

佐藤氏は「防衛自給率が悲惨な状況だ」と指摘し、将来的に増税や歳出削減などで返済する「つなぎ国債」の発行案にも言及。「国防は最大の福祉だ。ウクライナを見てほしい。応分の負担、安定的な財源が必要で、そこは(国民に)お願いしないといけない」と説明した。

9日に開かれた政府の「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」(座長=佐々江賢一郎・元外務事務次官)の第3回会合で、財務省は「幅広い税目による国民負担が必要」と報告し、増税で防衛費増の財源を確保する姿勢を示している。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「国の根本は経済と防衛の二つだ。経済を弱くする形の増税には反対」と語った。その上で、「今は非常事態だ。赤字国債を出してでも必要な軍事費は防衛国債という形でやってもいいのではないか」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c038f706c38d372902e39b3d1f804598658de4f

【【防衛費】AA!!国防AAこれで国を守れるのかAAAA!!!!】の続きを読む


他の方法による武力の行使」と定義した。しかし、侵略側は自己の行動を否定したり、自衛や勢力均衡のためと正当化したり、被侵略側に責任転嫁することがあるので、侵略行為の認定は困難であり、国際法上の定義は明確ではない。また、国連安全保障理事会は、侵略国と被侵略国(自衛権行使国)を認定できるが、拒否権の発動など国際政治の情勢に左右される。…
28キロバイト (4,139 語) - 2022年11月10日 (木) 11:42
記事・画像は引用しております
再編集

日本の防衛省・自衛隊の弱体化が進むとしか思えない防衛費論。国防を考える有識者と称する会議の報告書には、日本の安全保障について、危機感を持っているとは思えない内容だと。いったい、誰が選ぶ有識者なのか甚だ疑問を感じるのは多くの国民ではないか。国亡くして国民は存在しない。

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。


1 それでも動く名無し :2022/12/12(月) 07:21:13.90ID:S9i0uQNh0
今までよう攻められんかったな

【【深刻】AA!!貧国弱兵AA国民を守れないAAAA!!!!】の続きを読む


は2016年で約1兆6860億ドルと推計されている。トップのアメリカは約6110億ドルで世界全体の36%を占め、中国(約2150億ドル)、ロシア(約692億ドル)などが続く。日本は461億ドルで8位。 日本では自衛隊用語により「防衛費」と呼称されている。 軍事
15キロバイト (2,048 語) - 2023年3月23日 (木) 00:37

(出典 xsionx.com)
防衛力強化に7割以上の国民が賛成をしている


(出典 jp.reuters.com)
防衛力強化


(出典 www.tokyo-np.co.jp)
日本の防衛・国防・安全保障


(出典 www.chunichi.co.jp)
記事・画像は引用しております

日本の国民・国土・国益を守るための防衛費が円安や資材高騰で整備計画を巡り、計画額より8000億円以上も超過するという懸念があるようです。これは防衛上大変な問題ではないかと思うのですが、国民の理解はいかがだろうか。

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。


1 蚤の市 ★ :2023/10/20(金) 06:50:03.33 ID:0lgWRJYU9
 2023年度から5年間の防衛費を総額43兆円とした政府の防衛力整備計画を巡り、円安や資材高などの影響で装備品の単価が跳ね上がり、既に計画額より8000億円以上超過する恐れがあることが、本紙の試算で分かった。防衛省が調達数量や単価を公表していない装備品も多く、本紙の試算は一部にとどまる。岸田政権が決定した巨額の防衛費の超過額はさらに膨らみ、国民の負担がより重くなる懸念が早くも高まっている。(川田篤志)
 防衛費の増額 政府は昨年末、国内総生産(GDP)比で1%程度で推移していた防衛費について、5カ年計画の最終年となる2027年度には関連費と合わせて2%に倍増する方針を決めた。27年度には年約11兆円となる。GDP比2%は、北大西洋条約機構(NATO)が加盟国に求める共通目標で、自民党も選挙公約で2%への引き上げを求めていた。

 政府は昨年末に閣議決定した防衛力整備計画で、今後5年間かけて購入する各装備品をリストアップ。必要経費を積み上げ、総額を43兆円程度と決めた。
 本紙は、23年度予算や24年度予算編成に向けた概算要求の単価が27年度まで続くと仮定し、残り3年間で予定数量を購入した場合の主な装備品の経費を試算。計画額と比較した。
◆F35AにCH47…さらに未公表の装備品も
 米国政府を通じた「対外有償軍事援助(FMS)」で40機調達するステルス戦闘機「F35A」のうち、23年度は8機で1069億円を計上。24年度概算では8機で1077億円を要求した。計画策定時に見積もった単価100億円に対し、23、24年度の単価平均は134億円に上昇。今後3年間で残り24機を購入した場合、計画額より1400億円近く膨らむ。
 試算ではさらに、護衛艦「FFM」12隻の購入費が計画額より約1900億円の超過。輸送ヘリコプター「CH47」34機も、1機当たりの単価が最大70億円増え、超過額は約1600億円に上る。潜水艦など他の装備品の超過額も合わせると、本紙の試算で超過総額は8517億円に達する。
 一方、敵基地攻撃能力(反撃能力)に使う国産長射程ミサイルなど、「相手に手の内を明*」として予定調達数量を公表していない装備品も多数ある。
 防衛省は増額理由として、円安や資材高、労務費の高騰などを挙げる。昨年末の計画策定時は原則1ドル=108円で換算したが、今年8月の24年度概算要求時は1ドル=137円で換算した。木原稔防衛相は18日、本紙などのインタビューで「(43兆円の)金額の範囲内で行うことが重要だ」と述べ、経費の精査などを徹底すると強調した。
 一橋大の佐藤主光もとひろ教授(財政学)は「(防衛力整備計画は)43兆円という規模ありきだった。防衛費の膨張はさらなる国民負担につながるため、超過が見込まれる装備品の洗い出しなど実態を検証し、調達数量を絞り込むべきだ」と話す。
▶【次ページ】円安、人件費、資材高騰…国の守りは?国民負担は? に続く

東京新聞 2023年10月20日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/284756

【【深刻】AA!!防衛費AAAAこれはかなりまずいAAAA!!!!】の続きを読む



防衛研究所(ぼうえいけんきゅうしょ、英: National Institute for Defense Studies, NIDS)、東京都新宿区の防衛省市ヶ谷地区にある防衛省施設等機関の一つである。 安全保障に関する諸問題について政策的研究・分析を行う防衛
19キロバイト (1,407 語) - 2022年12月28日 (水) 09:09
記事・画像は引用しております
再編集

専守防衛とは敵国殲滅能力を保持することである。正にその通りです。お花畑でぬるま湯に入っていたら茹でガエルになって死を待つだけというもの。防衛は外交・経済と並んで重要なもの。どれが欠如しても常に狙われる。付け加えて、まだ足りない防衛費。増税なんかしなくても、取れるところはいくらでもあるし、(学術会議撤廃・違法な在日外国人の生活保護費・中抜き利権の男女共同参画事業など)防衛国債でもいいではないか。

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。

【【防衛】AA‼9条を唱えてもAA侵略者にはAAAA!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ