#金メダル


北口 榛花(きたぐち はるか、1998年〈平成10年〉3月16日 - )は、日本の女子陸上競技選手。専門種目はやり投。 やり投の女子日本記録保持者。オリンピック及び世界陸上競技選手権の陸上女子フィールド種目における日本人唯一のメダル獲得者。2023年、ハンガリー世界陸上にて女子やり投げを66m73で優勝、金メダルを獲得した。…
20キロバイト (2,531 語) - 2023年8月25日 (金) 22:40

(出典 www.nikkansports.com)
やり投げ・フィールド女子初金メダリスト


(出典 ameblo.jp)
毎日の練習に打ち込む姿

記事・画像は引用しております

陸上・世界選手権。フィールド・女子やり投げ初のゴールドメダリスト北口榛花選出(25)。おめでとうございます。日本人・大和撫子、笑顔のメダリストですね。最高!

1 鉄チーズ烏 ★ :2023/08/26(土) 07:21:59.90 ID:T8+S5FZo9
8/26(土) 4:31配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/340a6de214cbed89892eeaf794a9c632838c4e65

 ◇陸上・世界選手権第7日(2023年8月25日 ハンガリー・ブダペスト)

 女子やり投げの決勝が行われ、北口榛花(25=JAL)が、金メダルを獲得した。昨年のオレゴン大会の銅メダルに続き、2大会連続メダルで、フィールド種目では日本の女子で初の金メダリストとなった。

 最後の最後で満開の笑顔がはじけた。1投目で61メートル78を投げて2位につけると、3投目に63メートル00を記録。だが、徐々に記録を伸ばしていったが、笑顔はなかった。リトルに記録を上回られ、4位で迎えた最終6投目。集中力は極限にまで高めた。絶叫とともに繰り出した、やりは美しい放物線を夜空に描く。66メートル73のビッグスロー。トレードマークの満面の笑顔。そしてダイナミックに飛び跳ねて、喜びを表現した。

 大逆転でつかんだ世界の頂点。飾らない言葉で、素直な心境を口にした。「興奮しすぎちゃってよく分かってないんですけど、最後の投てきで“自分が投げれる”って信じて良かったなと思いましたし、5投目までで終わっていたら後悔すると思って、必死に投げて良かったと思います」と一気に話した。

 悲願の金メダルを手にしたことに「本当はもっと時間がかかると思っていたんですけど、こうして取ることができて、今まで頑張って本当に良かったなと思いますし、自分が必ず歴史をつくると決めてここにやってきたので、本当に…。つらいこと、たくさんあるんですけど、今日だけは本当に世界で一番幸せです」と涙目で思いのたけを紡いだ。

 7月16日のダイヤモンドリーグ・シレジア大会(ポーランド)で日本記録67メートル04をマークし、世界ランキングトップでブダペスト入り。予選では、優勝候補として終始カメラに追われ「凄く緊張しちゃった」という。練習では歩数を間違えたそうで「私でもこんなことするんだ…と」と苦笑いで振り返った。「どの国の記者の方からも“金でしょ”とたくさん言われるようになったんですけど。自分の中での目標はメダルを獲って帰ってくること。その目標をぶらさずにそれだけを見て、着実にやりっていけたら」と北口。入賞狙いで銅メダルだった昨年とは、心境が全く違っていた。

 「そう簡単には、世界のお姉さま方は勝たせてくれない」。今季に向けては走り込みで助走スピードがアップ。その進化と技術がマッチせずに日本選手権で敗れたが、拠点のチェコに戻って修正。ウエートトレーニングの量を7割ほどに減らし、持ち味の肩の柔らかさを生かせるように姿勢矯正やマッサージなどに時間を割いた。

 68メートルまで飛ばせるイメージはできていた。さらに、ライバルたちの動画も良く見るようになった。「あまりやることがなくて…ヒマなの?っていわれますけど」。チェコでは、テレビをつけて欧州での試合をライブで見て研究した。だからこそ、周りの選手の底力は理解していた。動画で分析した上で「世界選手権に向けて世界中の選手全員が最高のパフォーマンスを準備していると思う。今まで調子良くない選手も変わる可能性もあると十分思う。誰が相手というより、自分の動きをしっかりできれば勝負できる」とあくまで自らの調整に集中を注いでいた。

 3歳で水泳を始め、地元のスイミングクラブに通いながら小学1年生からはバドミントンの選手としても活躍。高校までやり投げはおろか、陸上とも無縁だった北口が、やり投げと出会ってから10年。ついに世界の頂点に立った。

【【大逆転】AA!!金メダルAAAA日本女子史上初AAAA!!!!】の続きを読む


記事・画像は引用です

名古屋市の河村市長が表敬訪問に訪れた金メダリストのメダルをかんだ問題で、このメダルが新しいメダルと交換されることになった。。河村市長も調子に乗り過ぎたものだ。本人が噛むのは構わないが、他人が噛んじゃいけないわ。IOCも仕方なく取り換えたものだと思うが、税金だからね、河村さん。やらなくていいことをやって失点。

【【痛い金メダル】AA‼なんだかんだ交換かww!!】の続きを読む


画像は引用しています

東京五輪の射撃で金メダルをとった選手(41)が、イランの革命防衛隊所属という事が明らかになり、一部スポーツ人権団体がから反発が起きていると、イスラエルメディアが25日伝えた。人権団体は、彼にメダルを授与するのは大会に参加した選手らに対する侮辱であり、IOCの名声にも汚点になるだろうと主張した。こういう問題は難しいですね。どうなるのでしょうか。

【【時事ネタ】AA!!人権団体が批判がwwイラン選手革命防衛隊ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

柔道・濱田尚里は快勝で場外際で腕を取ると、1分23秒、腕ひしぎ十字固めで1本を奪った。同階級でのメダルはアテネ五輪以来、4大会ぶり。防衛省も濱田選手の金メダルを祝福「本当にありがとうございました」と本人の弁。

【【朗報】AA‼防衛省も祝福ww濱田尚里柔道金メダルww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

金メダルは、中国の捨て子。ネット拡散。中国メディアによると、中国で生まれたが、親の育児放棄で、カナダ夫妻の養子になり、カナダ・オンタリオ州で育ち五輪に出て金メダルを取る。「中国で育っていれば金メダルが増えたのに」などと、ネットで拡散。今さら金が取れなかったことをネットに上げてしまう神経が中国らしい。カナダで育ったからこそ。自分の努力があったからこそ。それだけのこと。

【【驚愕】AA‼カナダだから金メダルww中国の負け惜しみww!!】の続きを読む

このページのトップヘ