#都知事


東京都知事(とうきょうとちじ、英: Governor of Tokyo Metropolis)は、日本の東京都の首長たる特別職の地方公務員。略称は都知事。現任は小池百合子(在任: 2020年〈令和2年〉7月31日 - )。 第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)に、東京府と東京市の統合によって誕
9キロバイト (1,111 語) - 2022年4月14日 (木) 00:11
小池都知事の思いつき政策で都民は振り回される。築地市場から東京五輪パラ・コロナウイルス感染拡大や医療用品・器具など中国へ援助。太陽光発電に今度は節電と。節電なんてもっと前からやらなければならないこと。行き当たりばったりの政策・愚策。次期都知事選には自民と組むとか。あのどこを向いているのか分からない岸田政権と。責任転嫁が得意でやってもいないのにやっている感。やっぱりおかしい、自公政権やチャイナとのつながりも。


1 少考さん ★ :2022/05/07(土) 06:38:34.82

※日本経済新聞

小池都知事「電気の契約見直しを」 節電へ呼びかけ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC064TT0W2A500C2000000/

2022年5月6日 19:18


(出典 article-image-ix.nikkei.com)
?ixlib=js-2.3.2&w=680&h=452&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=100&fit=crop&bg=FFFFFF&s=3e18ea18af4736683c3e4468d29ff819
記者会見する東京都の小池知事=東京都提供

東京都が夏場の電力需給逼迫回避に向けた取り組みを活発化している。2日に東京電力ホールディングス(HD)に対して電力の安定供給を求める株主提案をしたのに続き、6日には小池百合子知事自ら家庭の電力使用量に見合った契約アンペアへの見直しを求めた。電力需給の逼迫回避が新たな都政の課題に浮上しつつある。

「家庭ごとの協力と節電への意識共有をお願いしたい」。6日に記者会見した小池氏は世帯人数が減ったり、省エネ家電に買い替えたりした家庭を念頭に、契約アンペアの見直しを呼びかけた。燃料価格の高騰で電気・ガス料金が上がり続けていることも引き合いに、年間数千円の節約につながるともアピールした。

契約アンペアの見直し自体は電力使用量の削減に直結しないものの、都環境局は「見直しをきっかけに省エネへの関心を高め、電気機器の同時使用を控えることにつながれば」と期待する。家計防衛策としての意味合いも打ち出すことで、単純な節電の呼びかけよりも効果を得やすいとみたようだ。

都は4月末に電力を「へらす・つくる・ためる」の頭文字をとった節電・再エネ普及キャンペーン「HTT」を始めたばかり。キャンペーンに先立って国と東電に対して電力の安定供給を要望したほか、5月2日には東電に株主提案もするなど電力需給の逼迫回避に向けた取り組みを活発化している。

背景にあるのが、3月に都内で初めて発令された電力需給逼迫警報だ。(略)


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【【愚策!】AA!!都知事wwww電気見直しwwww思いつきww!!!!】の続きを読む


[8] ^ まん防止等重点措置における営業時間短縮要請【特措法第31条の6第1項に基づく要請】 ^ まん延防止等重点措置における要請 ^ a b 【緊急事態措置区域指定】岐阜県 新型コロナ休業・時短営業の要請に関する情報について ^ 三重県時短要請協力金(令和3年4月26日~令和3年5月11日)のご案内
805キロバイト (35,013 語) - 2022年1月13日 (木) 00:41


小池都知事は危機感を示し、「再び飲食店への時間短縮打ち出した。「感染は止める、社会は止めない」と、言っていたことと現状が違う」。感染拡大は前から指摘されていたと憤りの声。まったくです。こうなることは分かっていたはず。水際も何も愚策だらけの対策だ。

1 蚤の市 ★ :2022/01/20(木) 06:44:59.02

 「誰もが感染する恐れがあり、社会が止まる事態も招きかねない」。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が拡大する中、東京都の小池百合子知事は19日、危機感を強調し、再び飲食店への時短要請を打ち出した。これに対し、飲食店からは「つらい」「どこまで効果があるのか」などと落胆の声も漏れた。(土門哲雄、西川正志)

 「何度も何度も長きにわたって負担を掛けてきた。誠に心苦しい限りだが、今一度協力をお願いしたい」
 飲食店への対応を発表した小池知事はこう話し、理解を求めた。都は昨年10月25日から約3カ月をへて、飲食店に時短を求めることになる。
 「感染を止める。社会は止めない」と繰り返してきた小池知事。この日は「感染経路は『家庭内』と並んで『会食』が多い」と指摘。人と人との接触を減らすために、時短要請は必要な措置だと訴えた。
 都は、国の「ワクチン・検査パッケージ」とは別に、認証店で5人以上が入店する会食の際、ワクチン接種歴をスマートフォンで証明する制度「TOKYOワクション」の活用を呼び掛けてきた。だが、新規感染者が過去最多の7377人となった19日も、ワクチンを2回接種した人への「ブレークスルー感染」は半数近くを占めている。
 このため、ワクションの活用を一時停止。今後は5人以上の会食の際は、客にあらかじめ、検査をしてもらい、店側は入店時に全員の陰性を確認することが求められる。検査結果の有効期限は、PCR検査なら3日、抗原検査なら1日だ。
 飲食店への厳しい措置について問われた小池知事は「全員が陰性であるという証明ができれば(5人以上の会食も)『よし』として、配慮した」と説明した。

◆「仕方ない」「多少効果」…飲食店は再び苦境に
 多くの飲食店がひしめく東京・新橋でバー「瑞藻みづも」を営む渡辺みづほさんは「(時短要請は)仕方ない。諦めの気持ち」と肩を落とす。二次会で利用する客が大半で、かき入れ時は夜9時以降なのに、それまでに店を閉めなければならず、「生*状態。つらい」。小池百合子知事の「感染は止める。社会は止めない」との発言に「言っていることと現状は違う。オミクロン株の感染力の強さは感染拡大前から指摘されていた。水際対策が甘かったんじゃないか」と憤る。
 居酒屋「ラッキー屋」の店長隋金龍ずいきんりゅうさん(33)は「(重点措置で)経済活動は鈍るが、これだけ感染拡大すると仕方ない」と話す。酒類の提供の有無など飲食店側がとる対策方法で協力金に差があることで「提供しないと言って裏でこっそり提供する店だってあるはず」と指摘。「客は酒を提供する店に流れてしまう。統一するべきだ」と話す。
 一方、居酒屋「橙だいだい」の店主麻生大輔さん(56)は「酒の提供禁止は休業に等しい。対策の選択肢があるのはいいことだし、経済も少しは回るはず」と話す。ただ、重点措置が感染拡大の歯止めになるかについては「多少効果がある程度では。やらないよりはやった方がいいと思うが…」と懐疑的だった。

東京新聞 2022年1月20日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/155201


【【深刻】AA!!危機感wwww飲食店にwwww時短要請 wwww!!】の続きを読む


画像は引用しております

仕事もしない、金だけは頂く。こんな美味しい仕事は東京都議会にしかない。雲がけれを決め込み知らんふり。オカシナ国のオカシナ都議会のオカシナ議員が日本にいるのだ。オカシナ都民は許しているのが理解不能。こんないい国はない。金をふんだくるどこかの国と何も変わらないわ。都知事さんもお困りの様。

【【ぼったくり】 こんな議員がAAAA!金だけはAAAA!!】の続きを読む


不要不急の行動は控えろ~だって。守る者もいれば、守らない者もいる。守りたくても仕方がない人もいる。みんな同じようにはならないのが世の常だね。小池さんちがう?小池さんはシルバーウイークは何するの~。

1 ひよこ ★ [TW] :2021/09/19(日) 08:48:11.95

https://hochi.news/articles/20210919-OHT1T51016.html
2021年9月19日 6時34分スポーツ報知


(出典 hochi.news)

東京都の小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事が18日、自身のツイッターを更新した。

 小池氏は、この日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数などを発表する資料をアップした。

 その上で小池氏は「1都3県で連携してシルバーウィークの共同メッセージを発信。旅行やレジャーなど不要不急の外出自粛、都県境を越える移動は極力控えて下さい」と呼びかけた。

 さらに「『気を緩めずみんなの力を結集』をキーワードに、皆さんとともに全力で取り組んで参りましょう」とツイートしていた。


【【今更】 どこへも行くなAAAAAA!都知事に従えかああああ!】の続きを読む


「医療提供体制は深刻な機能不全」「自分の身は自分で」東京都の会見で語られたコロナの現実
…とりわけ重症化リスクの高い中高年層の対策意識を引き上げるよう訴えている。 小池都知事、ワクチンパスポートも示唆頼みの綱となっているワクチン接種は、8月19日の段階…
(出典:BUSINESS INSIDER JAPAN)


小池都知事「医療提供体制は深刻な機能不全」「自分の身は自分で」東京都の会見で語られたコロナの現実。小池氏「今以上に重要な時期はない」。専門家は「災害時と同様」。小池氏、ワクチンパスポートも示唆する。いよいよ出してきたね。都民はどう動きますか。不満もうっ積しているようですが。まさか、都民を切り捨て、この期に及んで総裁選には出るまい。

【【都知事のお手並み拝見】 ワクチンパスポート、いよいよ出してきた】の続きを読む

このページのトップヘ