#邦人救出


朝鮮半島に有事が起きた場合、紛争には介入しないが、邦人救出は当然のことであろう。


1 (シンガポール) [US] :2022/02/02(水) 12:01:37.36


「有事の際、韓国に居住する日本人滞在者に危険が及んだ場合、自衛隊が朝鮮半島に進出しようとした際どうするのか」

「日本が韓国と協議し、必要性が認められれば入国を許可する」

これは2015年10月、ファン・ギョアン(黄教安)韓国首相(当時)が国会対政府質疑で明らかにした内容だ。黄首相は「基本的には認めない」としたが、「やむを得ない場合、韓国の立場上、同意があれば可能とする」という発言は当時大きな議論になった。

《トップ画像(画像提供:wowkorea)》

(出典 www.wowkorea.jp)


最近、日本が北朝鮮のミサイル発射に対応して、敵基地への攻撃能力の保有を本格的に推進する方針を明らかにし、日本の防衛政策の大転換を予告した。このような流れは安倍晋三前内閣当時から推進されてきたものだが、最近の国際情勢の変化にともなってさらに加速している。
日米首脳会談で日本の敵基地への攻撃能力の保有に関する議論が行われ、米国が日本の防衛力強化推進を目的に歓迎の意思を明らかにしたことは、北朝鮮の軍事的緊張が高まったことを契機に事実上「専守防衛」の原則を放棄しようとする日本と、同盟を通じた中国への牽制を目標とする米国の利害関係が合致した結果だ。

過去に日本と「悪縁」を結んだ韓国としては複雑な立場に置かれる。同時に日本と韓国は、米国と軍事同盟を結んでいる。

日韓は同盟ではないが、米国を媒介に北朝鮮に対する対応については3か国間での協力を約束している。北朝鮮の挑発が高まれば高まるほど、米日韓軍事協力の強度が高まる理由だ。

想像もしたくないことだが、朝鮮半島での有事の際にはどうか。外交安保研究所日本研究センターのユン・ソクジョン研究教授はこのような仮定に基づき、日米同盟の枠組みで日本がどのような役割を果たすのかを分析した。
これによると、冷戦当時、日本の役割は在日米軍に対する基地提供にとどまったが、脱冷戦期には自衛隊が後方地域への支援、集団的自衛権を行使するようになり、地域同盟化がなされた。

このような日米同盟は、中国の軍事大国への浮上や北朝鮮の核兵器開発など、時代の流れによって法制化されていった。

特に2012年12月の第2次安倍内閣の発足後、こうした流れはさらに加速化したが、2014年7月には閣議決定を経て後方地域支援の地理的範囲を拡大し、武力行使のための新三要件を提示し、集団的自衛権を行使するという立場を明らかにした。

2015年4月に日米防衛協力指針が改正され、朝鮮半島有事についての部分は2015年9月に重要影響事態法と事態対処法により整備された。

状況別に各法が適用される段階を詳しく見ると、米軍が特定地域の紛争に介入したが、まだ日本本土に対する武力攻撃が発生していない段階なら、日本政府は重要影響事態なのか存立危機事態なのかを判断しなければならない。

もしもこの場合が重要な影響事態と判断すれば、「現在戦闘行為が展開されていない現場」ではない場所での補給、輸送、修理・整備、医療などの対米支援を自衛隊が行う。

(>2以降へ)

朝鮮半島で戦争が起こったら…日本の自衛隊出動あるか=韓国報道
https://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2022/0202/10333703.html
2022/02/02 09:32 wowkorea


【【介入せず】AA!!邦人救出のみWWWW軍事的には有り得ないww!!】の続きを読む


岸防衛大臣は23日記者団に、「各国は自らの軍用機で自国民や現地職員を退避させている。人道的な観点から、自衛隊がこうした方々を退避させることは重要な責務だ」と強調した。ただ、対象の邦人や大使館などの現地職員らは、自力で空港までたどり着かなければならず、危機下の邦人保護の難しさが浮き彫りになっている。そうなんですね。法律の制限もあり、相手国の状況や条件もあるでしょうから難しい課題ですね。

【【朗報】 対象邦人らを退避、重要責務・自衛隊輸送機】の続きを読む

このページのトップヘ