記事・画像は引用しております

深夜のJR作業車、ブレーキ利かず走行時速80キロ近く。7日深夜、保線作業用の車両がブレーキが利かない状態で走行し、約7キロ先の平坦路で停止したことが分かった。JRによると急な下り坂の前の踏切で減速しようとしたところ作業車のブレーキが利かないことが判明。いくつかの駅を通過しへ平たんな場所で停止した。車両には運転士と作業員が乗っていたが、いずれも無事であった。作業車の乗員にも周りにも人災がなくて良かったですね。十分に気をつけてください。

【【驚愕】AA!!深夜wwJR作業車暴走wwブレーキ利かずww!!】の続きを読む