#財務省


を改編改称して発足した。金融行政は、内閣府の外局として新設された金融庁に全面的に移管された。 財務省が編著者となる白書はない。定期刊行の広報誌には月刊の「ファイナンス」がある。大臣官房文書課が編集発行をつかさどり、日経印刷が販売元となっている。2010年3月号までは、大蔵財務
51キロバイト (6,886 語) - 2022年11月7日 (月) 01:37
記事・画像は引用しております

消費税を下げようとしない財務省。国民が困窮化で疲弊しても消費税を下げない。財務省は国民の事は考えていない。自分たち財務省の保身のみ。利権が渦巻く財務省の闇。国民の意識を変えなければ、いつまでたっても変わることがない。真剣に未来を見据えて正しい国会議員を選ばないと財務省はのさばるだけ。まずは解体が第一。


1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/11/07(月) 23:09:17.282 ID:TAaAl3Y7M.net
か?

【【解体】AA!!何が何でもww財務省ww国民意識と選挙ww!!】の続きを読む


電気自動車 (EVからのリダイレクト)
動機(電気モーター)で走行する自動車である。略称は一般的にEV(Electric Vehicle)が用いられる。化石燃料を燃焼させる内燃機関(内燃エンジン)を持たない事から、走行時に二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物が出ないゼロエミッションである。 電気モーターを動力源とする電気自動車は、車載電池…
111キロバイト (15,213 語) - 2022年10月31日 (月) 06:10
記事・画像は引用しております

さあ、盗られるぞ!政府・EV車の自動車税の見直しという。走行距離に応じた課税だそうだが、盗れるものなら何でも盗る。反対しなければ盗られる。反対しても盗られるかもだが・・・・自公政権は無能で狂っている。もう、選挙でしか審判できない。消費税は廃止しろ!


1 Stargazer ★ :2022/11/01(火) 21:28:31.26ID:m9CNS79J9
政府の税制調査会(首相の諮問機関)は26日の総会で、電気自動車(EV)の本格普及を見据えた自動車税制の見直しに着手した。燃費性能の向上などでガソリン税の減収が続く。道路の維持費を賄う代替財源の確保に向け、走行距離に応じた課税などを検討する。

財務省は2023年度の税制改正で、将来に向けた課題として走行距離に応じた課税の検討を深めたい考えだ。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO65478590W2A021C2EP0000/

【【走行距離課税】AA!!盗られるww導入を検討ww税制調査会ww!!】の続きを読む



高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。例えば、今まで1ドル120だったが、1ドル110になった場合には高になっている。(これは1の価値が1/120ドルから11/100ドルにまで上がったということである。)つまり、より少額の「
73キロバイト (12,519 語) - 2022年9月16日 (金) 22:36
記事・画像は引用しております

32年ぶりの円安に鈴木財務相は、過度の変動には適切に対応するという。まあ、適切に対応できるかどうかだが、財務省は国民に噓をつき騙し続ける省だから信頼はしていない。大きな変動がなければ円安推移でもいいのでは。それより物価高騰が心配。

【【円安】AA!!大きなww変動なければwwそれより物価だww!!】の続きを読む


消費税法(しょうひぜいほう)は、消費税(付加価値、VAT)について定めた日本の法律(昭和63年法律第108号)。資産の譲渡等に対する税金について定められている。目的ではなく普通である。所管官庁は、財務省(制度の企画立案は、主税局、執行は国税庁)。 「消費税
79キロバイト (11,876 語) - 2022年6月1日 (水) 20:07
勉強しなおせ岸田君。消費税を下げると買い控えが起こると!何言っているのか、国民を舐めきり財務省に寄り添う国民イジメ。こんな自民党にまた投票するお馬鹿さん。息をするよに噓をつく。自民党、今だけカネだけ自分だけ。


1 それでも動く名無し :2022/06/21(火) 09:44:12
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1450006838422827008/pu/vid/640x360/GbBZa9wiERxASyT1.mp4
日本記者クラブ主催 #党首討論 の前に、前回討論での志位委員長質問への岸田首相の苦しすぎる回答を。
消費税下げると買い控えが起こるって何
#比例は日本共産党

【【財務省の】AA!!消費税ww下げたらww“買い控え”wwワンワンww!!】の続きを読む


なお、用途に応じた戦車として指揮戦車、駆逐戦車、火炎放射戦車、対空戦車、架橋戦車、回収戦車、地雷処理戦車、空挺戦車などが存在した。これらの殆どは、既存の戦車の車体や走行装置を流用して製作された。 第1世代主力戦車は西側ではセンチュリオン、M26を発展させたM46パットンが登場した。前述したようにこれらの戦車
136キロバイト (22,257 語) - 2022年5月1日 (日) 15:39
ロシア軍の戦車が相次いで破壊されたことをきっかけに、自衛隊の戦車の存在意義が問われ始めた。当然のこと、戦えない戦車などは論外で、コスパも重要。戦車に取って代わるものがあるのか。AI・ドローン・サイバー戦・情報戦など。


1 powder snow ★ :2022/05/25(水) 10:18:29.29

運営上の禁止ワードが含まれているため、削除しました


【【国防】AA!!次々破壊wwww戦車はコスパ悪いww防衛省WW!!】の続きを読む

このページのトップヘ