#詐欺罪


持続化給付金詐欺(じぞくかきゅうふきんさぎ)は、2020年(令和2年)を中心に新型コロナウイルスの経済対策の一環として支給された持続化給付金の不正受給を目的として、全国で発生した大規模な詐欺事件。現役の税務署職員やアルバイト感覚で加担した大学生なども逮捕され社会問題した。 2020年(令和2年)9月28日
5キロバイト (859 語) - 2022年4月15日 (金) 18:45
相次ぐ、不正受給の持続化給付金の返金申し出が2万件超という。この数に驚く。いかに不正受給者が多いかということだ。これは詐欺罪である。不正をしてまでほしかったのだな。



1 ぐれ ★ :2022/06/03(金) 08:47:39.31

※2022/6/2 22:25

持続化給付金は新型コロナ禍で打撃を受けた中小企業や個人事業主らを早期救済するため「性善説」に基づいた手続きの簡便化・短期化を重視した制度で不正受給が横行した。

制度を所管する中小企業庁によると、これまで約424万件で、計約5・5兆円が支給されたが、不正認定(5月26日時点)は個人と法人の1218件で、総額は約12億2600万円に上るという。

チェックの甘さを背景に、組織的に手数料や全額をだまし取るケースが目立つ。警視庁に詐欺容疑で逮捕された東京国税局職員ら7人も、申請の名義人となった若者らと無料通信アプリ「LINE(ライン)」でグループを組み、不正受給の方法を指南していた。


こうした中、全国の警察も摘発を強化。5月30日には、警視庁捜査2課が9億円超の持続化給付金を詐取したとみられる三重県の家族3人の逮捕に踏み切った。

ただ、指南役に加え、名義を貸した方なども罪に問われる恐れがある。今回、名義人となった当時17歳の高校生だった男(19)も詐欺容疑で書類送検された。相次ぐ摘発に、名義人が申告して捜査の端緒となるケースも増えている。

続きは↓
産経ニュース: 持続化給付金 相次ぐ摘発…返金申し出2万件超.
https://www.sankei.com/article/20220602-PEJ6VLLPBRI25C2OHKOKOMW6VY/
※前スレ
【持続化給付金】相次ぐ摘発…返金申し出2万件超 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654209025/

★1 2022/06/03(金) 07:30:25.47


【【罪を認め!】AA!!返金をwwww申し出2万件超ww相次ぐ摘発ww!!】の続きを読む


画像は引用しております

学校法人「森友学園」の前理事長の妻・籠池諄子氏(64)が、大阪5区に無所属で出馬すると表明した。現在、詐欺罪などで1審・有罪判決を受け、控訴中。まだ、森友学園の問題で不満があるという事なので出馬⁇選挙でどう訴えアピールしていくのか納得できるのか。

【【控訴中】 不満があるわWWWW!!妻、出馬だAAAA!!】の続きを読む


小室圭氏の母親佳代さんが、詐欺罪で刑事告訴されました。また急に出た話なんですが、東京地方検察庁に告発状を提出されたという事です。また、受理されるかどうかというようですが、どうなるのでしょうか。次から次から出てくる問題に宮内庁は、今まで何をしていたのでしょう。

1 ◆ZATZYO/mSYbR 雑用縞工作 ★ :2021/10/08(金) 11:35:43.71

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚会見が10月26日に迫るなか、10月6日、小室さんの母・佳代さんが詐欺罪で刑事告発された。あるジャーナリストが東京地方検察庁に告発状を提出したのだ。

「告発状は、受け取りが拒否されることもありますが、今回は拒否されてはいないので、第一関門は突破しています。次の関門は受理されるかどうか。受理されれば、本格的な捜査が始まることになります。
眞子さまの“フィアンセ”の母親が捜査対象になれば、前代未聞の事態です」(全国紙記者)

(以下記事全文はソース元にてご確認下さい)

NEWSポストセブン 2021.10.08 11:00
https://www.news-postseven.com/archives/20211008_1697675.html


【【告訴】これまでかAAAAOO罪!⁉なぜ今ごろWWWW!!】の続きを読む


画像は引用しております

3年前カナダで逮捕されアメリカに詐欺罪で起訴された、中国の大手通信機器メーカー・ファーウエイの孟晩舟副会長について、アメリカ司法省は孟副会長が一部罪を認めるかわりに、中国への帰国を容認したと現地の複数のメディアが伝えた。今後は、中国で実刑判決を受けたカナダ人2人の開放につながる可能性があるとも伝えられているが。

【【判断】 帰国かAAAA!ファウエイ司法取引かああああ!】の続きを読む

このページのトップヘ