#葬儀


葬祭業 (葬儀からのリダイレクト)
都市部では全国チェーンの葬祭会館が「画一化された葬儀」を儀式として行う傾向があるが、主に地方部では「地元の葬儀屋さん」が「地元しきたりを重視した葬儀」を行う場合が多い。 年間死亡者数は漸増傾向にあるものの、従来型「一般葬」は減少傾向で、参列者数・葬儀日数・葬儀費用ともに少ない「家族葬」、「直葬」(葬儀
6キロバイト (873 語) - 2022年12月3日 (土) 14:26
記事・画像は引用しております

葬儀業界は、葬儀費用の価格低下志向が強まり、儀式をせずに火葬する、いわゆる直葬が主流になるという。確かに低価格志向はあると思うが、やはり費用は高いのは間違いない。自分は身内を多く亡くして経験しているから分かる。儀式は無くても弔いの心・気持ちがあればいいのかもしれない。あっても小さな家族葬。必要か不要かは段々と分かるだろう。




1 それでも動く名無し :2022/12/19(月) 06:06:35.60ID:ZeM8TINtM
日本は高齢化で死亡者は増えているが、葬儀業の市場規模は伸び悩んでいる。ジャーナリストの河合雅司さんは「葬儀費用の低価格志向が強まっている。宗教儀式を行わず火葬する『直葬』が主流になりつつあり、葬儀業界は大変化をむかえている」という――…


だから死亡者は増えているのに、市場は伸びていない…葬儀業界を直撃する「葬式は不要」という大変化
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5ff11f12ec3a64095d8750f29e82e3e5381e65a

【【お葬式】AA!!直葬AAAA葬儀業界を直撃するAAAA!!!!】の続きを読む



エリザベス2世(エリザベスにせい、Elizabeth the Second、1926年4月21日 - 2022年9月8日)は、イギリスのウィンザー朝第4代女王(在位: 1952年2月6日 - 2022年9月8日 )、その他14か国の英連邦王国及び王室属領・海外領土の君主。イングランド国教会の首長(
161キロバイト (19,429 語) - 2022年9月9日 (金) 22:50
記事・画像は引用しております

バイデン大統領がイギリス王室のエリザベス女王の葬儀に出席する意向を示した。一方、新国王チャールズ3世は、まだ、話は聞いていないと述べた。まあ、バイデンさん失礼のないように。

【【出席の意向】AA!!バイデンww女王葬儀ww新国王はww!!】の続きを読む

このページのトップヘ