#若者たち


一定期間、家賃相当額の支給 家計相談支援事業 - 家計状況の「見える」、支援計画の作成、貸し付けの斡旋等 生活困窮世帯の子どもの学習支援 - 子どもと保護者の双方に必要な支援 生活困窮者自立支援法においては、生活困窮者の定義について、同法第二条により『現に経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある者をいう。』と定めている。…
3キロバイト (439 語) - 2023年7月27日 (木) 05:35

(出典 toyokeizai.net)



(出典 knkinfo.com)



(出典 news.kodansha.co.jp)
記事・画像は引用しております

貧困化する若者たちの生活が苦しい。精神的にも辛く、生きていくにも辛く、実家にも帰れず複雑な問題もあり厳しい状況にあるという。

1 バイト歴50年 ★ :2023/12/22(金) 06:54:40.37 ID:r9LzVEwM9
「クリスマスや年末年始は街中で幸せそうな家族の姿が目に入り、精神的に辛くなる若者がいる。さらに、年末年始は相談機関も閉じるので所持金が数百円という本当に困窮した状態で過ごすことを余儀なくされる若者も少なくない」

 D×Pでは13歳から25歳の若者に対し、ラインによるチャット相談のほか、食料や現金による支援を実施。年末年始を控え、今年は特に相談件数が多いという。

 今井氏は「相談者の中には親に頼れない子ども、ネグレクトや虐待を受けていたり、親からの生活費の支援なしで一人暮らしをしている方も。月に9万~10万円稼ぎ、その中から精神疾患で苦しむ親に仕送りをしながら学生生活を送っている人もいる」と実情を語った。

D×Pによる食糧支援は去年の1.8倍に。支援を希望する若者へのアンケートでは、半数近くが週に何も食べない日があると答えたという。

「長く続いたコロナ禍、そして現在の物価高の影響も大きい。体調が悪い時などに何かを買って食べたくてもコンビニも高すぎて何も食べずに過ごしていた17歳、電気代節約のためになるべくエアコンを使わない方、食品の内容量が減ったため一度に食べる量を減らしている方もいた」

 中には電気やガスが止められたまま年越しを迎える人もいると話す今井氏。困窮する若者が学業や仕事を続けるためにも、そんな状況から抜け出すための支援が必要だと訴える。

「衣食住が整わないと、なかなか前向きに次のステップに行けない。私自身も困窮し食べられなかった時期は精神的にも苦しかった。そんな時に頼れる方もいないと本当に辛い。誰かと一緒に衣食住を整え、安定してもらうことではじめて次のことを考えられる」


https://news.yahoo.co.jp/articles/784ae5a56d59a192fed4ee7a071332da67955f1c

【【深刻】AA!!若者たちAAAA貧困の中でAAAA!!!!】の続きを読む


は国民の政治参加と自由な活動に価値をおく政治体制であり、社会における多様な利害関係や価値観の対立を政治の場で解決することを重視する。独裁制と対比されることもあり、現代では世界的に重要視されている政治理念でもある。国民が直接的に政治参加する直接民主制と代議員を国民から選出して政治に間接的に参加
57キロバイト (9,551 語) - 2022年11月21日 (月) 15:00
記事・画像は引用しております

若者の皆さんの政治への参加・関与・意識に期待しています。現職議員は老害とは言わないが、ほとんどが「今だけカネだけ自分だけ」の政治家・国会議員たち。国益を守るマトモナ議員は恥ずかしながら僅かという現実。もう、任せておけない国政を。若い有能な知識とエネルギーで国を変えよう。支持・応援は惜しまない


1 風吹けば名無し :2022/11/30(水) 05:27:16.48 ID:jxgeeWYS0.net
お隣の韓国では
小学生が「独島は我が領土」を歌ったり
中高生が「大統領辞めろ!」デモに参加してんじゃん

日本の若者はまともな青春してるし
すげー健全じゃん

【【意識を】AA!!若者がAAAA政治をAAAA変えるAA!!!!】の続きを読む


優先席(ゆうせんせき、英語: Priority seats)とは、鉄道・バスなどの公共交通機関に設置される、特定の属性の乗客を対象とした、着席を優先する座席である。一般には交通弱者(高齢者、障害者、傷病者、妊婦、ベビーカー含む乳幼児連れなど)を対象とした福祉的目的で設置されるものを指すが、中には宗教的戒律に基づくものもある。
36キロバイト (5,014 語) - 2022年8月22日 (月) 13:53
優先席を譲る若者たちが減少しているという。もちろん、若者の皆さんの中にも、当然のように譲ってくれる人もいるのですが、関心が薄くなっているのだろうか。ただ、譲っても断る人がいるのは確かのようですね。



1 それでも動く名無し :2022/09/02(金) 17:02:52.30ID:fi9QP9yd0
優先席「譲るべき」3年で17%減少 譲って断られた人は9%増加

公共交通機関の優先席では席を譲るべきか、という問いに「はい(譲るべき)」と答えた人は75.9%でした。

前回の調査と比べると、「はい(席を譲るべき)」と答えた人は17.1%減少した一方、「どちらともいえない」と答えた人は9.5%増加しています。



(出典 i.imgur.com)

【【急増】AA!!優先席ww譲らないww若者もww断る人もww!!】の続きを読む


暴動鎮圧(ぼうどうちんあつ Riot control)とは、暴動やデモ活動を行なっている群衆を、強制的に鎮圧・制圧もしくは解散させることである。 警察をはじめとする法執行機関のみならず、大規模な暴動・デモの場合は、準軍事組織や軍隊も鎮圧に投入されることがある。警備・鎮圧部隊は群集に対抗するため集団
3キロバイト (256 語) - 2022年1月11日 (火) 22:04


今だに真実が見えない。どちらも真実語らず。ただ、便乗者が居る気がしてならない。

1 BFU ★ :2022/01/30(日) 07:40:47.29

「警官に、警棒でいきなり右側から殴られた」

 27日未明、沖縄県沖縄市内でバイクに乗っていた17歳の高校生が右眼球に大けがを負う事故が発生。当初、少年の単独事故と報じられていたが、その後、警察と少年による接触事故に変わり、少年自身は警察から暴行を受けたと証言。事実が二転三転していった。

「少年は救急隊にも『暴行を受けた』と話しており、少年と警察の言い分が食い違っていました。右目から血が流れる少年が救急搬送される動画などがSNSで拡散されることで、野次馬も含め400~500人ほどの若者が警察署を取り囲む暴動騒ぎとなりました」(地元紙記者)

<早く謝れ!>

<隠蔽するな!>

 警察署に向かって怒号が飛び、盾を持った警察官が退去を呼びかける中、石などが投げ込まれた。その様子が動画で拡散されることでさらに多くの若者が集まってきたという

少年の手術をした医師からは、眼球の形を残す努力はしたものの、視力は元に戻らないと伝えられたという。警察からの話し合いの提案は受けているものの、少年への謝罪は未だないとのこと。

続きはソースで
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/300653/2


【【真実いまだに】AA!!何がwwwwwどうなったのか警察か若者かww!!】の続きを読む


大韓民国 (韓国政府からのリダイレクト)
就職難のため、優秀な若者は韓国国内の経済状況に関わらず海外への脱出を目指す傾向が強いが、経済的苦境のためにますます国を離れて米国や日本の企業に就職する若者が多くなっており、頭脳流出が懸念されている。 2007年ごろには、韓国
307キロバイト (43,847 語) - 2022年1月16日 (日) 15:37


韓国の就職難は深刻のよう。大統領選挙で大統領が変わっても何も良くならない、約束したのにも拘わらず。次の大統領も同じだろうと。
学生は「日本に住みたい、暮らしたい」という、と韓国大学助教授・平井敏晴氏は述べた。日本に来て日本に溶け込み仲良くするならまだしも、反日運動を繰り返す在日韓国人なら来るなと言いたい。韓国の若者が自国で安心して暮らせる国造りにかかっているのだ。

1 昆虫図鑑 ★ :2022/01/28(金) 12:00:45.76

延々と続く「椅子取りゲーム」のような就職活動

韓国ではいつになったら、若者が就職しやすくなるのだろうか。

 大統領選挙まで残すところあと一月半になったいま、心底そう思っている。どの候補者も若者の就職難に言及して、それを改善すると話している。だが5年前の大統領選挙でも同じ話を聞いたではないか。

 その点からみれば、韓国政府はこれまで全く成果を挙げられなかった。この数年、20代の雇用率は50%後半を推移したままだ。あくまでも個人的な意見ではあるが、完全な失敗である。そして何よりも不幸なのは、一向に改善されない就職事情に、若者が疲れ切っていることである。

 韓国の就職活動は、延々と続く「椅子取りゲーム」のようになってしまった。

就職活動では、企業が決めた定員以上に希望者がいる場合、当然のことながら椅子取りゲームになる。だが、それはあくまでも特定の企業が自社にふさわしい社員を選抜する段階での話だ。

私がここで言う「椅子取りゲーム」とは、そうした通常の意味ではない。少ない就職口に多くの若者が溢れるように押しかけ、我先にと入り込もうとする。韓国ではその状態が延々と続くのだ。

(略)

つまり問題は、就職口が増えない点にある。そのなかで、若者の競争心がひたすら煽られているのだ。私が「椅子取りゲーム」といったのは、そういう意味だ。

 高校生までは受験競争の渦中に置かれ、大学に入った途端に、「就業能力」の有無が測られる。それなのに将来が一向に見えてこない。

 就職競争が厳しいがゆえに焦って就職したものの、会社とのミスマッチで1年以内に会社を辞めてしまうケースも少なくない。そのなかには職場で嫌な思いをしたためにしばらく息抜きをする「求職放棄者」と呼ばれる人もいて、現在はその数が63万人にのぼるという。

こうした現実に、学生の心は疲弊してしまう。韓国に疲れてしまうのだ。

 だから、多くの学生が外国を目指す。私も、教え子たちから「日本に住んでみたいです」とよく言われる。私が日本人だからそう言うのかもしれないが、今の日本が彼女たちの期待に応えられるのか、そんなに未来が輝いて見える国なのかは、微妙なところだ。そんなことを学生に意地悪に話すと、「私たちは日本で暮らしたいんです!」と、私に言い諭すような言葉が返ってくる。それを聞くと、日本での暮らしだって苦労が多いのだから、彼女たちが失望しなければ良いのだがと、いつも思ってしまうのだ。

 3月に控えた韓国大統領選挙では、若者の投票動向が当落に大きく左右すると言われている。“彼らの未来”が選挙戦の大きなテーマの1つになるだろう。2月初めの旧正月ではどうやら政策討論会もあるようだ。

 果たしてその中で、「椅子取りゲーム」社会を終わらせるためのビジョンが打ち出されるのだろうか。若者が安心して暮らせる国造りは、そう簡単ではないであろう。

(平井 敏晴:韓国・漢陽女子大学助教授)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68635
前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1643330105/


【【深刻】AA!!ひたすら競争wwww疲れ果ててww脱出したいww!!】の続きを読む

このページのトップヘ