#芸術


フェミニズム(はんフェミニズム)またはアンチ・フェミニズム(英: antifeminism)は、フェミニズムに反対する思想や運動のこと。反フェミニズム論者のことを、アンチ・フェミニストという。マスキュリズム、バックラッシュ、反ジェンダーフリーと呼ぶこともある。「ポストフェミニ
14キロバイト (1,808 語) - 2022年3月26日 (土) 04:16
宝塚市の裸婦像「愛の手」に難くせをつけ撤去しろと騒ぐ、フェミニストやジェンダーたち。芸術をも否定する輩たち。こんな一部の偏見者たちに負けてはダメだ。芸術までも失ってしまう社会。不快と騒ぐなら、あなたたちが騒ぐことが不快である。


【【芸術の敵!】AA!!破壊するwwフェミwwこの彫刻ww撤去しろww!!】の続きを読む


パフォーマンス(Performance) ショー(見世物)のこと。 プレゼンテーション(聴衆に対して情報を提示)のこと。 楽曲を演奏すること。 演劇、コントを上演すること。 ダンスを披露することなど。 映画を上映すること。 パフォーマンスアート - 芸術家自身の身体が作品の構成物である芸術。 性能
3キロバイト (444 語) - 2022年4月12日 (火) 02:09
体を赤いひもで縛られた5人の女性が、建物の壁に縛り付けるパフォーマンスが。いくらアートでもこれは危険を伴う。いくら表現の自由があるとはいえ。


1 ポンコツ ★ :2022/05/10(火) 08:44:53.47

ロープアーティストとして活動するハジメ・キノコ氏によって建物全体が縦横無尽に赤紐で“緊縛”されたインスタレーション作品が、5月8日まで東京・原宿のアートスペース「スタンドバイ」で公開された。

そんななか7日には、建物同様に体を赤紐で縛られた5人の女性が、建物外壁に縛り付けられるパフォーマンスが行われた。

ハジメ氏は同日に、Twitterを更新。外壁に吊るされるように縛り付けられた女性たちと、それをひと目見ようと集まった群衆を映した動画を添付し、次のようにツイートした。

《原宿のキャットストリートの野外で、人を5人も吊りました。ポジティブな観覧者様達に囲まれ、感無量です》

建物や人の体を縄や紐できつく縛る「緊縛」をアートとして表現したハジメ氏に、《かっこよすぎ》《本当にアートだよね》といった賛辞が。

しかし、動画には屋上近くの高さまで吊るされた女性も映っており、Twitter上では安全管理を問題視する声が上がっている。

《表現は自由だけど、安全管理は徹底して欲しいと常々思うのです。 事故は芸術に含まれないぞと。 万が一には備えて欲しい》
《例の緊縛アートの件は騒ぎ立てて言うつもりはないけど、普通に安全面は大丈夫なの?とは思いましたよね…。マットとか床に敷いてるわけでもなさそうだしなんでGOサイン出たのか不思議》
《あの高さ、5人同時、そして同好の士だけじゃなくてギャラリーの中にどんな人がまぎれてるかわからないこと、という点で危険すぎると思う 緊縛は信頼関係で…とか言ってる人もいるけど、外の世界に出てしまってる以上、そういう範囲を超えている》

加えて、女性たちを外壁に縛り付ける作業を映した動画や画像も拡散されている。それらには、女性や作業スタッフもヘルメットやハーネスといった安全保護具の装着は確認できなかった。

果たして、安全管理面はどのように対策がとられていたのだろうか? そこで本誌は、アートスペース「スタンドバイ」を運営する「en one tokyo」に電話で取材を申し込んだ。しかし、「担当者が不在」との理由で、安全管理対策について話を聞くことはできなかった。

「スタンドバイ」によると、本誌取材に対して「折り返します」とのことだったが、安全管理についての説明はなされるのだろうか。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9f8a3e835e54cd1d6700e5f4e615f88cb1f943f


【【危険すぎる】AA!!5ヤバイww人を吊るすwwこれがアートww!!】の続きを読む


さすが石原慎太郎さん、遺言にあるように、「我が骨は海に散らせ」と。海好きな海の男の言葉にグッと来ますね。
『海の男 海に帰る』裕次郎さんと二人仲良く海で棲むことでしょう。


1 七波羅探題 ★ :2022/02/02(水) 14:22:04.54

東京都知事を13年半務め、タカ派政治家の代表格として知られた元衆院議員で作家の石原慎太郎(いしはら・しんたろう)さんが1日午前、東京・田園調布(大田区)の自宅で死去した。89歳だった。膵臓がんを昨年10月に再発していた。神戸市出身。葬儀・告別式は家族のみで行い、後日お別れの会を開く。

「死後にあるものはやはり虚無でしかあるまい」。2度の脳梗塞や膵臓がんを患い、闘病生活を送っていた石原さんは晩年、死生観に関する発言が多かった。

2013年に軽い脳梗塞を発症した石原さんは翌年、神奈川・逗子の邸宅を売却。書斎や倉庫にあった約3200冊の本を整理し、地元の逗子市立図書館に寄贈。その“終活”ぶりが話題になった。

芥川賞を受賞した「太陽の季節」の初版や弟・裕次郎さんとのヨット上での写真、そして大江健三郎氏や遠藤周作さん、開高健さんら同年代の作家から贈られた本など、マニア垂ぜんのコレクションで、「石原慎太郎文庫」として展示されている。

また14年に出版した「私の海」(幻冬舎)には“遺言”も記していた。

「ことさらに来世なるものを信じている訳でもないが、次に何に生れ変ってこの世に現われたいかといえば、いつか相模湾の外れの三つ石崎の沖合いの潮目で出会ったような巨きな離れ鯨になりたい気がしている」と鯨になって、自由気ままに世界中の大海原を泳ぐ姿を想像すると「心が弾む」と記していた。

そして、「葬式不要、戒名不要。我が骨は必ず海に散らせ」と遺言状に記したという。

東京スポーツ2022年02月02日 11時41分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3967826/


【【我が骨は海に】AA!!遺言状wwww葬式不要ww戒名不要ww!!!!】の続きを読む


俳優の船越英一郎(61)さんが、女優・歌手・アティストとしても活動する松下萌子(39)さんと真剣交際。前妻・松居一代さんとの泥沼離婚騒動から5年「もう、結婚はいいや」と周囲にこぼしていたが、結婚を決意したらしい。まだ、61歳まだまだ若いですよ。好きな相手ができ、仲良く暮らしていけるのならそれが一番ですよ。

1 muffin ★ :2022/01/04(火) 12:54:14.22

https://www.news-postseven.com/archives/20220104_1718015.html?DETAIL

俳優・船越英一郎(61才)が女優・歌手でアーティストとしても活動する松下萌子(39才)と真剣交際していることがわかった。前妻・松居一代(64才)との泥沼離婚騒動から5年、「もう結婚はいいや」と周囲にこぼしていた船越がついに再婚を決意したという。

サンタクロース柄のニットに、黒のロングスカート姿。スラリとした細身に黒髪、マスクをしていても目力が際立つ美女の左手の薬指には一粒ダイヤの指輪が輝いている。

昨年12月24日の夕方、女性はローストチキンやお酒を手に、愛犬のチワワを抱えて足取り軽く都内の高級マンションに入っていく。翌日も、大晦日も、お正月も彼女は勝手知ったる様子で同マンションへ――。

女性が通う部屋の住人は、“2時間ドラマの帝王”船越英一郎。あの離婚騒動から5年という長い年月を経て、船越はようやく穏やかな日々を手にしていたようだ。

女性は松下萌子。歌手、女優として活動する傍ら、現在はチョークアートが評価される新進気鋭のアーティストでもある。

「昨年夏前から萌子さんとの交際が始まったようです。お互いの年齢もありますし話し合いの末、再婚も決意した上での交際だと思いますよ。指輪もその証なのではないでしょうか。4~5年前は結婚はこりごりだと話していた彼ですが、その心を変化させるとは相当惚れ込んでいるんでしょうね」(松下の知人)

松下は1997年、14才のときに米倉涼子(46才)らを輩出した『全日本国民的美少女コンテスト』で「マルチメディア賞」を受賞した。Moeco名義でチョークアーティストとして活動を開始したのは2013年9月。

「チョークアートは、特殊な塗料を塗った黒板にチョークやクレパスで絵を描きます。近年、欧米を中心に芸術作品として評価されています」(アート関係者)

松下が単身、ニューヨークに渡ったのは10年前のこと。

「萌子さんはスパッと決断力のある人。もともと芸術方面に造詣が深く、自身も真剣にその道を学ぼうと20代最後の年に決意したそうです。語学を学びながらチョークアートの技術を磨いていました。国内はもちろん、アメリカや韓国、マレーシアなどでも作品を発表していて、世界中のコレクターから注目されるアーティストになりました」(前出・アート関係者)

ふたりが仲を深めたのは4年前。当時、船越が準レギュラーを務めていた『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)での共演がきっかけだった。

全文はソースをご覧ください


(出典 www.news-postseven.com)


(出典 www.news-postseven.com)


【【22歳年下】AA!!OOOOがwwと交際wwクリスマスも正月ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」は、人種差別的だから演じないと、ベルリン国立バレエ団が発表した。振付師の想像で作られたこれらの踊りは誇張されており、民族に関するステレオタイプ(多くの人に浸透している先入観・思い込み・偏見・差別など類型化された観念)を含むと判断。としている。これは芸術でしょう。芸術までもが差別、差別と騒がれて、いったい芸術はどこに追いやられるのでしょか。差別ではなく、芸術として区別されるものです。

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/12/16(木) 11:04:11.68

Dec 15 2021

https://d3vyoh8eiqw5uv.cloudfront.net/wp-content/uploads/2021/12/15115443/nutcra*er_ballet.jpg
IgorGolovniov / Shuttersto*.com

 チャイコフスキーの『くるみ割り人形』はクリスマスにちなんだ内容ということもあり、世界各地のバレエ団が12月公演を恒例としている。ところが、ベルリン国立バレエ団は先日、この『くるみ割り人形』を演じないと発表した。その理由は同作品が「人種差別的」だからというものだ。だが不適切と判断されたものは、抹消すればそれで済むのだろうか?


◆植民地主義の名残

 ベルリン国立バレエ団が『くるみ割り人形』を人種差別的だと判断した理由は、第2幕におけるアラビアの踊りと中国の踊りにある。バレエ『くるみ割り人形』の初演は1892年。台本と振り付けはマリウス・プティパとレフ・イワノフによるもので、ベルリン国立バレエ団ではこのオリジナルに極めて近い演出を採用してきた。

 だが渡航経験を持たない異国について振付師の想像で作られたこれらの踊りは、誇張されたステップや化粧を含んでおり、同バレエ団のディレクター代理を務めるクリスティアーネ・テオバルト氏は、「民族に関するステレオタイプを含む」と判断。現代においては「各要素に問題がないか見直す必要がある」と考えた。(フィガロ紙、12/1)

 テオバルト氏は同じ理由で、インドを舞台にした『ラ・バヤデール』にも問題があると考えている。また俗にジプシーと呼ばれるロマが登場する『ドン・キホーテ』については、「ロマ社会と連絡をとり、背景情報を適切に含むプログラムを作り直し」ている。(ディアパゾン、11/26)
https://newsphere.jp/culture/20211215-2/

▶︎次のページ BLM運動からバレエ界に広がったウォーク
https://newsphere.jp/culture/20211215-2/2/


【【芸術】 AA!!消えるwwwwくるみ割り人形wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ