#自由意志



ワクチン接種推進担当大臣(ワクチンせっしゅすいしんたんとうだいじん)は、日本の国務大臣で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を円滑に推進するために企画立案及び行政各部の所管する事務の調整を担当することを命じられた者の呼称。2021年1月18日に河野太郎行政改革担当大臣が口頭で指示された。2022…
11キロバイト (1,209 語) - 2023年2月8日 (水) 00:49
記事・画像は引用しております

ワクチン接種後の死亡や後遺症は、なぜ議論されずに隠されるのか。医師からは多くの事例報告があるのに。厚労省のデーター改ざんや利権の闇や疑惑が必ず窮地になり、責任問題になる気がしてならない。自分は2回目接種で副反応が酷くて、もう止めた。
打って死ぬなら打たないで死んだ方が自分に正直になれる。

【【解明せず】AA!!打ち続ける厚労省AAワクチン止めたAA!!】の続きを読む


神谷宗幣 (カテゴリ参政党))
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、「接種は任意なのに、なし崩し的に同調圧力がかかっているのおかしい」と主張。 新型コロナ対策のマスクの着用についても「マスクをつける自由もあればつけない自由もある」と述べている。一方で神谷自身「公衆衛生を無視しているわけでなく、僕も飛行機では着ける」とも述べた。 2009年に
22キロバイト (2,863 語) - 2022年10月22日 (土) 03:52
記事・画像は引用しております

急性脳症になり死亡したという。ワクチン接種をしなかったため亡くなって悔やまれる女の子・基礎疾患はなかった、という記事だが、本当にコロナが原因か疑われるが、そうであってもお気の毒だが、保護者の判断・個人意思の判断ではないだろうか。ワクチン接種をして亡くなる方もいらっしゃるわけだから判断は難しい。ただ、幼子に接種は反対だ。自分は2回目接種で副作用が出て、それ以来ワクチン接種は止めた。自分の判断で。だからどうなっても仕方がないと思っている。

1 神 ★ :2022/10/24(月) 08:12:49.78ID:bPPK16ls9
鹿児島の学会で発表 コロナで死亡する子ども どう防ぐ
10月21日 09時23分

新型コロナウイルスの第8波の感染拡大が懸念される中、子どもが重症化して死亡したケースが各地で報告されています。鹿児島でも、この夏、0歳と11歳の子ども2人が死亡する中、先日、鹿児島で行われた学会で、栃木県で治療にあたった医師が子どもが死亡するまでの詳しい経緯を明らかにしました。

(宇都宮局記者 平間一彰)

【“救命困難の症例を紹介します”】

10月に鹿児島市で開かれた全国の医師が集まる学会。多くの医師がショックを受けた発表がありました。新型コロナに感染した基礎疾患のない女の子の死亡例です。

発表したのは栃木県の大学病院の小児科医、若江惠三医師。救急搬送されてから亡くなるまでの詳しい経過を明らかにしました。

当直勤務だった若江医師のもとに入ってきた救急搬送の電話は、自宅療養中に激しいけいれんを起こした8歳の女の子についてのものでした。検査の結果、脳全体に見られたむくみ。「急性脳症」と診断されました。急性脳症は子どもがウイルス感染したときに起きる病気です。

ウイルスを排除しようと体の免疫機能が働きます。このとき免疫機能が過剰に働き、脳などに障害を与えるもので、確立された治療法はありません。

懸命の治療にもかかわらず、女の子は吐血などを繰り返し、午後9時すぎに亡くなりました。

女の子に基礎疾患はなく、自宅で具合が悪くなってからわずか24時間後のことでした。

(中略)

(両親のコメント)
「ワクチンを接種させなかったことを悔やんでいます。子どものワクチン接種を呼びかけてほしい」

子どものワクチン接種は現在5歳からできることになっていて、10月24日以降は生後6か月から受けられるようになる予定です。

現時点で大人にくらべて接種率は低く、背景には子どものワクチン接種への不安もあるものとみられます。ワクチンを接種するかしないかは個人の判断です。今後、第8波の感染拡大が懸念される中、1人ひとりが考えていくことが必要だと思います。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20221021/5050020869.html

2022/10/23(日) 18:38:10.02

※前スレ
基礎疾患なし8歳少女、コロナで急性脳症になり死亡 両親「ワクチンを接種させなかったことを悔やんでいます。子どものワクチン接種を」★4 [神★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1666537428/

【【保護者の判断】AA!!こどもにwwワクチンを接種ww後悔ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ