アメリカ・バイデン大統領は、テレビ番組で、台湾が中国に攻撃された場合、アメリカは防衛する責務があると発言し、台湾への関与を続ける姿勢を示した。それに対し、中国は内政であり、いかなる外部の干渉も認められないと反発した。いや、アメリカも日本も自由主義圏内は台湾を守らなければならない。これは重要なこと。

1 お断り ★ :2021/10/22(金) 23:59:28.28

アメリカのバイデン大統領はテレビ番組に出演し、台湾が中国に攻撃された場合、アメリカは防衛する責務があると発言し、台湾への関与を続ける姿勢を改めて示しました。

アメリカのバイデン大統領は21日、CNNテレビの番組に出演し、司会者や市民からの質問に答えました。
この中でバイデン大統領は「中国が台湾を攻撃した場合、アメリカは台湾を防衛するのか」と質問されたのに対し「そうだ、われわれはそうする責務がある」と答えました。

中国は反発「いかなる外部の干渉も認められない」
アメリカのバイデン大統領が、台湾が中国に攻撃された場合、アメリカは防衛する責務があると発言したことについて、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は、22日の記者会見で「台湾は中国の領土の不可分の一部だ。台湾問題はまさしく中国の内政であり、いかなる外部の干渉も認められない」と述べ、反発しました。

NHK 2021/10/22
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211022/k10013317861000.html

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634906662/


【【速報】 OOO責務!!バイデン大統領 !OO台湾OO!!防衛!!】の続きを読む