#自作


自宅で過ごす時間が増え、またコロナ禍で、若者世代は自分で「おせち料理」を作ることが高まっている。高いお金を出しておせち料理を頼むより、自分好みのおせち料理を作りたい思考が強いということでしょうね。それも日本食文化と言えるのでしょう。

1 BFU ★ :2021/12/28(火) 23:48:54.70

自宅で過ごす時間が増えたコロナ禍、若い世代のおせち作り熱が高まっている。インスタで、「#おせち料理」で検索すると、従来の重箱に詰められたものから、ワンプレートのものまで、さまざまなおせちが出てくる。

実際、紀文が毎年行っている正月の全国調査では、すでにコロナ前から、40~50代より20~30代のほうが正月を大切な伝統行事と位置づけ、おせち作りに熱心な傾向が出ていた。コロナ禍の2021年1月に行った「紀文・お正月全国調査2021」では、親族で集まった人が前年69.0%から42.2%へと大きく減少する中、全体の約7割がおせち料理を食べたと回答。そして帰省が難しくなったためか、「今年初めてまたは久々に用意した割合が、全世代で増加」した。

「市販品をすごくおいしいとは思っていないのに、1万円以上出すのは金額と見合わない。親が買うならまだしも、自分が買っておいしくなかったらつらいから、自分で作ろう、となるのではないでしょうか」とも推察する。

おせちに込められた縁起も好きだという。「『来年はもうちょっとお金にゆとりがほしいな』と思いながら、金運上昇の意味がこもるきんとんを作る。『子どもに勉強してほしいな』と思いながら、知恵を表す巻物の形をした伊達巻を作る。1つひとつの料理に込められた縁起を伝えながら教えるのも楽しいです」と話す。

一方山口氏は、「おせちなしの正月もありだと個人的には思いますが、1年に1回しか食べないものだし、そこぐらいはちゃんとしたい。クリスマスには興味がない私も、大みそかやお正月の静かな雰囲気が好き」と話す。

「同世代で民芸や伝統文化に興味を持っている人は多いです。洋風文化の中で育って、そういうものに飽きたという感覚が私自身にもあります。また、子どもが生まれると、日本文化の中にどう生きるか伝えたい、と考える人も多いのではないでしょうか」。自身も去年、今井氏のおせちは、家族に送るなどして喜ばれたそうだ

抜粋、全文はソースにて
https://toyokeizai.net/articles/amp/479245?page=2


【【おせち料理】AA!!作り始めたwwww理由wwww!!!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

落語家の立川らく朝さんが67歳で亡くなりました。師匠の立川志らくさんは「師匠より先に逝くやつがあるか」と追悼の言葉を。
67歳ならまだ若いです。やりたいことが沢山あった筈。悔しい気持ちだったに違いありません。ご冥福をお祈りいたします

【【訃報】AA!!落語家wwww立川らく朝ww逝くww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ