#総務省



投票率が低いと、組織票依りの勢力が有利になる。 日本国外では組織的なボイコットにより投票率を下げて選挙自体の権威を下げる戦術も行われている。日本の公的な公職選挙や法的拘束力のある住民投票では組織的ボイコットは見られないが、異端的極左活動家の外山恒一は行政とメディアが一体となった投票率
7キロバイト (892 語) - 2022年6月20日 (月) 04:28
記事・画像は引用しております
再編集

参院選投票率52・05%。依然として低い投票率。こうやって自公政権が続く暗黒の社会と困窮する国民生活。必ずやる消費税の増税。これを許しているのは私利私欲の選挙民の民度なのだ。

日本の安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。

【【無関心】AA!!悪くなAA生活AA国民が選ぶAA投票率AA!!】の続きを読む


偏向報道(へんこうほうどう)とは、ある特定の事象について複数の意見が対立する状況下で、特定の立場からの主張を否定もしくは肯定する意図をもって、直接的・間接的な情報操作を行うといった報道のことである。この言葉はその出来事の利害関係者が使うことが多いと主張する者もいるが、利害関係がなくとも意見が対立する…
40キロバイト (6,102 語) - 2023年3月4日 (土) 23:45


記事・画像は引用しております

偏向報道の最たるTBS系のサイテーモーニングだが、まだテレビ番組を見ている人がいることに驚くが、高齢者が大半なのだろうが洗脳装置にかじりつき、反日報道に手をたたいていて喜ぶご老人たち。安倍元首相を叩き、慰安婦問題や徴用工をあったことにして称賛し、偏向報道の最先端を突っ走る偏向看板番組「偏向報道特集」と並んで「サイテーモーニング」が放送法を取り上げている。老齢になり視聴者は減り、洗脳装置も役に立たなくなる日が近い。

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/03/05(日) 12:28:15.70 ID:6Ar7MZ3N9.net
2023.03.05
 俳優の関口宏が5日、TBS系「サンデーモーニング」に出演。立憲民主党が安倍政権当時の総務省作成として公表した、放送法の「政治的公平」に関する内部文書で、同番組についての記述があったことについて言及した。
 番組では、立憲民主党の小西洋之参院議員が公表した、2014~15年に首相官邸と総務省の担当者が協議した経緯とされる文書や参考資料について報じた。この中で政権側が「サンデーモーニング」の名前を上げて問題視したことを伝えた。
 関口は「なんでこの話が今また出てきたのか私にはよくわかりません」と首をひねった。話を振られたコメンテーターを務めるキャスターの松原耕二氏は文書の信ぴょう性について「まだ評価は難しい」としたうえで、「安倍政権下で、番組の公平性を巡って政権側からメディア側にいろんな働きかけがあったのは報じられていますので。少なくとも当時、何があったか、政治の場が説明する必要があると思います」と述べた。
 関口は「いろんなご意見は有るとは思いますが。やはり、我々は我々の、この番組の姿勢を淡々と貫いていかなきゃいけないなと私は思っております」と話した。

https://www.daily.co.jp/gossip/2023/03/05/0016109796.shtml?pg=2

【【サイテーモーニング】 AA‼関口宏AAAA吠える放送法AAAA!!!!】の続きを読む


放送に関する法律 / 日本の法律 > 電波三 > 日本の「放送法放送法(ほうそうほう、昭和25年法律第132号)は、日本放送協会・放送放送事業者について定めた日本の法律。所管官庁は、総務省である。 日本での公衆によって直接受信される目的とする電気通信の送信を行う者は、すべてこの法律によって定められたところにより規律される。…
23キロバイト (3,517 語) - 2023年1月23日 (月) 13:19
記事・画像は引用しております

放送法4条が定める放送事業者の「政治的公平」は放送事業者は番組全体のバランスを求めるものだった。いま、問題になっている総務省の行政文書が流れたもので、総務省の意図なのか立憲民主党の意図するものなのか、高市議員の真意は。どう決着がつくのか、内容が疑問と不審が渦巻き、有耶無耶にせず、何が正しいのか国民に示してもらわなければならない。


1 蚤の市 ★ :2023/03/08(水) 08:04:13.85ID:IU5shJ4J9
 放送法の「政治的公平」の解釈を巡る第2次安倍政権と総務省のやりとりを記したとされる文書について、総務省は全て行政文書だと認めた。具体的かつ大量の文書が流出したことで認めざるを得なくなったのが実態で、黒塗りの処理も行わずに公開に応じた。だが政府は、放送事業者に対する圧力だと主張する野党側に対して「介入はなかった」との姿勢は崩していない。

「顔をつぶしたら首が飛ぶぞ」
 「自分たちの意に沿わない番組をやったら放送法の解釈を変えてつぶせるぞと圧力をかけている。民主主義社会の中で一番あってはならないことだ」。立憲民主党の安住淳国対委員長は7日、国会内で記者団にこう述べ、国会で追及を続ける構えを示した。

 発端は立憲の小西洋之参院議員が2日、記者会見で示した78ページにわたる文書だ。2014年から15年にかけて、TBSの「サンデーモーニング」に不満を持った礒崎陽輔首相補佐官(当時)が総務省に放送法の解釈変更を迫った経緯が記されている。

 放送法4条が定める放送事業者の「政治的公平」は、従来「放送事業者の番組全体」のバランスを求めるものだった。しかし文書によると礒崎氏は「一つの番組でも明らかにおかしい場合があるのではないか」と再三働きかけていた。「俺の顔をつぶすようなことになれば、ただじゃあ済まないぞ。首が飛ぶぞ」など脅しまがいの言葉も記されていた。

 総務省出身の首相秘書官(同)による…(以下有料版で, 残り1114文字)

毎日新聞 2023/3/7 21:35(最終更新 3/7 22:35) 有料記事 1707文字
https://mainichi.jp/articles/20230307/k00/00m/010/295000c

【【公平性】AA!!何が正確AAAA平行線AA放送法AAAA!!!!】の続きを読む



マイナポイント事業(マイナポイントじぎょう)は、個人番号カード(マイナンバーカード)や電子決済の普及を目的に総務省が実施する消費活性化政策、ポイントプログラムである。 2019年9月3日、日本国政府は、マイナポイント付与による個人番号カードの普及や翌月からの消費税率引き上げに伴う消費活性化策を検討す
3キロバイト (419 語) - 2022年1月9日 (日) 14:05
記事・画像は引用しております

マイナンバーカード取得者を対象にしたマイナポイント事業のポイント申し込みが6月30日からスタートだという。う~ん、まだ、マイナンバーカード取得していないしな~。

【【申し込み】AA!!マイナンバーwwマイナポイントww第2弾ww!!】の続きを読む


総務省、去年の国正調査の確定値を発表。総人口は1億2614万6000人あまり。5年前より94万9000人減少。人口減少の原因の一つが、未婚率の上昇です。50歳時、未婚率が20%を超えました。つまり、4人に1人が独身とということです。こうやって徐々に減少していくのですね。この人口減少は将来に向かってどうなんでしょうか。個人の自由でいいのか、社会の問題として考えなければならないのか、国の考え政策はどうなんでしょう。聞きたいです。

1 ちりとり ★ :2021/12/01(水) 10:17:22.12

 総務省は先月30日、去年の国勢調査の確定値を発表しました。
 それによりますと、日本の総人口は1億2614万6000人余りで、5年前の調査よりおよそ94万9000人減少しました。
 人口が減少するのは、2回連続です。
 人口減少が進む原因の一つが、未婚率の上昇です。独身研究家の荒川和久氏の計算によると、今回初めて男性の50歳時未婚率が25%を超えました。
 つまり、4人に1人が独身ということです。

(「グッド!モーニング」2021年12月1日放送分より)

テレ朝news [2021/12/01 10:05]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000236845.html


【【人口減少】AA!!男性4人に1人ww生涯未婚wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ