#経団連


少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈による。
92キロバイト (13,499 語) - 2022年5月16日 (月) 23:41
記事・画像は引用しております

少子化対策は失敗。保育所をいくら増やしても解決しない。収入が不安定な男性の結婚は増えない。そこから対策を講じなければ愚策をいくら並べてもダメ。政府の対策は少子化に仕向けているのかと勘ぐってしまう。いや、そうかもしれない。私見、少子化に三悪がある。経団連・竹中平蔵・フェミニストだ。もう一つ加えれば岸田自公政権ではないかな。


1 ボラえもん ★ :2022/05/25(水) 08:20:39.67

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2022年5月19日 No.3544
日本の少子化対策はなぜ失敗したのか
-人口問題委員会

経団連は4月12日、人口問題委員会(隅修三委員長、宮本洋一委員長、清水博委員長)をオンラインで開催した。
中央大学文学部・大学院文学研究科の山田昌弘教授から、「日本の少子化対策はなぜ失敗したのか」と題し、
これまでの日本の少子化対策の評価や今後必要な施策等について説明を聴いた。概要は次のとおり。

■ 少子化は日本社会の構造にかかわる問題
2020年の出生数は84万人まで減少しており、今後出生数が右肩上がりで増えることはない。

少子化は結婚や出産だけの問題ではない。
(1)少子高齢化(2)経済停滞(3)格差社会の進行(4)男女共同参画の停滞――という四つのトレンドが相互に関連し、悪循環を生み出してきた。
日本は、高齢化率が上昇する一方で、国際競争力はバブル経済のころをピークに低下してきた。
また、非正規雇用が増加し、若者は将来に期待を持てなくなっている。
加えて、「男は仕事、女は家事」といった日本特有の制度・慣行・意識が大きく変わらなかった。
娘の結婚相手の収入を気にする親も多く、「収入が相対的に少ない男性が結婚相手として選ばれない」という事実がある。
少子化対策として保育所を増やしても、収入が不安定な男性の結婚は増えない。

■ 少子化の日本的特徴・要因
これまでの日本の少子化対策は、欧米に固有の慣習や価値意識が日本にも当てはまるものと考え、
「大卒、大都市居住、大企業勤務」の働き手の両立支援に偏ってきた。育児休業制度も充実したが、雇用保険制度外のフリーランスや自営業の方は取得できない。

欧米の少子化対策は、(1)一人暮らしが多く、結婚・同棲に経済的メリットがある(2)女性は差別されず、仕事で自己実現を求める
(3)恋愛が盛んである(4)子育ては成人まで――の4点を前提としている。
そのため、子どもを育てながら働き続ける条件を整えればよく、収入が不安定な男性でも結婚できる。

一方、日本では親と同居の独身者が多く、特に地方で女性差別的な慣習が残る。
また、恋愛感情は重視されず、将来にわたり親に子育ての責任がかかる。このため、欧米のような両立支援だけでは効果的な少子化対策にならない。

若年男性の経済格差が拡大し、女性が十分な収入を得ることや働き続けることが難しいなか、「男性が家計を支える」という意識が続けば結婚は増えない。
今後の少子化対策は、「収入が不安定な男性をどのように結婚までもっていくか、そのような男性と結婚しても大丈夫という女性をどう増やすか」にかかっている。

■ 今後必要な施策
男女共同参画のさらなる推進、多様な家族を認めること、社会保障による下支えの3点が重要である。
また、今後は、現在親と同居する未婚者が中高年化するため、彼らの孤立が最大の社会問題になるだろう。

少子化対策の観点から若者が結婚しやすい状況を整えることだけではなく、中高年独身者が孤立せずに生活できる条件を整えるといった対策も必要である。
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2022/0519_07.html

※前スレ
【社会】専門家「保育所を増やしても少子化は解決しない。女性に選ばれない低収入男性をどうやって結婚させるかが問題」 ★6 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653431492/


【【少子化は】AA!!どうww解決するかww保育所増やしても解決はww!!】の続きを読む


春闘賃上げ率は、各年の春闘の結果、各企業の使用者と労働組合間で妥結した平均の賃金引上げ率である。通常採用されている春闘賃上げ率の数値は、厚生労働省が発表している「民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況」における賃上げ率である。これ以外に、速報として日本経団連が発表している「春季労使交渉・大手企業業種
10キロバイト (1,508 語) - 2022年3月16日 (水) 07:35
海外では賃上げラッシュだ。物価上昇を受けて各国が賃上げ。一体、日本はどうなっているのだ。益々、落ちていくニッポン。も早、政府はやる気がないと見るべき。政府も国会議員もやる気がない。これからが闘いだ。夏の参院選は岸田退陣・自公政権打倒・自民党議員・野党議員の審判を。


1 愛の戦士 ★ :2022/05/18(水) 09:38:32.05

ITmediaビジネス 5/17(火) 9:50

なぜ日本人の給与は、上がらないのか
 世界的な「値上げラッシュ」を受けて、さまざまな国で「賃上げラッシュ」が起きている。

 米国のロサンゼルスでは、物価上昇を受けて7月1日から、最低賃金がこれまでの時給15ドルから16.04ドル(約2000円)へと引き上げされる。これは中小零細だからと免除されるようなものではなく、全ての事業所が対象だ。また、米小売り大手ウォルマートは商品を配送する長距離トラック運転手の賃金を一気に25%と大幅に引き上げ、入社1年目の新人でも最大11万ドル(約1400万円)の年収を得られるようにした。

 法定最低賃金に物価スライド制が採用されているフランスでも、5月1日から最低賃金が10.85ユーロ(約1455円)にアップする。「2021年5月からの1年間で5.9%、額面で月当たり91ユーロ(約12万円)引き上げられることになる」(ジェトロビジネス短信 4月20日)という。

 この傾向は欧米ばかりではない。アルゼンチン政府は今年3月、労働組合や経営者団体などと協議して、最低賃金を2カ月ごとに引き上げて最終的には、今年12月までに2月比で45%引き上げることで合意している。ケニアでも5月1日、最低賃金が12%引き上げられた。19年からずっと据え置きが続いていたが、「平均物価上昇率が5.5%に達し、庶民の実質購買力が低下」(ジェトロビジネス短信 5月13日)したことを問題視して踏み切ったという。

 マレーシアでも5月1日、1200~1000リンギットだった最低賃金が全国一律で1500リンギット(約4万3950円)まで一気に引き上げられている。また、18~19年と2年連続で最低賃金を引き上げて注目された韓国も同様だ。『中央日報』(5月11日)によれば、ネイバーやカカオなどIT企業では10%前後の賃上げが実施されている。また、現代自動車の労組も昨年の2倍以上となる月16万5200ウォン(約1万6600円)の基本給引き上げを求めている。物価高騰を受けて、大企業を中心にさらに賃上げ圧力が強まっているというのだ。

安いニッポンはわが道を行く
 しかし、そんな「賃上げラッシュ」という世界的潮流に背を向けて、わが道をいくようなユニークな国もある。その筆頭が、われらが「安いニッポン」だ。

 ご存じのように、日本は他の先進国と比べると、賃金が安い。この30年さまざまな国が賃上げを続けた中で、日本だけはビタッと低賃金が固定化され、昨年にはついに韓国にまで平均給与や1人当たりの労働生産性で抜かれてしまう有様だ。

 そんな「異次元の低賃金」が続く日本なので当然、この世界的な物価上昇にも「異次元の対応」をしている。


※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/955af14d7046b85bb2eda29d50f293edadcf387c&preview=auto

★1:2022/05/17(火) 10:04:46.90
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652791108/


【【なぜ安い】AA!!海外はww賃上げラッシュwwニッポン”我が道かww!!】の続きを読む


“日経平均781円安、4カ月ぶり安値 肺炎懸念で全面に”. 日本経済新聞. (2020年2月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56005370V20C20A2000000/ 2020年3月16日閲覧。  ^ “東証大引け 大幅続落、新型コロナによる世界株で 売買膨らむ”
37キロバイト (4,163 語) - 2022年3月19日 (土) 09:33
円安傾向だが、今の段階で大騒ぎすることではなく、安定的な推移が大事と、経団連会長。こんな状況にしたのは、自民党と経団連の責任だと多くの国民は思っているはずだ。自民党の弱体化に向けて参院選は真の保守議員を選ぼう。汚れた議員は排除するのが国益のため。岸田退陣・自公政権の解消こそ、第一歩。


1 ボラえもん ★ :2022/04/12(火) 08:23:36.65

 経団連の十倉雅和会長は4日の定例記者会見で、最近の為替相場の円安傾向に「今の段階で大騒ぎすることではなく、安定的な推移が大事だ」と述べた。
円安は輸入物価の押し上げ要因となるが、現時点では景気後退と物価高が同時に進むスタグフレーションのリスクを懸念する必要はないとの考えを示した。

 十倉氏は、円安によりエネルギー資源を海外から調達する企業の収益が圧迫される一方、輸出企業は恩恵を受けていると指摘。
「『良い円安』と『悪い円安』は短期的に判断するものではない」と語った。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/169733

※前スレ
経団連会長「円安で大騒ぎ必要ない」「輸出企業には恩恵」★2 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1649680379/
経団連会長「円安で大騒ぎ必要ない」「輸出企業には恩恵」★3 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1649685399/


【【円安】AA!!経団連ww大騒ぎする必要ないwwww!!!!】の続きを読む


原子力発電所 (原発からのリダイレクト)
ネルギーを熱エネルギーの形で取り出し、それによって蒸気タービン(羽根車)を回転させて発電を行う発電所である。 略称としては、日本語では原発(げんぱつ)と略される。原発立地の道路の案内標識では「○○原電」と表記されることもある。核燃料を使用して電気を起こすことから、核発電所(かくはつでんしょ)ともいう。
28キロバイト (3,938 語) - 2022年3月27日 (日) 12:56
電力需給のひっ迫で原発稼働をすべき。経団連会長は、原発の有効活用を真剣に考えるべきという。地域住民の理解を得られるものから稼働させなければ、国民生活が大変なことになるという。たしかに深刻で、電力は厳しい状況と思う。反対反対では乗り切れない。安全対策は勿論だが、国民の生活や企業にとって必ず死活問題になる気がする。反日勢力の反対は日本を貶めている。経団連は金儲け主義で好かんが、原発は生活かかっている。生活の不便を我慢できるなら別だが・・・・


2 ニューノーマルの名無しさん :2022/03/29(火) 10:50:37.41

ニッ( ´∀`)ノシ


【【不足が命とりに】AA!!ひっ迫中wwww原発稼働ww大変なことにww!!】の続きを読む


賃金、先進国で最低だ。先進国で唯一、ここ30年で賃金が上がらず豊かな国には程遠い話だ。岸田首相は、賃上げを最優先に掲げているが、多分言葉だけで無理だろう。経団連が後ろに控えているし、その後ろには諸悪の根源・財務省も控えている。金を回す気はない。こんな状態では、好きな車の購入にも手が出ない。世界の物価上昇につけ、日本は更に情けない国になり下がるわけ。

1 Stargazer ★ :2021/12/12(日) 11:09:29.49

「先進国で最低」。日本に対してよく使われるようになった言葉だ。「先進国で唯一」も悪い意味での使用が増えた。その最たるものに「賃金」がある。平均賃金が先進国で最低であるばかりか、先進国で唯一、直近30年間で賃金がほぼ上がっていないのだ。「豊かな国」だったはずが、どうしてこうなってしまったのか。岸田文雄首相は「賃上げ」を最優先の政策課題にするものの、賃金を生む源泉の労働者の生産性も先進国で最低だ。生産性のない日本に賃上げは可能なのだろうか。

クルマが買えない日本
最近、クルマ好きの間で静かな変化が起きている。輸入車を長らく乗り継いできた人が国産車に乗り換えるか、車を手放すようになっているのだ。一部の富裕層を除いて。彼らは口をそろえてこう言う。「輸入車が高くなって買えない」

日本で人気の輸入車の代表格、独メルセデス・ベンツの中間グレード「Cクラス」のセダンで、排気量2リットルクラスのエンジンを積む「C200」を例にとる。日本での価格は平成10年ごろは400万円前後だったが、25年ごろに500万円を超え、昨年からは600万円を上回った。

もはや一般的なサラリーマンが手を出せる価格ではなくなった。メルセデスに限らず、BMWやアウディも同様だ。もちろん、自動ブレーキなどの安全装置を積むことで生産コストが上がっている側面もある。しかしそれ以上に、世界の物価上昇に日本がついていけていない現実を突きつけられる。

https://www.sankei.com/article/20211122-B2FFOYJ37JMTPFWPDZUQUZ7N7I/


【【最低だな】AA!!日本はwwwww平均賃金wwwww買えwwwwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ