#終焉


創価教育学会」(初代会長:牧口常三郎、理事長:戸田城聖)を創立した。同年11月18日、『創価教育学体系』第一号が発刊される。 1937年(昭和12年)に、創価教育学会は日蓮正宗の法華講(信徒組織)の1つとして位置付けられた。この組織が創価学会の前身となる。
228キロバイト (34,456 語) - 2022年7月24日 (日) 13:29
公明党は選挙ごとに票を減らし続け、オワコンに向かっているという。自公政権では、法案の邪魔をしまくり、国民・国益に反対の立場を鮮明にして、人権の党と言いながら、人権弾圧に加担する売国政党に成り下がっていることが国民の顰蹙をかい、落ちぶれていることに気が付いていないのだろう。


1 それでも動く名無し :2022/07/25(月) 11:05:46ID:fxxmgEWEp
公明党は比例選で“800万票”の目標を掲げたものの、
蓋を開けてみれば618万票の“惨敗”でした。
2019年の前回参院選時より約35万票減、
昨年の衆院選と比べると約93万票減らす結果となりました。

元学会幹部によると、最大の“敗因”は
池田大作・名誉会長(94)の「長きにわたる不在」だという。

池田氏が公の場に姿を見せたのは
米大学からの博士号授与式典に出席した
2010年11月が最後とされる。

【【終焉】AA!!オワコンww信者激減wwww近づく崩壊ww!!!!】の続きを読む


画像は引用しております

走る2階建て新幹線車両「E4系」が定期列車としてのラストランを迎えた。8両編成の全車両が2階建てという、大量輸送を象徴する列車の終焉は感慨深い。自分は乗り物好きですが、乗車する機会がなく残念です。

【【終焉】 AAAA!残念!!OOOO!!新幹線wwww!!】の続きを読む



(出典 jbpress.ismcdn.jp)
記事・画像は引用しております

私見ですが、当てにならない世論調査ですが、立憲民主党の3%切ったのは予想通りで当然です。オカシナ売国議員が、好き放題、勝手放題、言いたい放題で、支持率低下。上がる要素が何もなし。代表の指導力の無さ。共産党を持ち出すことがアウト。まあ、選挙でがた落ちするがよい。一方、自公政権の体たらくにはどうしょうもない状況だね。二階幹事長を取り換えろと言っているが、声が届かない。公明党と縁を切りなさいと言っても縁を切らない。どん底に落ちるがいい。マトモナ議員は居るが、お粗末議員に抑えられている。これじゃ政権も危ないかも。支持率低下は、コロナだけじゃない、「二階一派と公明党が原因だ」とにかく、自公政権の終焉か。

【【速報】AA!!政党支持率ww自民党22.8%ww立憲民主党ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ