麻生太郎氏、北海道での選挙演説で言ってしまう。「北海道の米は美味しくなった。農家の努力ではなく、温暖化である」と発言する。これを「農家の努力もあるが、温暖化の影響が大きい」と発言すればよかったものを。この発言で、農家の人たち・日夜研究をしている研究所や試験場などは愉快ではない筈。お米が美味しいだけが、北海道の応援だと思っているのかな。何も、取って付けたお世辞を言う必要はないが、いまは、選挙中。

1 ベクトル空間 ★ :2021/10/27(水) 00:51:38.72

https://news.yahoo.co.jp/articles/4aa28eb3a8186dbe67d1a46ac14ba1e49ab899b0
(全文はリンク先を見てください)
自民党の麻生太郎副総裁が「北海道のコメがうまいのは、農家ではなく地球温暖化のおかげだ」と発言したことが波紋を広げている。北海道を中心に農産関係者の反発は強く、政府・与党は火消しに追われた。

【政治家の失言・問題発言を振り返る】

 麻生氏は25日、北海道内であった衆院選候補者の応援演説で「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった」とした上で、品質向上は農家の努力ではなく「温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いていないが、いいことがある」などと述べた。

 しかし、北海道庁などによると、実情がまったく異なる。北海道は特有の厳しい気候に適した品種の開発・改良を数十年にわたって継続し、全国


【【発言】 OOOのコメがうまいのは!!地球温暖化だ!!!!】の続きを読む