#節電


本規則に基づき、具体的に電気の使用制限を発動するためには、経済産業大臣が対象地域や対象項目、対象者を指定する告示を別途発する必要があることから、報道機関などでは本規則と前述の告示をまとめて電力使用制限令(でんりょくしようせいげんれい)あるいは電力制限令(でんりょくせいげんれい)と称することが多い。
7キロバイト (969 語) - 2022年5月27日 (金) 13:55
政府は節電要請をした。家庭や企業に罰則付きの「電力使用制限令」を検討しているようだ。ほらね、自公政権の横暴がこれから益々広がる。政府の体たらくな愚策のせいで、国民を苦しめる。目を覚ませ。国民は参院選では自民党の横暴を止めさせるためにも、自民党議員を減らさなければもっともっと酷くなる国民生活。


1 名無し募集中。。。 :2022/06/10(金) 16:13:08.09
ことしの夏と冬は電力がひっ迫する見通しで、政府は7年ぶりに家庭や企業へ節電を要請することを決めました。

この夏迎える“電力危機”。さらに政府は、夏より深刻な電力不足が懸念される冬に向けても、罰則付きの「電力使用制限令」についても検討するということです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3f2e33af05725748c27b02d855ae1ea3d007ad5 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:default:1000:512:: EXT was configured

【【抗議】AA!!罰則?ww夏と冬ww電力ひっ迫ww節電しないならww!!】の続きを読む


報」および電力会社が発出する「準備情報」を新設する方針であると明らかにした。 他社からの電力融通など、あらゆる需給対策を踏まえても、需給がひっ迫する電力会社の供給予備率が3%を下回る見通しとなった場合。 電力需給がひっ迫すると予想される場合は18時頃、確実に見込まれる場合はこの時間より前に第一報を発
14キロバイト (1,946 語) - 2022年5月27日 (金) 13:49
ああ!暑い!!!!電力がひっ迫して、この暑さで死にそうだわ。エアコンの節電に国は節約しろと。国の愚策に振り回される国民はたまったものじゃない。夏の暑いのは当たり前のことなのに、火力もダメなら原発もダメ。検討使岸田、いい加減に退陣してくれ。国民を殺す気か。殺すのだろうな。無能な政治屋ども。




1 ぐれ ★ :2022/06/26(日) 08:48:29.01
※2022/6/25 18:21

近年で最も厳しい電力需給の逼迫(ひっぱく)が見込まれ、政府が7年ぶりに全国規模で節電を要請する7月まで1週間を切った。経済産業省は数値目標を設けていないが具体的な方法やおおよその効果を示して、節電への協力を呼び掛ける。電力需給が逼迫し、生活や社会活動に影響を及ぼす大規模停電や計画停電を引き起こさないため、何ができるのか。家庭でもできる節電対策をまとめた。

家庭で最も節電効果が高いのがエアコンだ。経産省によると、夏場の電力需要のピーク時(午後2時ごろ)に家庭で使用される電力に占める割合は43・3%と最大。エアコンの効率的な使い方は家庭の節電を大きく左右する。

ピーク時にエアコンの室内温度を28度に設定すれば、26度の設定と比べ、6%の節電効果が得られるとされる。さらに窓からの日差しをすだれやカーテンで遮光すれば4・3%、エアコンのフィルターを2週間に1回掃除すれば2・1%の節電効果が期待できるという。

次いで節電効果が大きいのが照明だ。不要な照明を全て消せば3・3%の節電につながるという。特に日中は、人がいない部屋の照明はこまめに消すことが大事だ。

冷蔵庫は設定を「強」から「中」に下げ、食品を詰め込みすぎず、扉の開閉時間を短くすれば1・8%節電できる。

続きは↓
産経ニュース: エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策.
https://www.sankei.com/article/20220625-TOZWVMKWJZIS3AAIY4BDHGAL5A/
※前スレ
【猛暑】エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656161058/

★1 2022/06/25(土) 21:44:18.00

【【電力不足】AA!!暑いwwエアコン28度wwで節電で死にそうww!!】の続きを読む


電力不足で政府は原発を再稼働させたいのが本音。まあ、不足していて夏の需要が必ず高まるはず、エアコンがね。また、工場関係も必須だし、安全性が確認されれば致し方がないかと思うが。

【【電力需給】AA!!足りないww原発をww今はそれしかww!!!!】の続きを読む


夏と冬「電力需給」厳しく…対策とりまとめ

(出典:日本テレビ系(NNN))


報」および電力会社が発出する「準備情報」を新設する方針であると明らかにした。 他社からの電力融通など、あらゆる需給対策を踏まえても、需給がひっ迫する電力会社の供給予備率が3%を下回る見通しとなった場合。 電力需給がひっ迫すると予想される場合は18時頃、確実に見込まれる場合はこの時間より前に第一報を発
14キロバイト (1,946 語) - 2022年5月27日 (金) 13:49
経産大臣は、今年の夏は電力が厳しい予断を許さない状況が続くと指摘。指摘されなくても分かる。火力発電も原発も止めて、不足するのは当然だろう。誰でも分かる。お粗末な政策・対応に腹立たしい。官僚も議員も総入れ替えしたら少しはましになるかも。


1 ぐれ ★ :2022/05/28(土) 09:24:33.29

※2022年5月27日 10:29

萩生田光一経済産業相は27日の閣議後の記者会見で「今年の夏はできる限りの節電に協力をいただきたい」と述べた。中部・東京・東北電力管内で7月の予備率は3.1%と、最低限必要とされる3%をかろうじて上回る見通しだ。休止中の火力発電所の再稼働や燃料の確保を促す対策も進める。
萩生田氏は発電所のトラブルなどのリスクを考慮すると「予断を許さない状況が続く」と指摘し、電力需給への懸念を示した。
具体的な節電対策として「家庭で部屋に分かれてエアコンを使うのではなく、ひとつの部屋に集まってもらうような試みをしてもらうことで乗り越えていける」と呼びかけた。

続きは↓
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2711K0X20C22A5000000/
※前スレ
【エネルギー】萩生田経産相「ひとつの部屋に集まってエアコンを使う試みで乗り越えていける」 今夏電力需給厳しく ★3 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653687046/

★1 2022/05/27(金) 22:45:34.05


【【電力きびしい】AA!!エアコンwwwwひとつの部屋でwwwwww!!】の続きを読む


東京都知事(とうきょうとちじ、英: Governor of Tokyo Metropolis)は、日本の東京都の首長たる特別職の地方公務員。略称は都知事。現任は小池百合子(在任: 2020年〈令和2年〉7月31日 - )。 第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)に、東京府と東京市の統合によって誕
9キロバイト (1,111 語) - 2022年4月14日 (木) 00:11
小池都知事の思いつき政策で都民は振り回される。築地市場から東京五輪パラ・コロナウイルス感染拡大や医療用品・器具など中国へ援助。太陽光発電に今度は節電と。節電なんてもっと前からやらなければならないこと。行き当たりばったりの政策・愚策。次期都知事選には自民と組むとか。あのどこを向いているのか分からない岸田政権と。責任転嫁が得意でやってもいないのにやっている感。やっぱりおかしい、自公政権やチャイナとのつながりも。


1 少考さん ★ :2022/05/07(土) 06:38:34.82

※日本経済新聞

小池都知事「電気の契約見直しを」 節電へ呼びかけ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC064TT0W2A500C2000000/

2022年5月6日 19:18


(出典 article-image-ix.nikkei.com)
?ixlib=js-2.3.2&w=680&h=452&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=100&fit=crop&bg=FFFFFF&s=3e18ea18af4736683c3e4468d29ff819
記者会見する東京都の小池知事=東京都提供

東京都が夏場の電力需給逼迫回避に向けた取り組みを活発化している。2日に東京電力ホールディングス(HD)に対して電力の安定供給を求める株主提案をしたのに続き、6日には小池百合子知事自ら家庭の電力使用量に見合った契約アンペアへの見直しを求めた。電力需給の逼迫回避が新たな都政の課題に浮上しつつある。

「家庭ごとの協力と節電への意識共有をお願いしたい」。6日に記者会見した小池氏は世帯人数が減ったり、省エネ家電に買い替えたりした家庭を念頭に、契約アンペアの見直しを呼びかけた。燃料価格の高騰で電気・ガス料金が上がり続けていることも引き合いに、年間数千円の節約につながるともアピールした。

契約アンペアの見直し自体は電力使用量の削減に直結しないものの、都環境局は「見直しをきっかけに省エネへの関心を高め、電気機器の同時使用を控えることにつながれば」と期待する。家計防衛策としての意味合いも打ち出すことで、単純な節電の呼びかけよりも効果を得やすいとみたようだ。

都は4月末に電力を「へらす・つくる・ためる」の頭文字をとった節電・再エネ普及キャンペーン「HTT」を始めたばかり。キャンペーンに先立って国と東電に対して電力の安定供給を要望したほか、5月2日には東電に株主提案もするなど電力需給の逼迫回避に向けた取り組みを活発化している。

背景にあるのが、3月に都内で初めて発令された電力需給逼迫警報だ。(略)


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【【愚策!】AA!!都知事wwww電気見直しwwww思いつきww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ