離島防衛・奪還などを強く意識した部隊であり、報道では「日本版海兵隊」とも称される。団長は陸将補で相浦駐屯地司令を兼ねる。2021年時点の隊員数は約2400人。部隊章には霊鳥「金鵄」と三種の神器の一つである「天叢雲剣」が描かれている。 2013年(平成25年)に策定された平成26年度以降に係る防衛
31キロバイト (3,967 語) - 2023年2月24日 (金) 10:06
記事・画像は引用しております
再編集

離島防衛。離島住民の避難や武力攻撃に備え、防衛強化が不可欠なのだ。有事よりも子育てだ、という国民。少子化や子育ては重要のこと。だが、お花畑さんに言いたい。もっと世界の正しい情報を知ろう。メディアは言わない。突然やって来る侵略侵攻が、こちらの都合なんてない。ウクライナを見ればわかるはず。尖閣諸島は中国の領海侵犯が繰り返されている。ミサイルもEEZ内に撃ち込まれている現実だ、国が攻められ住民が蹂躙されたら子育ても物価高もないという事を知るべき。

日本の防衛・国防・安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。

【【離島防衛】AA!!強化せよAA突然の侵略侵攻AAAA!!!!】の続きを読む