#税金


利権化し、「同和問題」(どうわもんだい)と呼ばれている。戦後にかけて同和対策事業が行われるで、2003年に最早不要と国家的に同和対策の法律が廃止されたが、2016年(平成28年)に「部落差別解消推進法」という新たな同和法が復活して施行されたために、差別の固定化と永久利権化として批判されている。
133キロバイト (22,017 語) - 2022年7月19日 (火) 11:47
記事・画像は引用しております

流石に国葬では中抜きなんかないと思いたいが、多分あるだろう。不謹慎であっても多分やるだろう。そういうはしたない下品な国になり下がった。東京五輪パラがいい例だ。国民の血税がどれだけ中抜きされたか。


1 風吹けば名無し :2022/07/22(金) 08:35:57.35ID:wupI3/TN0
流石に人の死で儲けようなんてクズいねーよな?

【【懸念】AA!!中抜きwwあるかも国葬ww政府主催だからww!!】の続きを読む


国民は政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で搾り取る。30年の間、愚策と失政で毟り取られ国民は所得の成長がない悲惨な生活を強いられている。こんな国は日本だけではないか。こんな政権は退陣させ、国民の民意に沿った政権を作らなければならない。夏の参院選は国民が立ち上がりマトモナ政府・政権に結集しよう。岸田政権は選挙後、消費税を下げるどころか上げようとしているという。


1 頭突き(東京都) [RU] :2022/05/24(火) 10:54:19.46


日本国民はまるで政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で毟り取り、30年の失政のツケを私たちに払わせている=鈴木傾城

政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいい。ところが政府は「財政赤字がキツい」と言いながら、ひたすら予算を削り、国民に増税して、国民の給料の半分近くをむしり取って日本人が「消費できない国」にしている。

個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せば……

日本はすでに全然成長しない国になってしまっているのだが、別に日本は戦争や飢餓に巻き込まれているわけでもないし、内戦が起こっているわけでもない。平和で国民が勤勉なのに成長できないのである。政治が間違っているからに他ならない。

「国が成長する」というのはどういうことなのかというと、国民がガンガン豊かになるということである。そして、国民がガンガン消費できる国になるということだ。その国民の消費の総体が国の成長なのだ。
つまり、政府が国を成長させたいのであれば、個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せばいいのである。個人が思う存分消費できる環境になれば、モノがどんどん売れる社会になり企業も活気づいていく。

企業が活気づいたら設備投資もどんどん増えて、より良い商品、面白い商品、イノベーション溢れた商品が出回る。そして、それがまた売れていき、日本が盛り上がり、経済が活性化していく。

そうなったら、材料を海外からたくさん輸入しなければならないし、そうやって生まれた製品が世界的にも売れて輸出も大きく増えていく。国内の消費が増えたら、輸出入もまた増えていくのである。

国が活性化したら、国もまた税収が増えていく。税収が増えればこれを公益事業で日本に「投資」することができるようになって、日本に魅力的で効率的で豊かな都市がたくさん生まれてくる。

個人が豊かになってガンガン消費できる国を目指せば、今の日本の暗い世相と閉塞感が一掃されるのだ。

ところが、である……。
https://www.mag2.com/p/money/1189199


【【悲報】AA!!国民はww政府のATMwwww給料の半分ww搾り取るww!!】の続きを読む


育児休業給付には、「育児休業給付金」がある(第61条の6)。2020年(令和2年)4月の改正法施行により、それまで「失業等給付」の体系の中の給付のひとつであった「育児休業給付」が、子を養育するために休業した労働者の生活及び雇用の安定を図るための給付と位置付けられ、独立した給付の体系として整備されることとなった。
167キロバイト (31,330 語) - 2021年12月19日 (日) 10:49


雇用保険の柱の一つである、育児休業給付の財源が不足するという。財源の見直しは当然だが、財務省にはカネがある。取るときは否応なしに増税するが、出すときには出し渋りする、あんたのカネではない。国民のカネだ。国民のために使え、と言いたい。財務省はカネを握るから偉そうに威張っているが、財務省は、もう改革の時が来た。

1 ぐれ ★ :2022/01/25(火) 10:31:41.40

※2022年1月25日 0:00 日本経済新聞

雇用保険の柱の一つである育児休業給付の財源が2025年度にも不足する恐れが出ている。少子化対策の一環として制度の拡充が相次ぎ、受給者も増加の一途をたどっているためだ。雇用保険から切り離し、国の支援を手厚くすべきだとの意見もある。厚生労働省は22年度から、財源のあり方を見直す検討に入る。

続きは↓
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA241U80U2A120C2000000/


【【財務省にカネがある】AA!!資金不足もww育児休業給付金ww!!】の続きを読む


SAIDなどの薬物療法、水分の適切な摂取、休息、および鼻呼吸などがある。適切な衛生管理と健康的な食事も推奨される。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、ウイルスを持っていると疑われる人は自宅で自主隔離し、マスクを着用することを推奨している。 より重症の場合は、病院での治療が必要になりうる。酸素レ
110キロバイト (12,909 語) - 2022年1月9日 (日) 04:40


前にもあったが、また文句を言う人間たち。何で隔離されたかも忘れて文句を言う。黙って頂け。全部国民の税金なのだ。ホントに何様なんだと思う。先ずは感染にかからないように注意するのが当然じゃないか。運悪くかかったら、ルールに従うのが当たり前。文句言うとことは何もない。

1 (埼玉県) [TW] :2022/01/09(日) 11:28:25.39


.

画像

(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


めいろま「世界のニュースを日本人は何も知らない3」発売中@May_Roma

RT @nanazerocolors
: 隔離メシがひどくて朝からコーヒーの一杯もなく野菜の切れっ端が浮いた謎の汁が最高点で人権が侵害されてるのでマジで帰りたい
刑罰としての役割を充分に果たしてる。
人を拘束しておいてそれは何なの?
精神が貧しすぎるのよ

https://twitter.com/May_Roma/status/1479857280426336258
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【なぜ隔離】 AA!!メシがひどすぎwwww文句を言うwwww誰の責任wwww!!】の続きを読む


雇用調整助成金を受給していた問題で、就任間もないのに内閣官房参与を辞任した石原伸晃氏。お粗末の上に更にお粗末出来事が。妻の会社に約160万円を還流していた。第8選挙区支部は昨年後半だけで「敷金・事務所賃貸料」として、アネモス(妻の会社)に計163万円を支出。今年も約370万円をアネモネに支出したことになる。石原氏の責任は重く、説明責任を免れない。政治家は全てとは言わないが、こうやって私腹を肥やしているのだ。国民なんてどうでもいいのだ。

1 スペル魔 ★ :2021/12/15(水) 16:20:50.55

 自身が代表を務める政治団体が雇用調整助成金を受給していた問題で内閣官房参与を辞任した石原伸晃元自民党幹事長(64)が、地元事務所の家賃を妻が代表取締役を務める企業に支出していることが、「週刊文春」の取材でわかった。

 石原氏は12月3日付で観光政策担当の内閣官房参与に就任したものの、自身が代表を務める「自由民主党東京都第8選挙区支部」で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者を対象にした雇用調整助成金を約60万円受給していた問題が発覚。12月10日付で、内閣官房参与を辞任していた。

 第8選挙区支部の政治資金収支報告書によれば、昨年8月24日以降、「敷金」「事務所賃借料」名目などで「株式会社アネモス」に支出している。

「石原氏は昨年、20年以上使っていていた地元事務所を引っ越しました。新事務所は7階の部屋で外から窺い知れない上、広さも以前の半分ほど。今年選挙があることはわかっていたのに、なぜわざわざ不便な部屋に引っ越したのか……」(支援者)

 新事務所は大手不動産会社が手掛ける高級マンションの一室。部屋の所有者が、アネモスだ。法人登記簿によれば、同社の代表取締役は石原氏の妻・里紗氏。アネモスは昨年7月29日、「推定価格5000万円」(地元不動産業者)とされるこの物件を購入していた。

 他方、第8選挙区支部は昨年8月24日に「敷金」として50万円、9月23日以降は「事務所賃借料」として月18万9750円をアネモスに支出している。

「単純計算した利回りは約4%。この超低金利時代に手堅い運用です。通常なら、借り手探しに広告を出すなど経費もかかりますが、夫の政治団体が即借りるとなれば、その手間もかかりません」(不動産関係者)

“妻の会社”に約160万円を“還流”
 第8選挙区支部は昨年後半だけで「敷金」「事務所賃借料」として、アネモスに計約163万円を支出。今年も同額の月額賃借料とすれば、現時点で計約370万円をアネモスに支出したことになる。

 政治資金問題に詳しい神戸学院大の上脇博之教授が語る。

「政治資金には税金を原資とする政党交付金が含まれています。石原氏のケースは税金を妻の会社に還流させ、安定的な家賃収入を得ている構図です。参与の高額日当を巡っても批判を浴びただけに、石原氏には説明責任が問われます」

 石原事務所に事実関係の確認を求めたところ、書面で次のように回答した。

「政治資金規正法に則って適正に処理しております」

 12月15日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」および12月16日(木)発売の「週刊文春」では、妻の会社に政治資金を還流させている問題のほか、手狭な新事務所の様子や里紗夫人の人物像、さらに政治資金を自身の別荘がある葉山のホテルに支出している実態などについても詳報している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a62dc267c82eabc57ce2a80aca9da75d80183ae8
https://bunshun.jp/articles/-/50759?page=1


【【妻の会社】AA!!wwww政治資金WW還流かwwwww!!!1】の続きを読む

このページのトップヘ