#移民


移民(いみん)とは、異なる国家へ移り住む事象(英語: immigration, emigration)、また出生国や育った国といった居住国を離れて、12か月以上、当該国へ移住して居住している人々(英語: immigrants, emigrants)を指す(概要を参照)。
66キロバイト (9,907 語) - 2022年6月25日 (土) 03:50
今や中国人の移民が溢れ益々増えていくだろう。日本の住環境が変化しているという。「乗っ取ってやる」と公然と言う現実を、どう考えるか。このままでは本当に乗っ取っられるだろう。自公政権や売国議員たちに国を売られ、その議員たちを選んだ国民の責任は重い。


1 豆次郎 ★ :2022/07/18(月) 08:33:52.76ID:Z0qqfrJK9
7/18(月) 7:03
配信
現代ビジネス
転売集団の根城に潜入

「乗っ取ってやるからな!」中国人に占拠される「日本の団地」そのヤバい末路

 道端に停められた黒のワンボックスカー。その周りに30代と思しき中国人男性たちがたむろしている。不審に思って声をかけると、ニヤッと笑みを浮かべつつ、片言の日本語で「友達でないと話せない」と一蹴された。


 交渉の末、グループの1人が取材に応じてくれた。

 聞けば彼らは近くの団地で暮らし、転売を生業にしているという。手招きされた車の後部座席には、Apple社のiPhoneやiPadが山のように積まれている。7月1日の大幅な値上げを前に買い込んだものか、と興味を示すと、一転、「買う気あるか」と猛烈な売り込みが始まった。

 ここは、東京の下町風情が残った江東区のとある町。中心部の駅から徒歩7分、活気あふれる商店街を横目に歩を進めると、総戸数806戸の団地が目に飛び込んでくる。

 1960年代に開発されたこの団地で今、中国人居住者が急増しているという。冒頭の「転売グループ」が拠点としているのもここだ。

 人出の多い夕暮れ時にあらためて訪れると、中国人コミュニティの日常風景が広がっていた。買い物終わり、立ち話に興じる若い主婦たち。木陰のベンチで一休みするご婦人。広場で元気にサッカーを楽しむ子供たち。聞こえるのは中国語ばかりだ。

 サラリーマン然とした中国人男性に声をかけてみた。

 「ここには2年前から住んでいますが、品川でIT関係の会社に勤めているので、アクセスも良く気に入っています。礼金や更新料、保証人が必要ないので、中国人だからと入居審査でハネられることもない。

 何より同胞が多いので、心強いんです。うちの妻や子供も、さっそくママ友や友達ができて、喜んでいますよ」


中国移民が再急増しているワケ


 家賃は2LDKで約10万~11万円と、同地の相場からすると5万円ほど安い。何事も合理的に考える中国人だからこそ、築浅物件やタワマンなどには目もくれず、団地に住むのも頷ける。

 日本人住民によれば「特にこの半年、すごく早いペースで中国人の入居者が増えている」という。実際、中国最大の検索エンジン「百度」では、3月下旬から「移民」というキーワードの検索数が急増しているという話もある。

 中国事情に詳しいジャーナリストの姫田小夏氏が語る。

 「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う上海市のロックダウンをきっかけに、軸足を海外に置こうと考える中国人が増えたのです。当局がゼロコロナ政策の継続姿勢を示したことで、自由な生活を渇望する上海市民を中心に、中国脱出への関心が高まっています」

 しかし、中国人による「自由な生活」は、時として傍若無人な振る舞いとして映る。「ドアの外には無関心」と言われる彼らが集まればどうなるか。トラブルは必至だ。

 午前中、団地近くにあるゴミ捨て場を通りかかると、せっせとゴミ袋を開ける70代女性に出会った。聞けば目の前の民家で一人暮らしだという。

 「そこの団地の中国人が、夜中に捨てにくるんですよ。生ゴミのせいでゴキブリが湧くし、近くの植え込みではネズミが繁殖し始める始末です。分別しないと清掃局が持って行かないから、仕方なく私がしているんだけど、この暑さの中で作業をするのは本当にこたえます」  

続きはこちらで↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/10ce61399389bdc590aaa7d073412c01290e4890

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1658095841/

【【手を打て】AA!!移民急増ww乗っ取ってやるとww占拠される日本ww!!】の続きを読む


フランス、来年の大統領選に出馬を表明したエリック・ゼムール氏は「フランスはもはやフランスではなくなっている」と主張。「フランスを救うために出馬する」と述べた。「国民第一」を強調し「40年間、移民を拒否してきた日本がモデルだ」と説明した。ゼムール氏は賢い人ですね。移民を受け入れると国は崩壊し、多種多様な国民を束ねていくのが困難になります。アメリカをはじめ、世界がそうなっています。日本周辺から、半島から、不法移民が入っています。日本が愚かな国に、すでになっていますが、そうならないように反対の意思を示さなければなりません。

1 樽悶 ★ :2021/12/02(木) 07:18:51.26

フランス・マルセイユで、通行人に中指を立てられ同じしぐさで応じたエリック・ゼムール氏(右、2021年11月27日撮影)

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


 【パリ時事】フランスの極右政治評論家、エリック・ゼムール氏は30日、来年4月の大統領選への出馬を正式に表明した。

 世論調査では、既に出馬表明している極右政党「国民連合(RN)」のマリーヌ・ルペン氏と支持率2位の座を争っており、決選投票進出を狙う。

 ゼムール氏はユーチューブに投稿した動画で、移民の流入により「フランスはもはやフランスではなくなっている」と主張。「フランスを救うため、大統領選に出馬することを決意した」と述べた。

 ゼムール氏は無所属での出馬。テレビのコメンテーターや作家として知名度は高いものの、政治経験はゼロ。過激な人種差別的発言でしばしば物議を醸し、過去には有罪判決を受けたことがある。立候補が認められる上で必要な、国会議員ら500人以上の署名が集められるかが焦点となる。

 寛容な移民受け入れ政策に反対し、不法移民よりも仏国民への手当を充実させるべきだと、「国民第一」を強調。9月下旬にはツイッターで、自身の訴えは「40年間移民を拒否してきた日本がモデルだ」と説明した。新型コロナウイルス危機で広がった不平等感を背景に、この秋ごろから急速に支持を拡大した。

11/30(火) 20:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/24bb1cbcda43b692e9f823ff3ef6feec8d4ab900

 来年4月のフランス大統領選挙に、極右の政治評論家が正式に出馬を表明しました。「反移民」などの主張で支持を集め、世論調査では極右政党のルペン氏と2位の座を競っています。

 来年4月の大統領選挙への出馬を表明したのは、政治評論家のエリック・ゼムール氏(63)です。ゼムール氏は、反移民など極右的な主張で支持を集め、11月30日、「フランス人のフランスを取り戻す」と支持を訴えました。

 最新の世論調査では、マクロン大統領の支持率が25%と首位。前回の選挙で決選投票に進んだ極右政党「国民連合」のルペン氏が19%、ゼムール氏は14%ですが、ソフト路線に転向するルペン氏からより極端な主張を展開するゼムール氏に支持が流れているともいわれ、ゼムール氏が2位に浮上したこともあります。

 一方、マクロン大統領は、年明けに立候補を正式表明するとみられています。

12/1(水) 11:03配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c46d27d8dc33cce54ea7c5829fbde4feaa96135

★1:2021/12/01(水) 23:09:52.14
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638380335/


【【移民拒否】AA!フランスを取り戻すwwwww日本がモデルだWW!!】の続きを読む


出入国在留管理庁が、人手不足の深刻な14分野「外国人在留資格・特定技能」など事実上、在留期限をなくす方向で調整、家族の帯同も認めるという。これはもう、移民を認めるということですね。それもきっと、特定の国なのでしょうね。段々、岸田内閣・自公政権の危うさが表れてきた感がします。参院選には、しっかりと厳しく判断をしなければなりません。また、官僚の改革・各省庁の改革も厳しくしなければなりません。

1 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [US] :2021/11/18(木) 07:34:52.90


出入国在留管理庁が人手不足の深刻な業種14分野で定めている外国人の在留資格「特定技能」について、2022年度にも事実上、在留期限をなくす方向で調整していることが17日、入管関係者への取材で分かった。熟練した技能があれば在留資格を何度でも更新可能で、家族の帯同も認める。これまでの対象は建設など2分野だけだったが、農業・製造・サービスなど様々な業種に広げる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE019ZY0R00C21A9000000/?n_cid=SNSTW001&n_tw=1637139615


【【無期限】OOOO!技能実習生WWWW家族の帯同AAAA!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ