#移住


田舎暮らすということが定着している。 日本でもようやく1980年代後半頃から、価値観の多様化が急速に進展し、それまで否定的な面ばかりが強調されていた田舎暮らしの良さを見直す人々が現れた。それが具現化したのは、日本で1990年代後半頃から顕著となったグリーンツーリズムの動きである。これは、田舎
18キロバイト (2,356 語) - 2023年2月9日 (木) 08:08
記事・画像は引用しております

都会から田舎に移住した人の中には、都会のスタイルを持ち込んでトラブルになることもあるよう。せっかく念願の移住であれば、そこは「郷に入っては郷に従う」というのがいいのではないでしょうか。


1 ぐれ ★ :2023/02/10(金) 09:33:29.80ID:epruDN+79
※2/9(木) 14:03配信
AERA dot.

 福井県池田町の広報誌に掲載された「池田暮らしの七か条」に、移住者への提言として「都会風を吹かさないよう」「品定めされることは自然です」といった表現があり、一部で批判が出ていると報じられた。現在は町のホームページにも提言が掲載されているが、なぜこうした文言が掲載されることになったのか。町の担当者に真意を尋ねると、小さな田舎町に根付く慣習と、田舎暮らしを夢見てやってきた移住者とのギャップを解消したい、という意図を語った。

*  *  *

 池田町は人口約2300人で、毎年20人ほどが移住してきている。

 同町の担当者によると、町には「集落」と呼ばれている33の地区があり、それぞれに区長がいる。

「七か条」は、その区長会が提言としてまとめたものだという。

 その中では、

▽「参加、出役を求められる地域行事の多さとともに、都市にはなかった面倒さの存在を自覚し協力してください。(中略)このことを『面倒だ』『うっとうしい』と思う方は、池田暮らしは難しいです」

▽「今までの自己価値観を押し付けないこと。また都会暮らしを地域に押し付けないよう心掛けてください。(中略)これまでの都市暮らしと違うからといって都会風を吹かさないよう心掛けてください」

▽「プライバシーが無いと感じるお節介があること、また多くの人々の注目と品定めがなされていることを自覚してください。どのような地域でも、共同体の中に初顔の方が入ってくれば不安に感じるものであり『どんな人か、何をする人か、どうして池田に』と品定めされることは自然です。干渉、お節介と思われるかも知れませんが、仲間入りへの愛情表現とご理解ください」

 などと記されている。

 町のホームページには区長会からのメッセージとして、《私達は、池田町の風土や人々に好感をもって移り住んでくれる方々を出迎えたいと思っています。(中略)移住者、地元民双方が『知らない、聞いてない』『こんなはずではなかった』などによる後悔や誤解からのトラブルを防ぎたいと思っています》と、提言を出した理由が書かれている。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/0db41a81b138e63f9a0cc680d52c58cdb0589567

【【田舎で暮らす】AA‼移住者さんAA都会風を吹かさないようAA!!】の続きを読む



軽井沢(かるいざわ)は、長野県東信地方の佐久地域を中心に見られる地名である。狭義には長野県北佐久郡軽井沢町の旧軽井沢地区(ウィキ座標、旧軽井沢メインストリートも参照)あるいは軽井沢町全体を指し、広義には隣接する御代田町(西軽井沢)、群馬県長野原町/嬬恋村(北軽井沢/奥軽井沢)・安中市(東軽井沢
258キロバイト (32,970 語) - 2022年7月31日 (日) 05:25
記事・画像は引用しております

自分らしさを求めて軽井沢に移住。四季折々の変化を楽しむ移住生活。住み始めて感動した水と空気。まだある、自然の中、春夏秋冬の景色の素晴らしさが・・・・

【【春夏秋冬】AA!!自然の恵みww軽井沢ww移住の中でww!!】の続きを読む


札幌在住・テレビドラマ「東京ラブストーリー」などで活躍した千堂あきほさん(52)は、今どうしているのか。札幌で話を聞いた。東日本大震災の直前、2011年2月に札幌に移住して10年になります。大勢の家族で暮らし、親しい親戚も近所で暮らしていて、今が一番人間らしく生きているかも知れませんと。北海道の番組の仕事を頂き、本来の自然体に近い姿で視聴者の前に出ていると思いますと語った。人間らしい生き方が、中々出来ない社会ですが、出来るという事は幸せですね。それぞれの人生を好きに生きることは大切ですね。

1 目潰し(東京都) [ニダ] :2021/11/16(火) 10:55:37.67


バブル景気に沸いていた1990年、深夜番組「オールナイトフジ」(フジテレビ系)で人気を獲得し、その後、大ヒットトレンディドラマ「東京ラ*トーリー」(フジテレビ系)などで活躍した千堂あきほさん(52)。
ワンレン、ボディコンの華やかなファッションがよく似合う、時代を象徴するタレントの1人だった。千堂さんは今、どうしているのか。札幌のカフェで千堂さんに話を聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c216a9cc1bc83ada31171071b23917c87fcacf63


(出典 i.imgur.com)


【【自然体】AA!!自然体wwww姿で発見wwww!!!!】の続きを読む


最近は、田舎暮らしという移住があるが、コロナ禍の影響で地方に移り住んだり、リモート・ワークで移り住むことが多くなったが、ちょっとした移住ブームのおかげで、にわか田舎ファンが増え、各地で迷惑をかけている事例があるようです。移住では、都会も地方も日本であり、法律も同じだが、しかし、文化は違う。これを理解せずに地方へ移り住むと、色々な摩擦も生じることがある。もちろん、移住者だけではなく、地元の人たちの問題もあるようですが。憧れだけで移住は難しいのでしょうね。

1 七波羅探題 ★ :2021/11/11(木) 07:52:44.12

現代ビジネス 11.11
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/89170

■失敗事例は田舎のせいだけではない
 コロナ禍以降、テレビや雑誌、ネットなど各メディアで、都市部の密集した暮らしから、人口の少ない地方へ移住する、いわゆる「コロナ移住」という言葉をよく目にする。

 リモートワーク・テレワークが導入され、勤務地以外のどこで暮らしていても仕事ができる環境になったことは非常に大きい。過疎に直面する地方自治体にとっては、田舎の良さをPRする絶好の機会である。

 しかし、ちょっとした移住ブームのおかげで、にわか田舎ファンが増え、各地で迷惑をかけているという事例をよく耳にする。

 何年もかけて地方移住を検討している人と、最近になって急速に地方移住に興味を持った人では性質が違うので、受け入れ側としては慎重にならざるを得ない。

 自治体の窓口の相談に来た人に対しては、担当職員などが注意点などを伝えることで未然にトラブルを防いでいるが、ネット上で手ごろな空き家を見つけ、いきなり縁もゆかりもない土地へ飛び込む人には伝えようがない。

 都会も地方も日本であり、法律は同じだ。しかし、文化は全く違う。それを理解せずに飛び込むと、いろいろな摩擦が生じる。

 筆者自身、移住者であり、長年受け入れ側と移住希望者のコーディネートをしているが、当然一方だけが悪いということはない。

 地方移住の失敗事例というと、移住先・田舎の方に問題があると思われがちだ。実際、ネット検索で上がってくる失敗事例は、田舎の人は閉鎖的で受け入れてくれないなどといった、田舎が悪いという意見が多い。

 そこで今回は、移住者自身が原因となる失敗の実例、「田舎のこういうところに気をつけて」ではなく、「移住を考える当人自身のこういうところは気をつけて」という角度から紹介したい。

■あなたはお客様ではない
 2011年の東日本大震災以降、消費するだけの生活に疑問と不安を抱いた若者の間で「田園回帰」がはじまったことと、第二次安倍政権が打ち出した地方創生により、各自治体は移住者誘致に積極的に取り組むようになった。

 移住PRと観光PRは似て非なるものであり、良い面だけでなく、悪い面も伝えないといけないのだが、移住PRのノウハウがない自治体は、観光さながらのPRを行った。

 移住者は客ではない。まちの住民となるのだ。しかし、受け入れ側がそんな調子だから、移住をあたかも観光のように錯覚する移住希望者が増えてしまう。

 役場窓口の担当者に対して「移住したらどういった優遇をしてくれるの?」や「あなたたち、移住してほしいんでしょ?」といった、お客様目線の移住希望者は珍しくない。

 百歩譲って、担当者相手だけならまだしも、地域住民に対しても同様の接し方をする。地域に新しい仲間が増えたと思っていたら、お客様扱いしろと要望してくる。

 このような「サービス依存症」の人に移住されれば、地域住民は困惑してしまう。関わりたくないと思うのも無理はない。

 また、サービス依存症が重症だと、近所からのおすそわけにも感謝が薄い。おすそわけは当たり前ではない。もらったなら、何かしらの形で感謝の気持ちを表すのは当然だ。上げ膳据え膳のサービスを求めるなら、都会から出ないほうが良いだろう。

 移住関連の記事で「田舎に住めば、おすそわけがもらえます!」とよく目にする。
 
 おすそわけをもらったらお返しをする。大人として自然な対応だ。お返しといっても、近所周辺の草刈りや、相手が高齢者なら重い手荷物を運ぶのを手伝うなど、そんなことで構わない。

 地域住民となったのだ。客ではないのだから、してもらうことばかり考えず、受け入れてくれた人々の善意を大切にして欲しい。忙しくて何も出来ないときもあるだろう。だからこそ常に感謝の気持ちを忘れてはいけない。おすそわけをすることが当たり前の地域に入ったのなら、されるのが当たり前にならず、することが当たり前にならないといけない。

 しかしなかには、自分たちの方が優れているとでも言うかのように「上から目線」で地域住民と接する移住者たちもいる。その実態については、【後編】「地方移住先で「上から目線」を炸裂させ、地域で嫌われる「都会からの移住者」の残念な実態」でお伝えしよう。


【【移住】AA!!迷惑wwww地方wwwwワガママww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業のテレワーク導入や通勤削減などが広がる中、都市型から近郊地域への移住が増加している。これもコロナの影響ですね。企業にとっても従業員にとっても、移住がよい方法なのか、しなければならない状況なのか、人それぞれでしょうけど。

【【移住】AA!!エリアwwwwスポットがwwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ