画像は引用しております

最も生存率が低いと言われる「すい臓がん」。早期発見が困難であることが知られている。そうした中、大阪大学・大学院医学系研究科の石井特任教授とベンチャー企業は共同研究を行い、世界初の線虫嗅覚によるがん検査を応用した早期がんの診断法で従来の腫瘍マーカーによる検査よりも高い精度でがんの有無を診断できることが明らかになった。それは何よりの朗報ですね。すい臓がんの早期発見に是非とも活躍してほしいですね。


【【判定】 尿一滴がAAAA!早期発見にOOOO!!】の続きを読む