政党 (政党政治からのリダイレクト)
届出制の政党助成法により政党交付金の交付の対象 政治資金団体 - 政党のために資金援助することを目的とした団体 その他の政治団体 - 上記2例以外の政治団体 主義主張団体、政策研究団体、推薦団体、後援団体、特定パーティー開催団体(政治資金パーティーのうち収入が1,000万円以上)など…
45キロバイト (5,535 語) - 2022年10月30日 (日) 19:37
記事・画像は引用しております

なんたって増税をやりたい岸田首相。選挙公約ではなんと言っていたか。広島で特定パーティを6回も開いたらしい。1億2116万円を集めたという。いい気なもんだ。国民が値上げラッシュで、生活が困窮しているというのに。やっぱり「今だけカネだけ自分だけ」ということか。国民なんかどうでもいいのだ。



1 ぐれ ★ :2022/12/04(日) 07:16:23.18 ID:GV6Sr90g9.net
※12/2(金) 19:17配信
プレジデントオンライン

■「青木率」では菅首相の末期に近い

 岸田文雄首相の退陣が「カウントダウン」の様相を呈してきた。

 1カ月の間に3人の閣僚が辞任に追い込まれ、その後も秋葉賢也復興相の足元がぐらついている。安倍晋三元首相の銃撃事件を機に表面化した旧統一教会と自民党政治家の関係が予想以上の広がりを見せ、ボディーブローのように政権を弱体化させている。

 岸田内閣の支持率低下が止まらない。世論調査の結果は実施する報道機関ごとに傾向が違うが、中立的とされるNHKの11月の調査(期間は11月11日から3日間)でも内閣支持率は33%にまで低下した。

 政党支持率の調査での自民党の支持率も37.1%にまで下落している。7月には支持率は59%に達していたが、8月は46%、9月は40%となり、10月は38%と不支持率(43%)と逆転した。

 政策通の間ではよく知られる「青木率」というのがある。参議院のドンと言われた青木幹雄元議員が経験的に生み出したとされるもので、内閣支持率と与党支持率の合計が50%を割ると政権はもたない、というものだ。

 NHKの調査で見ると70.1%なのでまだまだ危険水域には入っていないように見える。もっとも、菅義偉首相は辞任を表明する前の8月の調査で、内閣支持率29%、自民党支持率33.4%だったので、青木率は62.4%。安倍晋三首相の場合は、辞職表明直前の2020年8月の調査では、内閣支持率34%、自民党支持率35.5%で、青木率は69.5%だった。

■なぜ党内で「岸田おろし」が起きないのか

 いずれも内閣支持率が30%前後になったことで、首相には大きなプレッシャーがかかったということだろう。岸田首相も33%だから、相当追い込まれていることは間違いない。

 11月21日の夜の会合で「今はちょっと孤独でつらい時もある」と漏らしたと報じられた。

 背景に支持率低下があることは間違いない。政権に厳しいとされる毎日新聞の調査では、10月に内閣支持率が27%にまで低下。自民党支持率も24%となり、あわや「青木率」にヒットするスレスレになった。毎日の調査はおかしいのではないかという声まで出るほど衝撃が走った。11月はやや支持率を戻したが、それでも毎日の調査は支持率31%、不支持率62%という数字だった。

 ここまで支持率が低下しているにもかかわらず、自民党内からは「岸田おろし」の動きが本格化しない。要因は、最大派閥で安倍元首相が率いてきた清和政策研究会は、後任会長を絞り込めないままで、自ら総裁候補を担ぎ出せる状態にないことが大きい。

 来年の統一地方選挙を控えて「岸田首相では戦えない」という声も出始めているが、「では誰がいいか」となると声が消える。党内にも満場一致で首相に担ぐことができる玉がいないのだ。また、岸田首相に代わって自分が首相になろうと声を上げる議員も出てこない。

■「野党はあら探しをしているだけ」

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/0adcfbcf47a69b397697c84cadb81f1c4b55271c
※前スレ
【政治】「首相になる」が目的で、「日本をどうするか」を考えていない…岸田首相の支持率低下が止まらないワケ [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670055184/

★ 2022/12/03(土) 17:13:04.71

【【目的】AA!!金儲け「ww首相になったww後はどうでもww!!!!】の続きを読む