#無重力



「後輩に道を譲りたい」野口聡一宇宙飛行士がJAXA退職を前に記者会見
…2022年6月1日をもって宇宙航空研究開発機構(JAXA)を退職する野口聡一宇宙飛行士。退職まで残すところ1週間となった5月25日に、野口さんは記者会見を開きました。
(出典:sorae 宇宙へのポータルサイト)


野口聡一は秋山豊寛に次ぎ、ソユーズで打ち上げられた2人目の日本人となった。また、野口は副操縦士(フライトエンジニア)として日本人で初めて宇宙船の操縦業務に関わった。 オレッグ・コトフ (2) - ロシア RSA ティモシー・クリーマー (1) - アメリカ合衆国 NASA 野口聡一 (2)
3キロバイト (209 語) - 2020年3月12日 (木) 07:38
記事・画像は引用しております

JAXA・野口聡一さんは、もうじきJAXAを退職するのですが会見で、ミッションの印象は無重力の世界に包まれ、球体の地球が目の前に浮かんでいる感覚を経験したことは忘れられないという。近い未来に誰でも宇宙に飛び出せる時が必ず来ると思う。

【【目の前に浮かぶ】AA!!退職するww野口聡一さんww球体の地球ww!!】の続きを読む


宇宙ステーションは、地上から400キロ辺りを飛んでおり、重力は10%ほどしか小さくなっていないようです。宇宙ステーション位の高さだと、まだ重力の影響下にある。物が落ちている時は、重力を感じていない無重力状態になっている。そうなんですね。自分で経験しないと実感がなく分からないので経験したいですね。

1 ブラディサンデー(SB-iPhone) [US] :2021/11/27(土) 16:46:21.84


テレビで宇宙ステーションの映像を見ると、宇宙飛行士たちがぷかぷか浮いている。

この問題の答えは、つい「無重力だから」と答えたくなってしまうものだが、宇宙ステーションは地上から400kmを辺りを飛んでおり、重力は10%ほどしか小さくなっていないようだ。

地球の重力は地球から離れるほど弱まるが、宇宙ステーションくらいの高さだとまだまだ重力の影響下になる。

宇宙ステーションとともに中にいる人が一緒に落ちているというのがポイント。ものが落ちている時は、重力を感じていない無重力状態になっている。

飛行機を急降下させて無重力状態を意図的に作る実験では、機内においたりんごの重さは計測不能のゼロ状態となった。これが宇宙ステーションでも起こっている。

https://sirabee.com/2021/11/27/20162710071/


【【重力10%】AA!宇宙ステーションwwww常に落下wwww】の続きを読む

このページのトップヘ