#海底火山



小笠原の海底火山に噴火警報 「海徳海山」付近で水の変色
…小笠原諸島付近で今後、海底火山が噴火する可能性があるとして、気象庁が噴火警報を発表した。 気象庁は、小笠原諸島母島の南西120kmにある海徳海山で、…
(出典:フジテレビ系(FNN))


小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都小笠原村の行政区域を指す。東京都特別区の南南東約1,000キロメートルの太平洋上にある30余の島々からなる。総面積は104平方キロメートル。南鳥島、沖ノ鳥島を除いて伊豆・小笠原・マリアナ島弧(伊豆・小笠原弧)の一部をなす。小笠原諸島は別名をボニン諸島 (Bonin
89キロバイト (12,517 語) - 2022年8月20日 (土) 22:08
記事・画像は引用しております

小笠原諸島付近で今後、海底火山が噴火する可能性があるとして、気象庁は噴火警報を発表した。海徳海山付近で海の色が変色して、噴火で火山灰や火山石が飛散することが考えられるのだろう。船舶は気をつけてください。

【【噴火警報】AA!!気象庁ww今後ww海底火山ww可能性がww!!】の続きを読む


2022年のフンガトンガ=フンガ・ハアパイ火山の大規模噴火(2022ねんのフンガトンガ=フンガ・ハアパイかざんのだいきぼふんか)は、現地時間の2022年1月15日17時ごろ(UTC+13)に南太平洋、トンガのフンガトンガ=フンガ・ハアパイ火山で発生した海底火山の大規模噴火である。噴火
54キロバイト (6,422 語) - 2022年1月19日 (水) 10:02


NASAはトンガ海底火山の噴火は、表現が良くないが、広島に投下された原爆の500倍超の威力があったと報じた。噴火の原因は、カルデラに液状のマグマが流れ込み、海水と混ざったことにあつ立上げと予想していると。それにしても強大な噴火に、トンガの人々は恐れ慄き、混迷を極めた事と思います。状況が分かりませんが、早い復興を願っています。

1 影のたけし軍団 ★ :2022/01/20(木) 16:27:00.13

米航空宇宙局(NASA)の研究者によれば、トンガのフンガ・トンガ海底火山の噴火は、
広島に投下された原爆の500倍超の威力をもち、およそTNT火薬10メガトンに相当する。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

NASAの研究者らは、噴火の威力を測定するため、核兵器の爆発威力を分析するスケールを利用した。

火山噴火は、1945年8月に米爆撃機によって広島に投下された原爆「リトルボーイ」のおよそ667発分の威力に相当する。

研究者らは、噴火の原因は、カルデラに液状のマグマが流れ込み、そこで海水と混ざったことにあると予想している。
強力な噴火は1時間におよび発生し、爆発音が数千キロの範囲で確認された。
https://jp.sputniknews.com/20220120/600nasa-9988984.html


【【衝撃】AA!!広島型原爆wwww667発分wwww米航空宇宙局あwwww!!!!】の続きを読む


火山自体は、フンガ・トンガ島とフンガ・ハアパイ島の間に位置する海底火山あり、2009年トンガ海底火山噴火(英語版)により海面上に現れた。フンガトンガとフンガ・ハアパイの両島は、火山のカルデラの西側と北側の外縁の残骸ある。両島はハアパイ諸島の一部約1.6kmの距離があり、それぞれの長さが約2km
28キロバイト (3,797 語) - 2022年1月16日 (日) 15:52


トンガで再び大規模噴火が発生。AFP通信は17日、南太平洋のトンガで再び「大規模噴火」が観測されたと報じた。NZ軍が現地に行くことになると、16日にアーダン首相は語っていましたが。詳しい状況は分からず懸念されますね。

1 少考さん ★ :2022/01/17(月) 09:09:33.44

トンガで再び大規模噴火
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022011700183&g=int

2022年01月17日08時53分

AFP通信は17日、南太平洋のトンガで再び「大規模な噴火」が観測されたと報じた。


【【再噴火】AA!!大規模噴火wwwwまたかwwww!!!!】の続きを読む


日本国とトンガ王国の関係(にっぽんこく(にほんこく)とトンガおうこくのかんけい、英語: Japan–Tonga relations)は、1970年7月以来、公式な外交関係が維持されている。日本はトンガにおける先進的な技術供与国であり、またトンガへの政府開発援助供与額で第3位である。日本国政府はトンガ
8キロバイト (899 語) - 2021年12月12日 (日) 18:49


太平洋のトンガで海底火山が噴火する。全国各地に津波警報が、各地で潮位が上昇する。気象庁の津波情報に注意して自分の身を守りましょう。

1 上級国民 ★ :2022/01/16(日) 07:44:03.58


(出典 pctr.c.yimg.jp)

太平洋のトンガで海底火山(画面右)が噴火している様子を捉えた衛星画像。15日、日本の気象衛星「ひまわり8号」が撮影した=AP

全国各地で潮位上昇、奄美・岩手に津波警報 気象庁「通常と異なる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220116-00000004-asahi-soci

 南太平洋のトンガ諸島で発生した大規模な噴火の影響で、15日夜から16日未明にかけて鹿児島県奄美市で1・2メートル、岩手県久慈市で1・1メートルなど、北海道から沖縄・奄美の広い範囲で潮位が上昇した。気象庁は16日午前0時15分に奄美群島・トカラ列島に津波警報、太平洋側の広い範囲に津波注意報を出した。同日午前2時54分には岩手県に出ていた津波注意報を警報に切り替えた。

 同庁は、警報が解除されるまでは安全な場所へ避難するよう呼びかけている。総務省消防庁によると、沿岸部を中心に各地で避難指示が出されているが、16日午前1時45分現在、人的被害は確認されていない。

 気象庁によると、16日午前3時半までに観測された最大波は、北海道浜中町0・9メートル▽福島県いわき市0・7メートル▽茨城県大洗町0・6メートル▽父島(東京都小笠原村)0・9メートル▽静岡県御前崎市0・7メートル▽和歌山県串本町0・9メートル▽高知県土佐清水市0・9メートル――など。

 噴火は15日午後1時ごろ、日本から南約7700キロ離れたトンガ諸島の「フンガ・トンガ―フンガ・ハアパイ火山」という海底火山で発生。噴煙は高さ約1万6千メートルまで上った。

 同庁は15日午後7時ごろ、噴火の影響について、若干の海面変動がある可能性はあるものの、被害の心配はないと発表していた。だが、深夜になって太平洋側の各地の検潮所で大きな潮位変動が観測されるようになり、防災上の観点から津波情報を使って避難を呼びかけたという。

 16日未明に開いた緊急の記者会見で、同庁は今回の潮位変動について「通常の津波とは異なる」との見解を示した。気圧の上昇とともに潮位の変化がみられたといい、「噴火によるものと考えているが、どういうことが起きたかはわかっていない」としている。

 同庁によると、海外の火山噴火によって国内で潮位の変化が観測されたのは初めてだという。津波警報が出されたのは、2016年11月の福島県沖を震源とする地震以来。(吉沢英将)
※前スレ
【日本列島】全国各地で潮位上昇、奄美・岩手に津波警報 気象庁「通常と異なる」 [上級国民★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1642276602/
【日本列島】全国各地で潮位上昇、奄美・岩手に津波警報 気象庁「通常と異なる」 ★2 [上級国民★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1642282595/


【【津波が来た】AA!!注意wwww潮位上昇wwww情報をwwww!!!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

小笠原諸島の海底火山の噴火で、沖縄県本島などに大量の軽石が漂着して、漁業や観光業への影響が出ている問題で、沖縄県知事は26日夕方、漂着した名護市の海岸を視察した。海底火山「福徳岡ノ場」で噴火した大量の軽石が漂着したもの。火山活動で大変なのですが、島が大きくなり喜んでいたが、こういう被害もあるということですね。

【【火山の影響】AA!!軽石wwww漂着wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ