#海上保安庁



知床観光沈没事故(しれとこかんこうせんちんぼつじこ)は、2022年(令和4年)4月23日に遊覧船「KAZU I(カズ ワン)」が北海道斜里郡斜里町の知床半島西海岸沖のオホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没した海難事故である。 4月26日現在、「知床観光遭難事故」「北海道知床遊覧船事故」などとも呼称されている。
48キロバイト (6,537 語) - 2022年5月2日 (月) 06:37
記事・画像は引用しております

海保が「知床遊覧船」の事務所を捜索。業務上過失容疑で。水深115メートルの船体がカメラに。客室のドアは開かれたままの状態のようです。ずさんな管理体制が更に悲しみと悔しさを。

【【水深115M】AA!!ずさんな管理体制ww知床遊覧船事故ww!!】の続きを読む


朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) が行った大規模な弾道ミサイル発射の一覧。 準中距離弾道ミサイルのノドンやスカッドERや北極星2号、中距離弾道ミサイルのムスダンや火星12、大陸間弾道ミサイルの火星14や火星15、潜水艦発射弾道ミサイルの北極星1号の発射実験は国際機関へ通告せずに行われる。
16キロバイト (2,026 語) - 2022年1月5日 (水) 05:03


北朝鮮がまた、ミサイルを発射した可能性があると海上保安庁が発表した。どうせ政府は、遺憾砲だろう。体たらくでお粗末対応。今に領土にも届くだろう。どんな対応をするのか。遺憾砲では済まされないことぐらい誰でも分かる。

1 カラカル(東京都) [FR] :2022/01/17(月) 09:00:20.67


北朝鮮が弾道ミサイル発射か 海上保安庁

北朝鮮からミサイルの可能性があるものが発射されたと海上保安庁が発表。(JX通信社/FASTALERT)

https://newsdigest.jp/news/1b7c3dd6-83d5-4da6-9783-7da2fe6757c2?utm_source=newsdigest&utm_medium=referral


【【またか】AA!!弾道ミサイルwwww発射 wwww!!!!】の続きを読む


北朝鮮が懲りずにまた飛翔体・弾道ミサイルを発射した。今後の情報が待たれるが、政府は遺憾砲で済ますのか。こんなことがあってはならないが、日本領土近辺に落下したら政府はまた遺憾砲か。政治家はどんな対応を取るのかが見たい気がする。お花畑の皆さんの反応も見たい。

1 上級国民 ★ :2022/01/05(水) 08:28:15.62

2022/01/05 08:13
海上保安庁 発表

 北朝鮮から、弾道ミサイルの可能性があるものが発射されました。
 船舶は、今後の情報に留意するとともに、落下物を認めた場合は、近づくことなく、関連情報を海上保安庁に通報してください。


【【速報】AA!!弾道ミサイルwwww発射か wwww!!!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております
画像は事故とは関係ありません

5日午前10時ごろ、鋸南町勝山沖にある浮島の海岸から30メートル付近でダイビングしていた男性が一時行方不明になり、ア向けで浮かんでいるのをインストラクターが見つけ病院に搬送されたが、意識不明の重体。インストラクターが一時見失っていた。詳しいことがまだ分からず引き続き調査中とのことです。

【【見失う】ああ!ダイビングツアーwwwww男性がwwwww!!】の続きを読む


日本と韓国に新たな火種が。韓国船が、日本の排他的経済水域内で密漁していた疑いがある。が、遭難しているので捜索・救助が優先するだろう。常識で考えれば。だが韓国は、いつもの常套手段でイチャモンをつけている様子ですね。もう相手にしたくない・関わりたくない国の案件が出てきたね。どうなるか、平穏には終わらないはず。

1 新種のホケモン ★ :2021/10/22(金) 07:43:40.65

独島(トクド、日本名・竹島)北東168キロメートルの公海上で今月19日夜に転覆した漁船「チェ11イルジンホ」(72トン)に関連し、日本海上保安庁が事故現場に到着して1時間40分が過ぎた後になって海洋警察庁に事故の事実を通報していたことが明らかになった。

21日、韓国海洋警察の状況報告書によると、前日午前11時18分ごろ慶尚北道鬱陵郡(キョンサンブクド・ウルルングン)の独島北東168キロメートル沖を航行していたH商船が「チェ11イルジンホ」が転覆しているところを発見した。

H商船は韓日の中間水域である事故海域が日本に近いと判断した12分後、無線通信設備(VHF)を利用して海上保安庁に届け出た。

海上保安庁の艦艇が事故海域に到着した時刻は午後12時36分で、届出を受理した1時間後だった。

事故を確認した日本海上保安庁艦艇はそれから1時間40分が経過した午後2時24分になってようやく東海地方海洋警察庁に通報した。

その後海洋警察は5000トン・1500トン級艦艇を急派したが午後7時50分になって事故海域に到着した。イルジンホがH商船によって初めて発見されてからすでに8時間30分が経過していた。

海洋警察関係者は「通報が遅く入ってきたのは間違いない」とし「日本海上保安庁も捜索作業を助けていて事故が収拾した後、その理由を尋ねてみる予定」と説明した。

事故船舶はベニズワイガニを獲る漁船で、今月16日午前3時11分ごろ、韓国人3人と中国人4人、インドネシア人2人など9人を乗せて慶尚北道後浦項(ポハン)を出港し、23日に入港する予定だった。

現在、乗組員3人の生死は確認されたが6人は行方が分かっていない。海洋警察は行方不明者を探すために事故海域を捜索しているが、周辺は高さ4メートルの波が立っていて捜索が難航している。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2021.10.22 07:34
https://s.japanese.joins.com/JArticle/284095?servcode=A00&sectcode=A10


【【排他的経済水域】 助けてもOOOO!!密漁してもOOOO!!】の続きを読む

このページのトップヘ