記事・画像は引用しております

日本政府によるアフガニスタンからの邦人や大使館の現地スタッフの退避作戦は、事実上、活動期限である27日を過ぎ、継続は困難な状況となってきた。自爆テロなど治安悪化で退避希望の多くはアフガン国内に残されたまま、派遣の根拠である自衛隊法に「活動を制約」され、自衛官は首都カブールの空港から一歩も外に出られなかった。自衛隊法の改正が急務です。当時反対した議員たち猛反省だね。法の制約で救助できないのは悲劇でしかない。

【【悲劇】AA‼制約により救助できずww自衛隊退避作戦ww!!】の続きを読む