#死活問題


インボイス制度インボイスせいど)とは、消費税(付加価値税)の仕入税額控除の方式の一つで、課税事業者が発行するインボイス(売手から買手へ正確な適用税率や消費税額等を伝えるための請求書など)に記載された税額のみを仕入税額控除することができる制度のことである。 2022年10月末時点で経済協力開発機構…
51キロバイト (7,556 語) - 2023年9月26日 (火) 10:33

(出典 nishachibudom.blogspot.com)
インボイスを勉強しよう


(出典 umairishawn.blogspot.com)
導入するのかしないのか

記事・画像は引用しております

10月1日から始まるインボイス制度だが、弱者へのイジメ増税か。選択によっては変わる税額。野党が騒ぐのなら正しいインボイス制度という声もあるが、公平に、とにかく国民が納得するものであっていただきたい。

1 少考さん ★ :2023/09/27(水) 06:34:28.82 ID:lAni55yw9
インボイス制度は「弱い者いじめの増税だ」 個人事業主らが官邸前で抗議 10月からの制度開始「断固反対」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/279670

2023年9月25日 20時37分

 消費税のインボイス(適格請求書)制度が10月に始まるのを前に、反対する集会が25日、東京・永田町の首相官邸前で開かれた。影響を受ける個人事業主らが「断固反対」と声を上げた。

 「インボイスは弱い者いじめの増税だ」「死活問題」「働く者のための税制を考えて」。フリーランスで働く配達員や俳優、英会話講師、漫画家らが代わる代わるマイクを握って窮状を訴え、1000人を超える人たちが耳を傾けた。野党の国会議員も顔をそろえ、連帯を呼びかけた。

制度導入で、消費税の納税が免除されてきた事業者が免除のままか、課税事業者になりインボイスを発行するかが迫られ、免除を選択すると取引先を失う懸念が指摘されている。

◆「会社員の人も関係ないわけじゃない」
 会社を経営し、フリーランスの人たちと仕事をしているクリエーティブディレクターの辻愛沙子さんは「会社員の人も関係ないわけじゃない。漫画、アニメ、生活を彩るありとあらゆるものが奪われてしまうかもしれない制度に反対」と訴えた。

集会は「インボイス制度を考えるフリーランスの会」が主催。会がオンライン上で集めた賛同署名は25日午後7時現在で52万筆に上っている。(渡辺聖子)


※関連スレ
※中日新聞
「インボイス」中止求め集会 首相官邸前でフリーランスら [少考さん★] 
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695643667/


※別ソース
インボイス制度は「税率変えない消費税増税」 個人事業主らが官邸前で集会:神奈川新聞
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-1022438.html

「インボイス」中止求め集会 首相官邸前でフリーランスら | 共同通信
https://nordot.app/1078991257728353069


※前スレ (★1 2023/09/26(火) 08:31:54.92)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1695731148/

【【インボイス】AA!!増税だAA不安や疑問AA弱い者イジメAA!!】の続きを読む


原子力発電所 (原発からのリダイレクト)
ネルギーを熱エネルギーの形で取り出し、それによって蒸気タービン(羽根車)を回転させて発電を行う発電所である。 略称としては、日本語では原発(げんぱつ)と略される。原発立地の道路の案内標識では「○○原電」と表記されることもある。核燃料を使用して電気を起こすことから、核発電所(かくはつでんしょ)ともいう。
28キロバイト (3,938 語) - 2022年3月27日 (日) 12:56
電力需給のひっ迫で原発稼働をすべき。経団連会長は、原発の有効活用を真剣に考えるべきという。地域住民の理解を得られるものから稼働させなければ、国民生活が大変なことになるという。たしかに深刻で、電力は厳しい状況と思う。反対反対では乗り切れない。安全対策は勿論だが、国民の生活や企業にとって必ず死活問題になる気がする。反日勢力の反対は日本を貶めている。経団連は金儲け主義で好かんが、原発は生活かかっている。生活の不便を我慢できるなら別だが・・・・


2 ニューノーマルの名無しさん :2022/03/29(火) 10:50:37.41

ニッ( ´∀`)ノシ


【【不足が命とりに】AA!!ひっ迫中wwww原発稼働ww大変なことにww!!】の続きを読む

このページのトップヘ