北アルプスに広がる満天の星 新穂高ロープウェイ夜間運行
 今季初日の21日は好天に恵まれ、ペガスス座やみずがめ座といった秋の星座が出現。オリオン座流星群が活発となる「極大日」とも重なり、訪れた人々が流れ星を見つけ感嘆の声を上げていた。
(出典:岐阜新聞Web)


オリオン座流星群オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつ。毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。 オリオン座の中でふたごとの境界付近に放射点がある。比較的速度が速いため、明るい流星が多くみられる。 母天体(母彗星)はハレー彗星。約3000年前のハレー彗星の塵による。なお、5月…
4キロバイト (349 語) - 2022年3月23日 (水) 13:09
記事・画像は引用しております

10月21日、オリオン座流星群が活発となる「極大日」とも重なり、流れ星を見つけては歓声が上がった。北アルプスの満天な星の広がりに観光客を魅了する流れ星。流れ星だけではなく、星空を眺めるだけでも癒されるのではないでしょか。

【【満天の星空】AA!!北アルプスwwwwオリオン座流星群ww!!】の続きを読む