画像は引用しております

中国が核戦争弾頭を搭載可能な極超音速ミサイルの実験を行ったと報じられたのを受け、米国のバイデン大統領の核政策に対する批判を改めて勢いづいている。バイデン氏は核兵器削減という野心的な目標を掲げているが、情報や国防の当局者らは中国の実験について同国の技術が格段に飛躍したことを示すものだと警告。米国に対する新たな脅威になりかねないと指摘している。また、バイデン氏は核兵器の「先制不使用」の方針も検討しているという。これに対しての日本の反応はどうなんでしょうね。リスクは間違いなく拡大を辿るでしょうね。

【【検討】 OOOO!!先制OOOの政策WWWW!!!!】の続きを読む