#未知の世界


新型宇宙望遠鏡「NASA・ESA・カナダ宇宙庁」は、欧州のアリアン5ロケットを使って打ち上げる。地球からの距離約150万キロメートルまで移動。L2到着後に機器の冷却などを行い、打ち上げからおよそ6か月後に観測を開始する予定という。日本時間2021年12月22日21時20分の予定です。もう、わくわくですね。必ず成功することを願っています。未知の世界が待っています。

1 グリーゼ581c(SB-iPhone) [US] :2021/12/16(木) 07:52:02.27


新型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」
ついにロケットへ搭載される

NASAとESA、それにカナダ宇宙庁(CSA)の新型宇宙望遠鏡。
欧州のアリアン5ロケットを使って打ち上げ。
地球からの距離は約150万kmまで移動。
L2到着後に機器の冷却や較正などを行い、
打ち上げからおよそ6か月後に観測を開始する予定です。

日本時間2021年12月22日21時20分の予定です。

画像

(出典 i.imgur.com)


宇宙へ そらへ
https://sorae.info/space/20211215-jwst.html


【【称賛】AA!!新型 宇宙望遠鏡 ww12月22日21時20分打ち上げ wwww!!】の続きを読む


ナポリ大学研究グループ。果てしなく広い宇宙であっても、地球のような惑星は、希少な存在なのかもしれません。地球のような豊かな生物圏(生命が生息する領域)を持つ惑星が稀にしか存在しない可能性を示した研究成果を発表しました。宇宙は未知の世界ですが、魅力がいっぱいで、これからも少しでも解明されていくのでしょうが、永遠に見続けることができないのが残念です。

【【驚愕】 地球という惑星、稀な豊かな生物圏】の続きを読む


記事・画像は引用しております

コンセプシオン大学の研究グループは、自由浮遊惑星を公転する惑星の表面に液体の水が存在する可能性を示した研究成果を発表した。宇宙は、まだまだ未知の世界で、時代が進歩するたびに知ることがあり楽しみですね。

【【時事ネタ】AA!!浮遊惑星ww水がww宇宙ww彷徨う惑星ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ