#月曜日のたわわ


月曜日のたわわ』(げつようびのたわわ)は、漫画家比村奇石によってTwitter上に毎週月曜日にアップロードされるイラスト群である。2016年・2021年にWebアニメ化されている。 胸大きな女性キャラクターを描いたイラスト群。1枚目がアップロードされたは2015年2月23日であり、比村
34キロバイト (3,670 語) - 2022年4月18日 (月) 19:19
「月曜日のたわわ」の広告は波紋を呼んだ。不適切であると批判された。女子高生を性的に扱っていると。一方、表現の自由で許される範囲と。アンケート調査では、問題あるが20.5%で、問題ないが79.6%、およそ8割。つまり、広告を目にしていても問題とは思わなかったということでしょうか。不快と思う人はいるだろうが、あまりギスギスして生きづらい社会にはならないでほしい。


1 Ikh ★ :2022/04/21(木) 11:07:58.20

1.はじめに
日経新聞に載った「月曜日のたわわ」の広告は波紋を呼んだ。「月曜日のたわわ」は青年漫画誌の連載漫画であり、その漫画のキャラを使った広告が不適切であるとして批判されたのである。批判の趣旨は、広告で描かれた絵は女子高生を性的に扱っており、新聞の広告として不適切という点にある。これに対し、表現の自由で許される範囲であるという反論がなされ、活発な論争が起きている。

これに類似の論争はこれまでに何度も繰り返されてきた。古くは、人工知能学会表紙事件(2014年)、新しくは宇崎ちゃん献血ポスター事件(2019年)、そして直近では温泉むすめの事件(2020年)が記憶に新しい。

これらの論争では、人々がその表現をどう受け取るかが争点の一つである。しかし、騒動の渦中に人々がその表現をどう受け取っているかが調べられた例は多くはない。本稿ではこれを試みる。この広告に対して批判する意見、容認する意見はどれくらいあるのか、また、それを決定づける要因は何であるかを調べるのが課題である。

この種の問題は、かつては炎上してしまい、ほとんど議論が不可能であったが、今回は多少なりとも議論の兆しが見える。議論ならば事実分析を踏まえるのが建設的である。このレポートはそれに資することを意図している。

調査時点は2022年4月14日、調査会社はサーベロイド社で、ウエブモニター調査である。対象者は20歳~59歳までの男女で、年齢と性別で均等割り付けを行った。きちんと設問文を読んで答えているかのチェック設問をおき、これを通過した3154人がサンプルである。

最初に結論を述べておくと、この広告に問題ありとしたのは女性の3割強である。5割程度の人は容認しており、容認する人の方が多い。年齢別にみると若年層ほど容認的であり、20代の女性で広告に問題ありとする人は40代以上の人の半分程度にとどまる。若年層が容認的とすると、時間の経過とともに容認する人がしだいに増えていくという予想が成り立つ。また、今回の事件に限らず、一般的な傾向として言論・表現の自由を重視する人が容認的で、一般的傾向として正義を重視する人が問題ありと考えている。

2.広告に問題を感じるか
最初に、誘導を排した初見での反応を見るため、この広告が論争になっていることは伏せて次のように聞いた。

Q1 下の絵は4月のある月曜、日経新聞の1面を全面をつかった広告として出たものです。「月曜日のたわわ」という漫画の登場キャラが「今週も素敵な1週間になりますように」と述べています。左下をみるとこの漫画の宣伝でもあることがわかります。あなたが新聞でこの広告を見たとして、なにかまずい問題を感じるでしょうか。感じないでしょうか。

1 問題を感じる 2 問題を感じない

<広告を掲示>

問題を感じるかどうか、とだけ書いてどんな問題かを書かなかったのは誘導を排するためである。「まずい」という形容をつけたのは、否定的な意味での問題であることを回答者に伝えるためである。広告が日経新聞に載ったという情報は重要なので設問文にいれた。この問いへの回答の結果は図1のとおりである。

図1

(出典 synodos.jp)


図1の一番上のバーが全体の結果で、この広告に問題を感じると答えた人は20.5%で、感じないと答えた人が79.6%であった。問題を感じないと答えた人のほうが8割をしめて多数派である。

問題を感じない人が8割と多いのは、この広告が論争になっていることを知らないからかもしれない。そこで2番目のバーではすでに事件を知っていた636人だけに限った。が、それでも、結果は変わらなかった。このアンケートで初めてこの広告を目にして状況がよく分からないので問題に気づかない、ということはないようである。

※ 以下はソースで

シノドス 田中辰雄 計量経済学 2022.04.20
https://synodos.jp/opinion/society/27932/

前スレ (★1の立った時刻=2022/04/21(木) 05:09:09.43)
【世論調査】「月曜日のたわわ」を人々はどう見るか★3 [Ikh★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650498682/


【【世論調査】AA!!月曜日のたわわwwどう見るかww8割がww!!】の続きを読む


本項では女性の更年期障害について記載する。 女性の更年期に見られる器質的原因に寄らない多種多様の症状を更年期症状と呼び、その中で生活に支障を来たす程度のものを更年期障害と定義される。女性の更年期は、日本では閉経の前後5年の合計10年間を指す。 加齢に伴う卵巣の内分泌機能低下によるエストロゲン濃度低下と、更年期
16キロバイト (2,052 語) - 2021年12月18日 (土) 02:27
「月曜日のたわわ」から「更年期のしわわ」に。叩かれていた言葉が見事に変身して復活する。**の嫉妬にしか聞こえなくなったというが・・・・


1 それでも動く名無し :2022/04/22(金) 10:54:18

月曜日のたわわが一部の人間に叩かれていた中で「更年期のしわわ」というパワーワードが誕生したことにより、そのような連中が月曜日のたわわに対してなにを言っても二次元美少女に対するババアの嫉妬にしか聞こえなくなったため無事勝利した模様


(出典 i.imgur.com)


【【賛辞】AA!!その言葉ww更年期のしわわwwがww生まれたww!!】の続きを読む


新聞広告(しんぶんこうこく)は文字通り、新聞の紙面に掲載された広告である。 商品やサービス、企業自体を宣伝する一般的な広告が多いが、中には新聞広告以外にはあまり見られない独特な広告もある。 各種商品やサービス、企業自体の宣伝などがあげられる。小さいスペースに社名や商品名だけが記載されている場合も多い
12キロバイト (2,050 語) - 2022年3月19日 (土) 03:22
「月曜日のたわわ」の全面広告がネットで物議を。そんなに炎上するようなイラストには見えないが。また、どうせフェミどもだろう。女性から嫌われるフェミ。性的に、どーってことはないわ。もっと騒ぐべきとこないのか。何もかもが息苦しくさせる**不愉快にさせるのがフェミ。


1 Anonymous ★ :2022/04/07(木) 10:45:21.62

https://npn.co.jp/article/detail/200020617

(出典 pbs.twimg.com)


日本経済新聞に4日に掲載された漫画『月曜日のたわわ』の全面広告が、ネット上で物議を醸している。

 漫画家・比村奇石氏による本作。比村氏のツイッターアカウントで「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」という文言とともに発信されていたイラストが原作となっており、主人公は胸が大きな女子高生。2016年、2021年にはWebアニメ化もされている人気作品で、4日に第4巻が発売された。

 日経新聞に掲載されたのは、制服姿の主人公の女子高生が振り返った瞬間を描いたイラストの全面広告。「今週も、素敵な一週間になりますように」などと記されていた。

 しかし、広告掲載後、ネット上からは「時代錯誤すぎる」「日経新聞なのに男にだけ元気になってもらいたいの?」「ターゲット層じゃない人が普段触れない情報が、公共的媒体により拒む人にまで届いてしまうことは十分問題」「多くの人が目にする大手新聞にこの広告はないでしょ…」「女子高生を性的に見てる漫画広告が日経新聞に出るのはどうなの?」といった批判の声が噴出する事態に。

 本作の広告が日経新聞に掲載されたことを報じているニュースサイトの公式ツイッターなどにさまざまな声が集まり、炎上状態となっている。


「月曜日のたわわ」全面広告が日本経済新聞に「不安を吹き飛ばし、元気になってもらうため」
https://natalie.mu/comic/news/472548


【【炎上?】AA!!何が?ww全面広告がww 漫画広告かww!!】の続きを読む

このページのトップヘ