#最高裁判決


最高裁判所(さいこうさいばんしょ、Supreme Court of Japan)は、東京都千代田区隼町4番2号にある、日本における司法府の最高機関。日本国憲法で存在が規定され、裁判所法に基づき構成される。略称は、最高裁(さいこうさい)。 最高裁判所は、日本国憲法が施行された1947年5月3日に、日本
33キロバイト (4,480 語) - 2022年7月29日 (金) 00:34
最高裁の判決「真実である」と確定した。それは閣僚である野田聖子氏の夫が元反社・暴力団員であるという事。その野田氏が、首相不在時の代理順位が官房長官に次ぐ2位であることに違和感がないだろうか。一般社会人ではない閣僚という重責のある立場だ。


1 ボラえもん ★ :2022/08/09(火) 21:57:17.05 ID:IABftrJV9.net
 野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、
発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。
文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定した。

 野田氏は昨年10月に発足した岸田政権で、地方創生相として入閣を果たした。
本会議場のひな壇の席次は“ナンバー2”とされる演壇の右側で、首相不在時の臨時代理の順位も松野博一官房長官に次ぐ2位。
少子化担当相も兼務する野田氏は、首相の目玉政策の一つ、「こども家庭庁」の設置(来年4月に発足予定)も主導してきた。

「今でも、自身のHPでは、『私は「日本初の女性の内閣総理大臣」を目指しています』と記しています。
6月12日放送の「NIKKEI 日曜サロン」(BSテレ東)では、次期自民党総裁選への出馬意欲を問われ、『いつも目指している』と答えていました」(政治部記者)

■“元暴力団員だった事実はない”として発行元の文藝春秋を提訴

 一方、「週刊文春」は2018年8月2日号で、文信氏が「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属する暴力団員だったことなどを報道。
文信氏は元暴力団員だった事実はないなどとして、東京地方裁判所に発行元の文藝春秋を提訴した。

 裁判の過程で、「週刊文春」は、文信氏が昌山組に所属していたことを示す「暴力団個人ファイル」と題された警察庁の内部文書などを証拠として提出。
その結果、東京地裁は2021年3月、文信氏が元暴力団員だった点について、真実相当性があるとする判決を下している。
文信氏は判決を不服として控訴、「週刊文春」も一部判決を不服として控訴した。

 総裁選に出馬した野田氏は昨年9月20日、地方議員とのリモート会議で、夫の訴訟に関して「私は夫を信じている」などと発言。
さらに、9月22日には、自身のブログで<「文春」が根拠としている警察庁のデータベースについては、夫が文春を名誉毀損で訴えた裁判の判決において、
証拠として全く信用されなかった怪文書>などとし、報道が事実無根であることを強調していた。

■高裁の決定に一転、「訴訟の当事者ではない」と回答を拒否

 だが、東京高裁は今年2月3日、以下のような判決を下した。

<警察庁幹部への取材結果等を総合すれば、1審原告が過去において京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に所属していたことは真実であるというべきである>

 1審では、文信氏が元暴力団員という点について「真実相当性がある」とする判決だったが、控訴審では「真実である」とする判決になっている。

 野田氏は高裁判決が出た直後、「週刊文春」の取材に、次のように回答していた。

「訴訟の当事者ではないので、回答する立場にありません」

(以下略、全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/articles/77a5f3134f495975710935e2e72d5df7993415dd

【【深刻】AA!!判決確定ww野田聖子氏の夫ww元暴力団員は真実ww!!】の続きを読む


1947年に発生した三人組拳銃強盗殺人事件の死刑確定囚の死刑前夜のお別れ会や死刑執行の様子を、当時の大阪拘置所の所長が、刑務官の教育目的で録音したテープを中心に、国民に死刑制度について考えてもらうため文化放送が企画して放送した番組。執行寸前、実姉との面会、読経の声、死刑囚の立つ床板の外れる音、ロープの軋む音など10分余り
4キロバイト (577 語) - 2021年10月18日 (月) 06:09
2008年6月、7人が亡くなった無差別殺傷事件の死刑囚が7月26日午前、刑が執行された。当時、社会に衝撃と不安を与えた事件であったことは間違いないだろう。


1 Ikh ★ :2022/07/26(火) 09:24:39.22ID:h21qRSz69
 東京・秋葉原で2008年6月、7人が死亡、10人が重軽傷を負った無差別殺傷事件で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した元派遣社員加藤智大死刑囚(39)の刑が26日午前に執行されたことが関係者への取材で分かった。執行は昨年12月以来で、古川禎久法相が命令した。岸田政権で2回目。

 確定判決によると、08年6月8日、歩行者天国にトラックで突っ込み、3人を殺害し2人にけがをさせた。さらにダガーナイフで刺して4人を殺害、8人に重軽傷を負わせた。

 11年3月の一審東京地裁判決は死刑を言い渡した。二審東京高裁も支持。最高裁は15年2月に上告を棄却し死刑が確定した。

秋田魁新報 2022年7月26日 9時12分 掲載 2022年7月26日 9時13分 更新
https://www.sakigake.jp/news/article/20220726CO0025/

【【執行】AA!!秋葉原ww殺傷ww14年wwww!!!!】の続きを読む


NHKを映らなく加工しても契約義務があると最高裁。NHKだけ映らないように加工したテレビで受信契約を結ぶ義務がない事の確認を求めた女性の訴訟で、最高裁は上告を退ける決定をした。いよいよNHK解体に向けて駒を進めなくてはいけないね。自分は、NHK報道の噓・捏造に・職員の高い収入や職員の犯罪の多さ・NHKの建物に、外国局がある不信に幻滅してテレビを放棄した人間なので、行きつくところはNHK解体である。

1 少考さん ★ :2021/12/04(土) 08:58:30.74

※共同通信

NHK映らなく加工でも契約義務 最高裁、上告退ける
https://nordot.app/839433120927956992

2021/12/3 18:27 (JST)
12/3 18:43 (JST)updated

 NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は、女性の上告を退ける決定をした。2日付。女性勝訴の一審東京地裁判決を取り消し、請求を棄却した二審東京高裁判決が確定した。

 一、二審判決によると、受信料制度に批判的な考えを持っていた女性は、NHKの放送信号を減衰するフィルターを作っていた大学准教授に連絡。准教授は、インターネットオークションで購入したテレビにフィルターを組み込み、2018年10月、女性に販売した。

※前スレ(★1 2021/12/03(金) 18:59:53.53)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638558182/


【【NHK解体】AA!契約義務かwwww 最高裁!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ