#日本人


来の文化を融合させながら、時代とともに変遷してきた。しかし、表面的には大きく変化していても、ここで生きる日本人として伝統や習俗をちゃんと引き継いでいるため、現代の日本人は昔いの日本人と比べると、その思考や行動様式はあまり変化ないところが多い。 日本
91キロバイト (11,978 語) - 2023年10月22日 (日) 06:33

(出典 gassdira.blogspot.com)
未来に引き継ぐ日本を


(出典 seishunworlds.jp)
こんな未来にしないためにも


(出典 www.nikkeibp.co.jp)



(出典 rtrp.jp)
世界の平和を求めて

記事・画像は引用しております


日本の未来が、全く想像できない現代。果たしてこのまま日本を未来の子供たちに渡せるのだろか。政治の利権・今だけカネだけ自分だけの政治の腐敗。日本の歴史・伝統・文化を良いものは継承し、改めるべきものは緩やかでも変えていく知恵を持ちたい。

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2023/10/26(木) 07:31:31.049 ID:Ez9K3cwnM
わたしは一回何もかも無くなっても良いと思う。

【【想像】AA!!日本をAAAA残せるかAA子供たちにAAAA!!!!】の続きを読む


日本国籍(にほんこくせき、にっぽんこくせき)は、日本国憲法第10条を受けた国籍法によって規定される日本国籍日本国籍法(昭和25年法律第147号)では「日本国民たる要件」を定めており、日本国籍を所有する者が、すなわち日本国民(にほんこくみん、にっぽんこくみん、日本
10キロバイト (1,454 語) - 2023年4月22日 (土) 12:12
記事・画像は引用しております

再三いうが、生活保護は日本国籍を有する日本人のもの。外国人には資格がない。生活が困難であれば母国か大使館に相談してください。
日本人の大事な税金を使う責任も義務もない。ましてや今、政府のアホな政策で国民が困窮しているというのに、憤りしかない。

1 蚤の市 ★ :2023/04/27(木) 05:58:11.70ID:HeTIuD6v9
大澤優真・北関東医療相談会事務局スタッフ

 新型コロナウイルス禍以来、日本にいる外国人は困窮を極めている。

 とりわけ厳しいのは、在留資格はあるが就労はできない、社会保険も使えない難民申請中の人たちと、入管(出入国在留管理庁)施設での収容を一時的に停止された、同様に就労できない仮放免中の人たちだ。

 このままでは*でしまう、生きていけないほどに大変な状況にある。

兵糧攻め
 外国人には生活保護法に基づく保護は認められていない。代わりに永住者、定住者、日本人・永住者の配偶者など一定範囲(全体の5割弱)の外国人は生活保護の準用措置を受けられる。

 準用されるならば良いだろうとよく言われるが、問題もある。恩恵的と位置づけられているため、不当な扱いに対抗できない。「水際作戦」と言われる、窓口での申請拒否にあい保護を受けられなかった例がある。

 さらに準用措置を受けると、在留資格の更新が認められなくなる恐れがある。このため申請をためらい、事実上受けられない人もいる。

 一方で、準用措置の対象外の人がいる。

 仮放免の人は対象外だ。しかも就労が禁止されている。生きるために親族や友人に借金をする。

 しかし私が関わっているNPO法人北関東医療相談会(群馬県太田市)で実施したアンケートでも、「お願いをしても断られる、来ないでほしいと言われる、自*たくなる」などのコメントがあった。知人の手伝いをしてなんとか置いてもらっている人もいるが、賃金という形ではもらえない。

 保険がないため病院にも行けない。仮放免状態にある人が体調を崩したため、私が病院に同行したが、1回の診療と投薬で2万6360円かかった。…(以下有料版で、残り718文字)

毎日新聞 2023年4月27日
https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20230426/pol/00m/010/004000c

【【日本国籍】AA母国に言えAA生活保護AA日本人のものAA!!!!】の続きを読む


ウクライナ軍には外国人の入隊を許可する規則があり、2022年以前から戦力の補強として義勇兵を活用していた。 2014年のドンバス戦争において、ウクライナは兵力の不足を補うため志願兵部隊「ウクライナ義勇大隊(英語版)」を多数編成した。この中には勧誘に応じたウクライナ人の部隊(ドンバス大隊やアイ…
29キロバイト (3,416 語) - 2022年10月24日 (月) 17:27
参考資料画像
記事画像は引用してしています

ウクライナに義勇兵として参戦した日本人が戦死したという。記事は読んだが、良し悪しは別にして、本当なら残念だ。台湾人の義勇兵も戦死したという記事もあった。戦争なのだから戦士はあり得るが・・・・
謹んでお悔やみ申し上げます


1 それでも動く名無し :2022/11/10(木) 03:39:04.13ID:uF/pHSMP0
日本からの英雄よ安らかに
2022/11/9

@super_dobure

https://twitter.com/takeren8/status/1590404152399925248

【【悲報】AA!!義勇兵wwwwウクライナに行った日本人!!!!】の続きを読む


出稼ぎ(でかせぎ)は、所得の低い地域や就職先の少ない地域在住する者が、単身で、所得が高く就職先も多い地域で就労すること。定住地から離れた場所での労働を示し、この移動労働により得た所得の一部は定住地の家族送金する場合が多いとされている。明治時代から昭和初期は「季節労働」・「出稼
15キロバイト (2,338 語) - 2022年3月21日 (月) 05:01
新型コロナの影響で、日本の産業が衰退してしまい、環境も悪化。労働人口減少、国民は疲弊して、いずれ海外に出稼ぎにでも行かなくてはならなくなるのではないか。教育も食も健康も環境も奪われ、日本人は滅びてしまうかも・・・・


1 名無し募集中。。。 :2022/06/22(水) 09:30:22.65
まあ知ったこっちゃないよねw

【【悲報】AA!!子供や孫がww出稼ぎ行く時代にww!!!!】の続きを読む


ウクライナに、日本が支援・応援しても感謝しないと怒りを表しているようだが、止めたほうがよい。要求するものでもないし、気持ちがないから感謝しないのだ。(ウクライナ政府に対して)これからは、ロシアにもウクライナにも関わらない事。どっちもどっちなんだから。お隣のOOと同じ、感謝という意味が分からない国。



1 ぐれ ★ :2022/05/16(月) 10:53:44.88

※2022/05/16 06:02デイリー新潮

4月26日、女性自身(電子版)は「『ウクライナ支援国のなかに日本がない』自民議員が苦言“感謝のカツアゲ”との声も」との記事を配信した。

 ***

 発端は4月25日、ウクライナ外務省の公式Twitterが、各国の支援に感謝の意を述べたことに遡る。

 動画もアップされ、その中では31カ国の名前が字幕で列挙された。アメリカ、イギリス、イタリア、カナダ、ドイツ、フランスというG7の国は、日本を除いて全て入っていた。

 それだけではない。アゼルバイジャン、トルコ、ブルガリアといった国々にも字幕で感謝の念が伝えられた。

 日本も様々な支援を行っている。なぜ、日本が感謝されていないのか──こう指摘して話題となったのが、自民党の山田宏・参議院議員(64)だった。ツイートを引用させていただく。

《ウクライナ政府が感謝している国々の中に日本がない。外務省を通して確認しています》

 同じ自民党の佐藤正久・参議院議員(61)も《これはダメだ》とツイートし、《今朝の自民党部会でも問題になった》と明らかにした。

 政府側はウクライナを擁護した。松野博一官房長官(59)は26日の午前、「軍事支援の文脈において謝意が示されたとものと推察している」と説明した。

 同じ26日の午後にも、林芳正外相(61)が「ウクライナ側から説明を受けた」と発表した。

最終的には追加
 説明の内容は松野官房長官の“推察”の通りで、「軍の関係者が軍事支援の文脈において謝意を示したもの」とのことだった。

 だが、松野官房長官と林外相の説明には矛盾がある。

 例えば、ブルガリアは武器の支援を拒否した。同じくトルコも、民間企業が開発したドローン兵器が対ロシア戦で大きな戦果をあげているが、国家としては武器の支援を拒否している。

 おまけにトルコは、ロシアと友好的な関係を保っている。それはトルコが停戦交渉の窓口になろうとしたことからも明らかだ。

 日本の抗議を、ウクライナは把握したらしい。だが、反論や弁明をすることはなかった。

 その代わりウクライナは、4月27日に動画を再投稿した。テレ朝newsは翌28日、「ウクライナの“支援国感謝動画”に日本が加わる」との記事を配信した。

《ウクライナ国防省は27日に改めて動画を投稿し、日本をはじめ、韓国などの7カ国を追加し、37カ国に対して謝意を示しました》

 抗議したら日本の名前が追加された──果たして、これは日本にとって名誉なことなのだろうか?

大統領は瀬戸際
 担当記者が言う。

「日本の国名が加わったからといって、世論が大喜びしたわけでもありません。結局、何のための抗議だったのでしょうか。抗議して感謝されるというのは順番が逆ですし、かなり恥ずかしいことだと思います」

 防衛大学名誉教授の佐瀬昌盛氏は、国際政治が専門だ。2007年には、当時、総理大臣だった安倍晋三氏(67)の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の有識者委員を務めた。

 今回の問題は、日本の国際貢献や安全保障のあり方と関係がある。どう受け止めるべきか、取材を依頼した。

 佐瀨氏は「そもそも今のウクライナに、100点満点の外交を求めること自体が間違っています」と言う。

「最近はCNNでウクライナ情勢を把握していますが、同局の報道を見ると、改めてゼレンスキー大統領が生きるか*かの瀬戸際であることがよく分かります。大国ロシアが、いきなり侵略してきたのです。彼は軍事作戦の指揮だけで手一杯なのは明らかです」

文句より支援

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailyshincho/politics/dailyshincho-856890


【【どっちもどっち】AA!!関らないwwww感謝を求めるなww!!】の続きを読む

このページのトップヘ