#日本のEEZ内



台湾情勢で日米連携を確認 中国ミサイルで懸念伝達
 岸田文雄首相は5日午前、ペロシ米下院議長と首相公邸で会談し、台湾海峡の平和と安定の維持に向けた日米間の緊密な連携を確認した。ペロシ氏の台湾訪問への…
(出典:共同通信)


加藤英次日台交流協会高雄事務所長:台南大好き - ニュース - Rti 台湾国際放送 ^ 陳高雄市長、交流協会高雄事務所の小野所長と面会 中国語で意見交換/台湾 - フォーカス台湾 ^ 産経新聞2007年12月13日 ^ 外務省「最近の台湾情勢」(「日台関係」の項目参照) ^ 朝日新聞2008年5月14日 ^
22キロバイト (3,155 語) - 2022年6月24日 (金) 10:18
記事・画像は引用しております

台湾情勢が緊迫している中、訪日のペロシ下院議長は、日本との日米連携を確認したという。中国は弾道ミサイルで台湾を威嚇している。日本のEEZ内にも5発の弾道ミサイルを撃ち込むなど、卑劣極まりない行動に怒りを覚える。

【【懸念】AA!!日米連携wwww台湾情勢wミサイルで威嚇ww!!】の続きを読む


国民民主党の玉木代表は、北朝鮮19日、弾道ミサイルを発射した際、岸田内閣総理大臣と松野官房長官は東京を離れていたことについて、岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱だと批判した。岸田内閣総理大臣は当時、選挙の遊説中で、国家の判断が求められる中、選挙を優先したことは残念であり国益に反すると述べた。確かに、すぐ東京に戻るべきであり、国家の危機管理上、非難されても仕方がないだろう。

1 クロ ★ :2021/10/20(水) 19:36:07.86

北朝鮮が19日、弾道ミサイルを発射した際、岸田総理大臣と松野官房長官が東京を離れていたことについて、国民民主党の玉木代表は、岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱だと批判しました。

北朝鮮が19日に弾道ミサイルを発射した際、岸田総理大臣と松野官房長官は衆議院選挙への対応などのため、いずれも東京を離れていました。

これについて国民民主党の玉木代表は20日、岐阜県大垣市で記者団に対し「危機管理上、大変問題だ。さらに岸田総理大臣は発射が分かったあと、遊説のために福島から仙台に向かい国家の判断が求められる中で選挙を優先した。はなはだ残念で国益に反する」と述べました。

そのうえで、与党側が発射当時には磯崎官房副長官などが待機していて、政府の対応に問題はなかったとしていることについて「国家の危機管理を官房副長官で対応できるという判断自体が間違いだ。岸田内閣の危機管理は極めてぜい弱だ」と批判しました。

NHKニュース
2021年10月20日 18時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211020/k10013315411000.html


【【脆弱】  OOOOの危機管理wwww極めてWWW!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ