#政治と宗教


こども家庭庁こどもかていちょう)とは、岸田文雄内閣により設置法案が提出され、 2023年4月1日に設置される予定の日本の行政機関である。これまで文部科学省、厚生労働省、内閣府、警察などが所管していた子どもを取り巻く行政事務を集約することを目的としている。本項目では、当初設立が構想されていた子ども庁についても一部触れる。
32キロバイト (4,238 語) - 2022年8月15日 (月) 08:27
日本は信教の自由がある国。なのに報道は狂ったように連日、統一教会のニュースがあちらこちらに流れているが、何かオカシイ。どこか違う方向を向き、違う方に持って行きたいような感じがするが自分だけだろうか。政府もメディアも一部の国民も。


1 Stargazer ★ :2022/08/17(水) 14:28:56.43ID:sVBXK32U9
 2022.08.16 06:10
https://agora-web.jp/archives/220815014807.html

統一教会報道では「政治は統一教会との関係を断ち切るべきだ!」という主張が盛んにされ、この文脈でなんら違法ではない政治家と信仰者の物理的身体的距離が問題視されている。信仰者は政治家の半径2メートル以内に近づくなと言わんばかりだ。

この「関係を断つべきだ」は危険だ。政治家・政党による信仰調査を招く。

そして政党・政治家による信仰調査は能力的にも限界があるから最終的に政府による信仰調査ということになる。「関係を断つべきだ」の先にあるのは「信教の自由」を害する「信仰調査」だ。

住民票などの公的書類に「信仰欄を設けるべきだ」といった主張が出てくる可能性もある。最近の統一教会報道はそれが夢想と一蹴できないほど異常である。

異常を際立たせるのは政治と宗教の適切な距離の必要性が主張されるが、その内容は自民党の政治家が統一教会系の集会に参加したとか世界日報の取材に応じたとか政治家の交流・交際の話ばかりで政策の話は出てこない点である。

政治とは政治家の交流・交際関係のことを指すのだろうか。

違うだろう。政治とはつまるところ法と予算である。

政治家がどのような法律を制定し、どのような予算に賛成したのか「政治と宗教」の文脈で語るならば信仰者が法の制定にどのように関わったのか、どの予算執行に関係したのかが重要である。

そして統一教会に関する法と予算への態度で参考になるのが2018年の霊感商法の規制を規定した消費者契約法の一部改正である。統一教会の活動に不利益しか与えない規制立法の制定を同協会は阻止することができなかったのである。この事実は重大で報道を控えること自体、罪深いものである。

統一教会が霊感商法の規制立法を阻止できなかった事実は彼らの政治的影響力は極めて限定的である証であり、統一教会が政界と交流を続ける理由は実は自分達の教義を政策に反映させる、政治家を通じてそれを拡散するなどという大それたものではなく宗教法人への課税を阻止したいといった全宗教法人が支持するだろう防御的な「弱者の論理」に過ぎないという推測も成り立つ。昭和末~平成初頭の感覚だけでは統一教会の動向を見誤る。

安倍元首相への銃撃テロで明らかになったことは「恐るべきカルト教団が日本の政界中枢を暗躍している」といった禍々しいものではなく日本社会の「信教の自由」の軽視、政策評価能力の低さだろう。陰鬱な感情しか沸かない。

この改善が何よりも急務であり、これを誰よりも強く意識すべきはマスコミ関係者である。

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1660707587/

【【異常】AA!!報道がww日本ww信教の自由ww軽視ww!!!!】の続きを読む


統一教会による霊感商法や献金による搾取問題も、日本人にだけの独自事情となっている。(統一教会は「日本人が韓国にお金を提供することが、つまり文鮮明を助けることが日本人が過去に起こした罪を清算することなので、日本人が救われるんだ」と教え込み、日本人のみ搾取される宗教であるために、紀藤は教会
33キロバイト (5,230 語) - 2022年7月23日 (土) 09:32
全く、どいつもこいつも旧統一教会信者か。こいつらは売国議員たち。この旧統一教会を叩き潰すことが先決と心得よ!!!!腐りきった与党・野党の国会議員たちだ。この腐りきった議員を選ばなかった国民は、日本国のために立ち上がるべきだ。今しかない。



1 Stargazer ★ :2022/07/24(日) 09:10:00.74ID:Rm4ooOF39
 安倍元首相銃撃事件で再燃した「政治と宗教」への関心は高まる一方だ。〈#自民党って統一教会だったんだな〉がツイッターでトレンド入り。まさにその通りで、旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の政界への浸透はすさまじい。とりわけ群を抜いているのが安倍派(清和会)だ。

 日刊ゲンダイがジャーナリスト・鈴木エイト氏から入手した旧統一教会と関係のある国会議員100人超のリストを基に、安倍派所属の議員をピックアップ。その数は35人に上った。もっとも、あくまで判明分のみだ。

 党内最大派閥の安倍派は21日に総会を開催。総力支援を受けて参院選で初当選した生稲晃子議員ら新人・元職らの加入などで4人増え、21日時点の会員数を「97人」と発表した。となると、旧統一教会と関係のある議員はおよそ4割。ア然とするほかない人数だ。

 ほかにも慣例により、党や安倍派から離れている細田博之衆院議長(当選11回)も関連イベントに出席、講演を行った過去もある。安倍側近でありながら、出戻りが難航している高市早苗政調会長(当選9回)は、フロント団体「天宙平和連合」の行事に祝電を送っていた。安倍元首相が昨年9月にビデオメッセージを送り、銃撃の要因のひとつとなったのも、この団体のイベントだった。

福田赳夫元首相も「偉大なる指導者、文鮮明」と絶賛2021年の安倍派会合で熱心に話し込む山谷元国家公安委員長(左)/(C)日刊ゲンダイ

 なぜ、こうも問題教団と親密なのか。清和会の成り立ちもまた大きく影響している。

 安倍元首相が敬愛してやまなかった祖父の岸信介元首相は、旧統一教会の政治団体「国際勝共連合」の創設を支援。脱税で米国で実刑を食らっていた教祖・文鮮明の早期釈放を求め、当時のレーガン大統領に「元首相」の立場で嘆願書を送るほど入れ込んでいた。強い結び付きは娘婿の安倍晋太郎元外相にも引き継がれ、信者を議員秘書として斡旋し、議員を教団セミナーに送り込んでいたという。

 一方、清和会のもうひとつの源流である福田赳夫元首相も熱が入っていた。教団が「希望の日」と称し、1974年に帝国ホテルで大々的に開催した晩餐会には岸氏、福田氏、安倍氏(父)など40人の自民党議員が出席。蔵相だった福田氏は登壇し、「偉大なる指導者現る。その名は文鮮明」「文先生の高邁なご教示にあずかりまして、本当に今日はいい日だな、いい晩だな」などとスピーチ。会場は何かと万雷の拍手に包まれ、福田氏は文鮮明と熱い抱擁を交わしていた。

「統一教会とつながりを持つ議員は自民党の中でも清和会が圧倒的です。岸元首相以来の流れが今なお引き継がれ、安倍元首相の再登板で強まったといえます」(鈴木エイト氏)

 自民党「文教族」の中核を成してきた清和会は、「カルト族」が実態か。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e1e4e510c538989fe87ea152c3453da62540628


(出典 i.imgur.com)


前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1658592139/

【【危惧していた】AA!!関係ww旧統一教会ww安倍派議員35人ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ