#打ち上げ延期



延期のNASA月探査ロケット、日本時間9月4日午前に打ち上げへ
…慮し、3日を新たな打ち上げ日と設定した。  打ち上げは有人月探査「アルテミス計画」の第1弾となる。SLSが搭載する新型宇宙船「オリオン」に宇宙飛行士…
(出典:読売新聞オンライン)


アルテミス計画アルテミスけいかく、英: Artemis program)は、アメリカ合衆国政府が出資する有人宇宙飛行(月面着陸)計画である。当初計画では2024年までに「最初の女性を、次の男性を」月面(特に南極付近)に着陸させることを目標としている。計画名と計画
36キロバイト (3,302 語) - 2022年8月29日 (月) 14:04
記事・画像は引用しております

NASAは30日、エンジントラブルのために打ち上げ延期をした月面探査用大型ロケットを9月3日・日本時間9月4日午前に打ち上げへ。う~ん、今度は何とか月面着陸と成功を願っています。

【【エンジントラブル】AA!!残念ww延期にwwアルテミス計画ww!!】の続きを読む


Vehicle-2)は、大韓民国の韓国航空宇宙研究院 (KARI) が開発中の人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット。「ヌリ」は朝鮮語の雅言で「世界」「世」を表す言葉で、2018年9月に命名された。 韓国本土から初めて人工衛星を打ち上げた羅老は、ロシアからの全面的な技術協力を受けて共同開発されたロケットだったが、ヌリでは基本的に韓国
19キロバイト (2,820 語) - 2022年6月16日 (木) 02:01
16日打ち上げ予定だったが「ヌリ号」に欠陥が見つかり延期だと。まだまだ、日本の技術に追いつくには甘いね、簡単じゃありません。基本からはじめよう。失敗したら日本のせい。成功したら韓国ガー。


1 昆虫図鑑 ★ :2022/06/16(木) 12:03:40.44
16日に打ち上げる予定だった「ヌリ号」が機体欠陥が見つかって打ち上げは無期限延期となった。韓国航空宇宙研究院は15日、記者会見を開いてヌリ号の1段酸化剤タンクレベルセンサー問題で打ち上げを延期すると発表した。

今後の打ち上げ日程は見通しが立っていない。韓国型発射体事業団長のコ・ジョンファン氏は「現在としては後続日程を決め難い」として「問題が発生した部分に接近が難しいため、まず接近して問題を特定してから後続日程を発表できると思う。できる限り早く移送して接近を試みる」と明らかにした。

航空宇宙研究院によると、15日午後10時30分、ヌリ号は問題部位の把握のために組み立て棟に移送が完了した。問題部位を確認する作業は16日から行われる予定だ。今後の打ち上げ日程を決定する変数の中の一つは実際にレベルセンサー(感知器)が問題なのか、レベルセンサーにつながる電気回路の問題なのかだ。

センサー問題を解決してもきちんと組み立てられたのかを確認する作業を経るためには2回目の打ち上げ日はさらに先送りされる可能性がある。現在、ヌリ号は2回目の打ち上げのために打ち上げ予備日を23日までとし、この日を越えれば打ち上げ日を改めて決めて国際社会に通知する手順を踏む必要がある。
さー
https://japanese.joins.com/JArticle/292225?servcode=300§code=350

韓国型ロケット「ヌリ号」の打ち上げに359社の宇宙開発企業の未来がかかる
https://japanese.joins.com/JArticle/292118?sectcode=120&servcode=100

【【またか!】AA!!打ち上げww韓国型ロケットwwヌリ号wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ