#慰安婦問題


慰安婦像(いあんふぞう)は、旧日本軍慰安婦の少女時代をモチーフとして作成されたとされる銅像である。 日本大使館前で行われている日本軍『慰安婦』問題解決全国行動(水曜デモ)1000回目を記念して、2011年に日本大使館前に設置したを皮切りに、大韓民国に多数設置されている。欧米では韓国系コミュニティ
171キロバイト (25,953 語) - 2022年4月12日 (火) 05:35
また繰り返す、慰婦問題。カネをむしり取る慰安婦活動家。ユスリタカリの活動家や団体は、終わりのないように仕組み、カネをタカリユスリ続けるおぞましい人間たち。韓国は1000年は恨み続けるというから、1000年はゆすり集られるのだ。歴史歪曲と噓と捏造を繰り返しながら。それに乗っかる愚かな政府・官僚・国会議員たち。こんな反日勢力は国益を害する売国奴。何とかしなければならない。
日本の偉人・吉田松陰は朝鮮人の意識改革は不可能だと。


1 ハニィみるく(17歳) ★ :2022/05/18(水) 09:06:45.78

(動画=YouTube)


(出典 Youtube)


_______________________________________________________

<アンカー>
日本軍慰安婦の被害者であり人権運動家であるイ・ヨンスさんが韓日関係の改善に先立ち、慰安婦問題を先に解決すべきであると強調しました。

生き残っている被害者はわずか11人。

残り時間があまりないとし、新政権の決断を促しました。

イ・ユギョン記者が取材しました。

<レポート>
今年で94歳になるイ・ヨンスさんは、体調が悪くても声を張り上げて発言しました。

最近、新政権が韓日関係改善の意志を示したことに関連して、慰安婦問題の解決のない関係改善は困難であると強調しました。

<イ・ヨンス>
「私たちの問題をすぐに解決して、(関係を改善)しなければなりません」

パク・ジン(朴振)外交部長官が、2015年のパク・クネ(朴槿恵)政権の慰安婦合意を『公式合意』と認めたことにも明確に反対しました。

<イ・ヨンス>
「2015年の合意は無効です。10億円はもちろん返します」

どのように解決するべきかを尋ねると、直に印刷して用意していた紙を広げました。

日本政府の犯罪事実の認定や総理の公式謝罪、法的賠償など、7つの原則が書かれていました。


日本が無視した場合、国連拷問防止委員会で慰安婦問題を解決すべきだと述べました。

日本政府が慰安婦の被害事実を否定して、被害者の要求を履行しない点などが国連拷問防止協定上の義務違反であるとのことです。

当事国が双方ともに同意しなければ裁判が行われない国際司法裁判所とは異なり、拷問防止委員会は被害国単独で行うことが可能だとし、政府の決断を促しました。

<イ・ヨンス>
「私は拷問防止条約に行くつもりです。大統領や外交部が一言言えば解決できます」

去る2日のキム・ヤンヂュさんが亡くなり、いま残っている慰安婦被害者は11人。全員90歳以上です。

<イ・ヨンス>
「息が止まる前に大統領様が私たちの解決をしてほしいという・・・、“ヨンス、行ってぜひ伝えなさい” という言葉を(他のハルモニたちから)聞きました」

MBCニュース、イ・ユギョンでした。

ソース:MBC(韓国語)
https://imnews.imbc.com/replay/2022/nwdesk/article/6369653_35744.html


【【*韓国】AA!!カネをくれww慰安婦の解決wwまたせびるww!!】の続きを読む


首脳会談(しゅのうかいだん、英: summit meeting)とは、国際社会の重要な問題について協議するため、各国の政府首脳が集まって行う会議・会談のことである。 頂上会談あるいは巨頭会談とも。日本の首相とアメリカの大統領がこの会談を行うことを「日米首脳会談」と呼ぶ。 アルカディア会談 ワシントン会談
2キロバイト (186 語) - 2022年1月2日 (日) 03:11


空気が読めない韓国政府。あっさり、日本に予定がないと。相手にしたくない、関わりたくないことが読めない韓国。


1 昆虫図鑑 ★ :2022/02/11(金) 12:33:26.30

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、岸田文雄首相との日韓首脳会談に意欲を示したが、日本政府側は「予定はない」と明らかにした。

NHKなどによると、松野博一官房長官はこの日午後に開かれた記者会見で、文大統領と岸田首相間首脳会談と関連して「首脳会談の予定は何ら決まっていない」と明らかにした。 。

文大統領はこの日公表した聯合ニュースなどとの書面インタビューにおいて、「日本の首相との対話の窓は常に開いている」と述べ、岸田首相に対話を促していた。

松野官房長官は続けて、「日韓関係を健全な関係に戻せるように、日本の一貫した立場をもとにして韓国側に適切な対応を強く求める方針には変わらない」と述べた。

松野長官は、徴用工や従軍慰安婦などに触れつつ、歴史問題で韓国が外交上の約束を守らないという主張を確認する形で「国家と国家間の約束を遵守するのは国家間関係の基本だ」と述べた。

一方で「日韓関係は厳しい状況にあるが、このまま放置することはできない」とも述べている。

また、松野官房長官は、文大統領が佐渡鉱山のユネスコ世界遺産登録に懸念を表明したことについては、「文化遺産として素晴らしい価値が評価されるよう、韓国を含む国々と冷静かつ丁寧な議論を行っていく」と言及した。


この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「任期が終わる奴と何を話し合うために日本が会うと思ったか?」

「中国に付くのか、日本に付くのか、選択をしっかりしないと。残念な韓国」

「民度が高く歴史歪曲の達人である日本と親しく過ごしたところで損するだけ。富士山が噴火すれば手を広げて助けてくれというだる:

「尹錫悦になるのを待ってるのだろう。尹錫悦は衰退する日本に助けたがるはず」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。

https://korea-economics.jp/posts/220210010/


前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1644546041/


【【今更】AA!!首脳会談wwww空気読めないwwww韓国はww!!】の続きを読む


まず約束は守ること。国際法を守ることが先決問題。歩み寄る前段階だ。まあ、無理でしょう。今だに歴史を捻じ曲げ、国民教育をしているわけですから。正常な歴史を認めることは、韓国にとっては都合の悪い事だから。捻じ曲げたままでいきたいでしょう。歴史問題・慰安婦問題・徴用工問題など、噓と捏造の数々。日本の偉人・吉田松陰は言っていました。「朝鮮人の意識改革は不可能だ」と。そういうことです。

1 昆虫図鑑 ★ :2021/10/11(月) 16:01:01.55

米国やオーストラリアなど「クアッド」加盟国に続き 
中国・ロシアより先に電話会談した菅前首相と異なり 
韓国飛ばして就任電話会談行う 
冷ややかな言及など「パッシング」の兆し

岸田文雄首相が4日に就任してから1週間が経ったにもかかわらず、韓日首脳の初の電話会談が実現していない。米国やオーストラリア、インドなど「基本的価値」を共有する友好国を始め、中国やロシアなど緊張の中で関係を管理していかなければならない主要国を優先し、韓国は後回しにした格好だ。

 10日、首相官邸の日程資料によると、岸田首相は就任翌日の5日、米国のジョー・バイデン大統領やオーストラリアのスコット・モリソン首相と電話会談した。最初の会談相手は米日同盟を外交・安保の基軸とする日本の立場からして、最も重要な国である米国のバイデン大統領だった。続いて「中国の浮上」をけん制するため、最近重要性が増しているクアッド加盟国のオーストラリアが2番目の会談相手となった。 クアッドのもう一つの加盟国であるインドのナレンドラ・モディ首相とは就任から4日後の8日、電話会談が行われた。

 前任の菅義偉首相も昨年9月に就任した後、当時のドナルド・トランプ米大統領やモリソン首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長らとまず電話会談を行った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領との初の電話会談は8番目だった。

 それでも当時は、中国やロシアより先に「基本的価値」を共有する友好国である韓国と電話会談を行ったが、今回は順番が変わった。7日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領、8日に中国の習近平国家主席と先に電話会談し、韓国を後回しにしたのだ。東京五輪の開会式への出席を機に関係改善を図ろうとした韓国の要求に冷ややかな反応を示した菅政権よりも、さらに冷淡に接していることが分かる。一方、文在寅大統領は4日、岸田首相に就任祝賀書簡を送り、韓日が「民主主義と市場経済という基本価値を共有し、地理的・文化的に近い国として、隣国らしい協力のお手本を示せるようコミュニケーションを取り、協力していくことを期待している」という立場を明らかにした。

 日本の冷ややかな態度は8日、岸田首相の初の所信表明演説でも確認できる。岸田首相は外交・安全保障について「自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的価値を守り抜く」とし、「米国をはじめ、豪州、インド、ASEAN、欧州などの同盟国・同志国と連携していく」と強調した。

 韓国関連の言及は同盟国や同志国、さらに中国とロシアを列挙した後、短く登場した。韓国について「重要な隣国」としたうえで、「健全な関係に戻すためにも、我が国の一貫した立場に基づき、韓国側に適切な対応を強く求めていく」と明らかにした。岸田首相の言及した「一貫した立場」とは、日本軍「慰安婦」被害者と強制動員被害者に対する賠償・補償問題などで韓国側が先に日本が納得できる解決策を用意しなければならないということを意味する。

 注目すべきは、今年1月に行われた菅前首相の施政方針演説には「現在、両国関係は非常に厳しい状況にある」という文言があったが、今回の演説では抜けている点だ。日本が現在のような冷え切った関係を韓日関係の「ニューノーマル(新しい均衡)」とみなしているのではないかと推定できる部分だ。

東京/キム・ソヨン特派員
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41345.html


【【無意味】 飛ばしたwwww!!電話会談AAAA!!】の続きを読む

このページのトップヘ