ユニセックストイレ(共同便所)とは、身体性別の男女を問わないジェンダーフリーな共用トイレのこと。オールジェンダートイレジェンダーニュートラルトイレジェンダーフリートイレジェンダーレストイレ、男女共用トイレとも言う。フェミニズムやプライバシーに配慮するかたちで一度は廃れたが、近年、主にトランスジェンダーへの配慮を目的に主流となってきている。…
38キロバイト (4,932 語) - 2023年7月11日 (火) 15:24

(出典 bakuhou-torendo.blog.jp)



(出典 ameblo.jp)



(出典 matomerutenpuru.youblog.jp)
記事・画像は引用しております

普通の頭の考えなら当然のこと。至極当然と言えよう。悪法・LGBT法案が理解増進法に変わろうが変わらないが、女性や子供の人権を踏みにじる法案が成立したこと自体、異常なことだ。女性や子供の人権を守ることが大勢の声。LGBT当事者さんたちが反対しているのにも、それを利用する反日左翼や議員・法案に賛成した議員には鉄槌を下すのが妥当性があるというものでしょう。

1 香味焙煎 ★ :2023/08/04(金) 08:34:50.72 ID:P2D16f749
 東京・新宿の高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」で、多様性を認める街づくりの象徴として設置された性別に関わらず使用できるトイレが改修されてなくなった。4日、男女別のトイレに変わる。
 4月の開業直後から「安心して使えない」「性犯罪の温床になる」などと抗議が殺到したためで、わずか4カ月で新たな試みが失敗に終わった。

◆男女の「専用エリア」と多目的トイレに改修

  注目されたのは飲食店が集まる2階の個室トイレ。「ジェンダーレストイレ」の名称で性別に関係なく使える個室8室のほか、女性用2室、男性用2室、多目的トイレ1室がコの字形に並ぶ設計だった。
 東急は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる「誰ひとり取り残さない」の実現を目指して、開業時に設置していた。

 ところが、利用者の受け止めは違った。個室扉の前まで誰でも入れることや手洗い場が共用だったため、「化粧直しがしにくい」「男性に待ち伏せされたら怖い」といった声が交流サイト(SNS)で相次いだ。
 タワー側は開業5日後、警備員を巡回させるなどの防犯対策を発表。しかし懸念の声はやまず、7月下旬から女性専用エリアと男性専用エリア、多目的トイレに分割する間仕切り工事に着手した。ジェンダーレストイレはなくなり、女性用7室、男性用3室、多目的2室の計12室となった。
 東急の広報担当者は「さらに安心して快適にご利用いただけるトイレを目指して改修工事を実施した」と説明した。(三輪喜人)

(続きは↓でお読みください)
東京新聞
2023年8月3日 22時02分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/267703

【【当然】AA!!廃止AAジェンダーレストイレAA抗議殺到AA!!!!】の続きを読む