画像は引用しております

富士銀行ニューヨーク支店で最年少の犠牲者佳山一貞さん(当時34歳)。9.11追悼式典へ毎年参加していた佳山さんは、遺族だけが入ることを許されるフアミリールームから、グランド・ゼロの写真を撮り続けた。佳山さんにとってグランド・ゼロの復興の過程を記録することは、テロでで息子を失った自身の心を再生するための行為だった。グランド・ゼロが復興すれば私の気落ちの上でようやく区切りがつけられるのではないかと思います。と語った。あの時の驚きと衝撃は忘れる事の出来ないものです。卑劣なテロの暴挙によって、多くの人命が失われたことは、後世に語り繋いでいかなければ鳴りません。卑怯者のテロ犯行を。

【【悲劇】 復興wwww!!9.11から20年グランド・ゼロ‼】の続きを読む